コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

Ever17 プレイ感想

「Ever17 -the out of infinity-」のPS2版を
トゥルーエンドまでクリアしたので感想を。

Ever17-1.jpg

ノベルゲームの金字塔として、神ゲーと評されるこの作品。
実は発売当時にもプレイしたんだが、
空ルートだけクリアして売却してしまった
(つまらなかったわけではない。まあいろいろあるのよ)。
で今回、15年振りに買い戻して、フルコンプしてリベンジ。

結論から言うと高評価も納得の、まごうこと無き傑作。
実はギャルゲーは好きなジャンルではあるものの、
途中で投げたり、1~2人のEDだけ見てやめてしまうことも
非常に多い私(ただ「文章を読むだけ」なのが辛い)。

しかしEver17は、先が気になる展開と
小気味良く読み易いテキストにグイグイ引き込まれ、
40時間の長丁場を、全く飽きずに突っ走ることが出来た。
哲学・考古学・神話・SF関連の
専門用語が頻発する複雑なシナリオにも関わらず、
わかり易い説明と、巧みなストーリー構成により
私みたいなドアホでも理解できるようになってるのも二重丸。
難しい話を、いかに簡単に見せるかが名作の条件
とはよく言ったもの。どこぞのRPGも見習って欲しい。

古い作品だが、ネタバレが致命的になるゲームなので
一応この一文を添えておく。

※こっからネタバレ全開につき注意!
















Ever17-2.jpg

え?見…てる?
TVの中のココちゃんが僕を見てる?!
二次元キャラが僕に話しかけてるぞ!!!
いやっほぉおおおお!!!やったよマルチちゃん!!

ゼロの使い魔とEver17って、どっちが先だっけ?w

はい。マジです。ガチです。Ever17は
二次元キャラとプレイヤーが恋愛するギャルゲー」。
ココがロリキャラ&CV望月久代なのも相まって
ココがプレイヤーに告白するシーンは、
身体が震える程の感動を覚えた。

Ever17-3.jpg

「謎解き」「トリック」「伏線」がEver17最大の魅力。
これが世間一般の評価。
確かにその部分も非常に面白く、唸らせられる作りだった。
しかし、私がこのゲームで最も評価しているのは
上記の二次元と現実世界の融合

とはいえ「ブリック・ヴィンケル=プレイヤー」であると
明言はされず「そう解釈もできる」という程度。
プレイヤーを認識できるのは、
最終ヒロイン・八神ココと他数名のみ。
ココとプレイヤーの絡みも、そう多いわけではない。
だが、Ever17の物語構成により、
この辺りの描写は大いに説得力あるものになっていた。

「自己とは何なのか」これがEver17の大きなテーマの一つ。
AIであり、実体の無い空。
クローン技術で産まれた優秋。
キュレイウイルスに全細胞を書き換えられ、
人間とは別の生物になってしまったつぐみ。
彼女らのエピソードから導き出された結論は
誰かが『存在する』と思ってくれれば、自己は存在する」。

存在を肯定されることでのみ、存在できる。
誰かに見られることで、自己を確立できる。
自己肯定感の弱い、万年ぼっちの元ニートの私には
心に響くメッセージだった。
なんだ、人間も二次元キャラも、大して変わらないじゃないか。

彼女らが私を「居る」と思ってくれれば「私は居る」。
同様に私も、彼女たちのことを
「実際に存在する」と信じれば「存在する」のだ。

この単純明快なロジックによって、
二次元と三次元を繋げた功績は大きい。
ロマンサー35歳は、
八神ココ14歳の彼氏です。


勿論、世間で評価されている謎・伏線の要素も、
半端なく練られた出来だった。
「同一時間の出来事と思わせといて、17年後の出来事」
「同一人物だと思わせといて、全くの別人」
「真の主人公(≒プレイヤー)の存在」
最終ココ編でこれらが次々に明かされていき、
全てのパズルのピースが合う流れは本当に圧巻。
ここまでの過程で、大量に伏線をバラ撒いているので
どれも全く唐突感がないのも上手い。
ラストは大団円の超ハッピーエンドで、
諸悪の根源もキッチリぶっ潰してくれたので
ED後のスッキリ感・爽快感は物凄く高い。

