FC2ブログ
コンテントヘッダー

真・女神転生1 プレイ感想

SFCのメガテンシリーズ第1作「真・女神転生」を初見プレイし
ロウルートのみだがEDまで行ったので、その感想を。

女神転生

…SFCは一番好きなハードなので、
あまりソフトを悪く言いたくはないんだが(特にRPGは)
流石に本作は、良作とは言いがたい出来だった。

私は、女神転生シリーズ自体が初体験。
現在まで続く人気シリーズだけあり、光る部分も多かった。
だがそんな長所を潰してしまうほどに
短所が質・量ともに多すぎる。

まず一番気になったのは劣悪なUIと操作性
・遊んでいるボタンが多すぎ
 (まともに使うのは十字キー・A・Bだけ)
コマンドウインドウの開閉がとんでもなく遅い
・マップなど、よく使うコマンドが開きにくい
 (コマンドの階層奥深くに配置しすぎ)
毒やダメージ床を踏む度、とてつもなく長い演出が入る
 (特に麻痺は1歩ごとに演出が入り、テンポ最悪)

「レトロゲームなんだし、操作性はしょうがないじゃん?」
というファンもいるだろうが
SFC初期ともなれば、もっと操作しやすいゲームは山とある
(てか多分、コマンドの開閉はFC版DQ1の方が速い)。
というかあの毒ダメの演出は、
テストプレイしてておかしいと感じなかったのか。
まともにプレイ続行できないレベルにテンポが悪化するので
毒・麻痺は食らったら即治療がほぼ必須になっていた。

そもそも、ちゃんとテストプレイしているのかも怪しい。
「Xボタン1発でオートマッピングが開くようにしよう」
「ステータス画面は、LRでキャラの切り替え可能にしよう」
1時間もプレイすれば、
素人ですらこのくらいのUI改善は思いつく
(実際、他ゲーではよく採用されている操作方法)。

またゲームバランスもかなりおかしい。
状態異常を食らうとすぐに詰む
 (人間2人が麻痺ったりすると、アイテムで回復も不可)
・即死技/詰み技もちがやたら多い
 (しかも攻撃範囲は大体複数)
・エンカウント率が極悪
ダンジョンが意味なく広い

難易度高いゲームは別に構わないんだが
理不尽というか「この仕様いる?」ってのが多い。
人間全員バインドだとアイテム使えないとか
主人公が状態異常だとマップも開けないとかさ。

だだっ広いダンジョンに関しては、
エストマ(=トヘロス的な魔法)でエンカゼロに出来るので
難易度上昇にすら貢献しておらず、本当に意図が不明。
敵も出ないマップを長時間ひたすら歩き続ける羽目になり、
プレイヤーに無駄なストレスを与えるだけ。
ただ単にめんどくさいだけ。

女神転生_2

ストーリーも「正義とは何か」
「悪魔との戦いと思わせといて、実態は宗教の派閥戦争」
「本当に恐ろしいのは、悪魔ではなく人間」
といった発想自体はいいんだけど、
全体的に説明も演出も不足していて
終盤の展開の意味がよくわからないし、盛り上がりにも欠ける。
EDに至ってはあまりにもあっさりすぎて、余韻も感動も皆無
(ニュートラルが真EDなのかもしれんが)。
あとマグネタイトがオーバーフローすると
所持金が大幅に減るバグ
は割と致命的。
普通にやってても結構遭遇するからね(てか私は遭遇した)。

ぶっ叩いてばっかりだが、面白い部分は本当に面白かった。
なんといっても悪魔合体システムね。

女神転生_4

合体結果に高ステータスの仲魔が出てきたり、
?で強力な仲魔を引き当てたりした時の嬉しさは病みつき。
中盤ではシナリオそっちのけで
勧誘・合体にハマったりしてた。
上位悪魔のデザインがまた死ぬ程カッコいいんだ、これが。

女神転生_5

単にステータスだけじゃなく、
数値に表れない耐性や攻撃範囲があったりするので
その辺を考えてPT組むのも楽しい。
やっぱモンスターと冒険できるRPGは本当いいよね。

しかし頑張って交渉したり、
物や金で釣ったりしないと勧誘できないメガテンを見てると
自分の人間的魅力だけでモンスターを虜にするDQ5主人公や
200円のボールを投げるだけで捕獲できちゃうポケモン主人公が
いかに偉大な存在かわかるよねw

女神転生_3

また序盤で主人公の母親が悪魔に食われたり
世界が2度も大災害に見舞われたり
終盤でかつての仲間と殺し合ったりといった、
ダークでシビアなシナリオも良かった。

女神転生_6

・現実の東京が舞台
・銃や剣を手に、異形の存在と戦う少年少女
・「月」が重要なキーワード
この辺の「ナイトウィザード」を思い起こさせる
世界観の雰囲気もかなり好み。
東京の地理にも、少しだけ詳しくなった気がするw
にしても悪魔に支配されたり、世界樹の最上階にされたり
ドラゴンが空から降ってきたり、
新宿さん大変な目に遭い過ぎじゃない?

こういった秀逸なアイディアやコンセプトを
ゲームとしての異常なプレイのしづらさ、
ストレスフルな戦闘と探索、わかり難いシナリオで、
台無しにしてしまったのは非常に惜しい。

まあアトラスは世界樹の初期でもやらかしてるらしいし、
ルンファクのマーベラスカンパニー同様、
シリーズを積み重ねないと洗練されないメーカーなのかもね。
そこまで読めなかった私が悪い。
メガテンシリーズの独自システム自体は割りと気に入ったので
新しめの作品やペルソナシリーズ辺りも、いずれやりたいね。

チェーンアレイ「ところでよ、その主人公の名前…」
ん?ああ、勿論てれび戦士からとってますよ。

女神転生_7

天てれを卒業し、久々に平穏な日々を送っていたウエンツ。
しかしある日、東京に異世界から悪魔達が襲来する。
福田亮太・須田泰大・安齊舞といった
てれび戦士時代の仲間達とともに、
ウエンツは東京を救う冒険に出るのだった…

フリーズ「勝手に悪魔使いにされたウエンツ瑛士もいい迷惑ね」
ホッピング「これも有名税…なのかなぁ?」
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
ブログ内検索
プロフィール

ロマンサー

Author:ロマンサー
趣味:ゲーム、カラオケ、変身
タイプ:ノーマル・どく
嫁一覧:
 ホッピングスイッチ
(仮面ライダーフォーゼ)
 如月(艦これ)
 早乙女レイ
 (遊戯王GX)
 黄瀬やよい
(スマイルプリキュア!)
リエッタ(カルドセプト)
宮崎羽衣(声優)

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
人気ブログランキング
最近のトラックバック
FC2カウンター