コンテントヘッダー

スーパードンキーコング2 プレイ感想

ディクシーコングで
抜けない奴は素人。


スーパードンキーコング2_1

ホッピング「えっと…ディ、ディクシーちゃん可愛いよね!」
チェーンアレイ「ロリコンに加えてケモナーかよ…」
フリーズ「どんどん異常性癖が開拓されていくわね」

いやそういう趣味ないけどさ。
この子だけはガチで可愛いと思うんですよ。
もう仕草の一つ一つがあざと過ぎだし、
勝気で元気系な性格もいい。
ミスした時のエンエン泣く仕草を見る度に、
マジで全身から鼻血が噴き出す。
ディクシーたんのポニテをクンカクンカしたいよおぉ!!

ディクシーたんとなら付き合える。ゴリラだけど。
ディクシーたんとならセックスできる。ゴリラだけど。

…前置きが長くなったが、最近ずっと
SFCの傑作「スーパードンキーコング2」をプレイしてて、
やっと102%フルコンプ出来たのでその感想を。

1は発売当時にプレイしたが(98%で挫折)、
2はほんの少し触ったきりで、
今回がほぼ初見プレイとなるロマンサーさん。
神ゲー神ゲーともてはやされる名作アクションは伊達じゃない。
流石に超面白くて、めちゃめちゃハマってしまった。

とにかく、ゲームバランスが神がかってる。
ドンキーシリーズは見た目に反して難易度が高く、
特に2は1に比べて数倍難しい。
しずむナンパ船、かぜのこうざん、クサリのとうなど
トラウマ必至の難関ステージが目白押し。
後半ステージでは、20回以上死ぬこともザラだった。

しかし決して理不尽な難易度ではなく、
何度もやられる内、一歩一歩先へ進めるようになっていく。
1面のボスゾッキーに苦戦する、ド下手プレイヤーの私ですら
最終的には、どくどくタワーをある程度安定してクリアでき、
キャプテンクルールを3回に1回は倒せるようになっていた。
よく出来たアクションゲームは、
プレイヤーに「成長している」ことを実感させてくれる。

加えて「もっかいやろう」というモチベを上げてくれるのが
ステージの豊富さ音楽」。
今回は1の正統進化作と言われるだけあって、
どんどん上に登っていくステージや半強制スクロール面、
水中と地上を行ったり来たりするステージなど、
まさにアイディアの宝庫。
アニマルフレンド達の活躍の場も大幅に増えているし、
本当にバリエーション豊かで飽きさせない。
「次のステージはどんな仕掛けがあるんだ?」という
ワクワク感が、難関ステージ攻略のやる気を出させてくれる。

そしてスパドン2で欠かせないのが「音楽」。

スーパードンキーコング2_2

評判の高い「とげとげタルめいろ」は、
書き込みのすごい背景グラフィックとの相乗効果もあり、
非常に印象に残る(ステージの難しさもあるかw)。
他にも「どくろコースター」「タルタルこうざん」など、
今でも色あせない名曲の数々。
SFC最高峰のグラフィックとともに、名作感を高めてくれる。

ではここで、ロマンサーさんの好きな面ベスト3発表。

3:アイスドームタンゴ
ロストワールドのステージ2。
ドンキーシリーズの氷面は、背景の美しさが半端ない。
ロストワールドの中では、まだ良心的な難易度なのも癒し。
何より、狭い通路を下へ下へと降りていくステージなので
俺の嫁・ディクシーたんのポニーテールスピン最大の見せ場

2:コースターレース
これは定番の人気ステージ。1もそうだが、
ドンキーのコースターステージはスピード感・爽快感が凄い。
初回クリア時に1位になれたのは奇跡。

1:クラッシュエレベーター
トップは意外にこれ。難関ステージの一つだが、
下からエレベーターが迫ってくるギミックは
焦燥感がありつつもかなり楽しい。
潰されて、敵が勝手に死んでいくのも痛快w

続いて、102%達成の障害となった鬼畜ステージベスト3。

3:きりのもり
DKコインをゴールターゲットに置くのは絶許。
しかもコインが表示されてるタイミングが短く、非常にシビア。
失敗したら、やたら長いステージを
もっかいやらされるので気が滅入る。
スクイッターのおかげで、難易度がそこまででもないのが救い。
あの子つよすぎでしょ。攻撃力も移動力も高いとかチートかよ。

2:スクリーチレース
トゲの中をスコークスで進む、
針の穴を通すような操作を求められる本編ラストステージ。
それでいてスピードも重視しなきゃならないのが辛い所。
スクリーチとは、本当にタッチの差での勝利だった。
…が、本当に辛かったのはボーナスステージのわからなさ。
チームアップでどこから投げても、大砲の弾が取れない。
どうしようもないので、この面だけ唯一プレイ動画に頼った。
ここで初めて、「チームアップは投げた後左右に動かせる」
という仕様を知るロマンサーであった…w

1:アニマルランド
正真正銘最後のステージにして、最凶の地獄
強風が吹き荒れるトゲの中をスコークスで進むという、
血も涙も無いステージ。一体何人のプレイヤーが
このステージにトラウマを植え付けられたことやらw
ここをやった後では、あのどくどくタワーや
キャプテンクルール戦ですら、子ども騙しに思えてくる。

だがこんな「クリア無理!」と思えた面ですら
少しずつ、ほんの少しずつだけど
先へ進めるようになっていくんだから大したゲームだ。
しかし難しいステージが
スコークス関連に集中してるのはどういうことなんだ。
パラシュートパニックとか、キングB戦とか。
スクイッターで苦戦する面とか全くイメージできないのに…w

どうしてもわかんない所は攻略見たけど、
なるべく自力でボーナスやDKコイン探しての102%だったから
真エンディングを見た時は、相当な達成感があった。
クサリのとう・きりのもりの隠し要素を
全て自分で見つけたことは誇っていいと思う。

RPG好きな私だが、出来のいいアクションというものの
ハマり具合を久々に実感してしまった。
ところで、わざわざクレムリン島に来て
ロストワールドまで攻略してるマリオ何者だよw
フリーズ「右下にソニックの靴もあるよねこれ」

スーパードンキーコング2_3
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
ブログ内検索
プロフィール

ロマンサー

Author:ロマンサー
趣味:ゲーム、カラオケ、変身
タイプ:ノーマル・どく
嫁一覧:
 ホッピングスイッチ
(仮面ライダーフォーゼ)
 如月(艦これ)
 早乙女レイ
 (遊戯王GX)
 黄瀬やよい
(スマイルプリキュア!)
リエッタ(カルドセプト)
宮崎羽衣(声優)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
人気ブログランキング
最近のトラックバック
FC2カウンター