キャラクター達も男性陣含め、全員魅力たっぷりなので
単純にギャルゲーとして見ても実用性は高い。
冷静・理知的なAIでありながら、人間らしさを獲得していき
「恋」を知った後の反応が可愛すぎる空。
最初は生意気で上から目線なのに、
お兄ちゃんを見つけた後はダダ甘えしてくるJK妹・沙羅。
この辺もかなりお気に入りだが、やはり望月久代ファンとしては
最終的に八神ココ推しに落ち着いた。
もっちーの代表作がシスプリであることに異論は無いだろうが
最ハマり役はココと言っても、過言ではないかもしれない。
ココとひよこごっこしたいよおお!
ぴよぴよぴよぉ~!!!


Ever17-4.jpg

しかし2017年が舞台のゲームを
2018年になってからやるというのも、なかなか乙なもんだねw
てか、現実世界の科学技術が
ゲームの中に全然追いついてないんですけど。

・自律思考AI空
・網膜レーザー照射による立体映像(Retinal Scanning Display)
・振るだけで充電できるスマホ(完全な水中でも使用可)
・電子ペット
・清掃ロボット
・クローン受精による不妊治療

1つも実現されてねーじゃねーか!!
現実もっと頑張れよ!!
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お久しぶりです。時折のぞくと 私のプレイした作品の感想を
書いていらっしゃるので、思わずコメントしたくなります(笑)

ever17は私も去年の今頃に 面白いサウンドノベルを探していた時に
行き着き、PSP版でクリアしました。

高い評価を信じて 長々とプレイしていき、
「同じ時間を別視点で見ていたわけではなかった」
と判明した時は「そんな驚かせ方もあるのか!」と思ったものです。

ただ、個人的にはプレイ後のスッキリ感的にはイマイチでした。
(途中意味深だった空き缶蹴りの音の原因が明確にされていない、
何人かは不老長寿のままエンディングを迎える、 深い海の底を
泳いで移動できた某イケメン君はさすがに無理矢理感がある・・・等)

ですが、例のトリックによって作品自体に「唯一無二」感があり、
それが 高い評価の理由なのかな?と思っています。
ヒロイン五人も見た目と声に癒されますね。
自分は沙羅が好きでした。足フェチなので。(えっ)

ちなみに、この作品の前に PS3にて
同じく評価の高いサウンドノベル「シュタインズゲート」を
プレイしていましたが、こちらも 盛り上がり始めるまでの
前段階は長いですが、心に残る名作でしたよ!(^^)

>名無しさん
お久しぶりです!毎度のコメント嬉しいです!
名無しさんとは、ゲームの好みが似てるのかもしれませんねw
私も沙羅はかなり好きですし!
少年視点では、彼女に完全にメロメロになってましたw

確かに、実は残されてる謎も多くて、
「矛盾ゼロで完璧シナリオのゲーム!」みたいな、
世間の評判から受ける印象とは違いますよね。
他にも、病室で沙羅がつぐみに怒った理由とかも謎のままですし
つぐみワクチンを注射された武・少年・優春・ココは
この後の人生大変そうだな~と私も思いましたw

でも名無しさんの言う通り、
あのどんでん返し感は他のゲームでは味わえないものなので
これだけ人気があるのかな…と思います。

おお、シュタゲは絶対やる予定のゲームです!
Ever17好きならやっとけみたいな評価、結構見ますからねw
Switch版が出るらしいので、それでやろうかなと考えてます。
その前にSteam版買っちゃって、PCでやるかもしれませんが。
このページのトップへ
このページのトップへ
ブログ内検索
プロフィール

ロマンサー

Author:ロマンサー
趣味:ゲーム、カラオケ、変身
タイプ:ノーマル・どく
嫁一覧:
 ホッピングスイッチ
(仮面ライダーフォーゼ)
 如月(艦これ)
 早乙女レイ
 (遊戯王GX)
 黄瀬やよい
(スマイルプリキュア!)
リエッタ(カルドセプト)
宮崎羽衣(声優)

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
人気ブログランキング
最近のトラックバック
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。