コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ナイトウィザードのススメ。

今回は2007年に放送されたアニメ、
ナイトウィザード The ANIMATION」の紹介記事。
ホッピング「今回は結構レトロな作品だね」
最近8年振りに、全話見返したんでね。
では恒例の ※以下ネタバレ注意

このアニメ、何と原作はTRPG
しかし原作を全く知らなくても楽しめる。
それどころか、1クールなのに伏線やキャラ描写が丁寧にされ、
過不足なくまとまった名作となっている。

世界観としては少年少女達が、人知れず魔法や魔剣を使って
「裏界」から侵攻してくる魔王と戦う現代ファンタジー。
アニメ版は、人間界から裏界へ攻め込む為に、
主人公・志宝エリスと仲間達が
伝説の「七徳の宝玉」を集める…といったストーリー。

このアニメの魅力は二つ。
丁寧に描かれた王道の破壊力」と、
お手本のような魅力あるキャラクター作り」。

エリス役の宮崎羽衣たん(天使)目当てに見始めた私だが
実は8年前の初回放送時、序盤はあまり楽しめていなかった。
宝玉を集める為に遺跡や月面、精神世界に赴くのだが
「特に工夫のない冒険モノか…ありきたりだな」
といった冷めた見方で、半ば惰性での視聴。

しかし今、改めて見返すと伏線の張り方がヤバい。
大魔王シャイマールを召喚しようとした魔王エイミーが
なぜエリスを召喚してしまったのか。
度々話に出てくるのに、一切具体的な描写がない、
エリスの出自である「孤児院」。
そしてエリスと仲間達が、絆を深めていく描写。
この辺が後の絶望的な展開に繋がっていくのは上手い。
6話で、夢の中に閉じこもったエリスを
柊蓮司が助けに行く場面も、ラストの展開と重なる。

そしてエリスの正体が判明する10話から、評価は一変。
頼るべき仲間も、思い出の孤児院も、
全てが敵になってしまい、絶望にくれるエリス。
それでも「最後までエリスを守る」と
側にいてくれるヒーロー・柊の姿に涙を禁じ得なかった。

みんな敵→柊とキリヒトだけは味方
仲間のはずの緋室灯と戦闘→やっぱり見逃してくれる
くれはとも和解→直後にくれは殺される

この辺の落として上げる・上げて落とすの展開は
あらゆる創作物で使い古されてる。
だから最近は、変に捻った展開にして
自爆してしまう作品も多い。
しかしそういったマンネリ感は演出・脚本・構成、
そして声優の演技で充分カバーできるって事は
ナイトウィザードを見ればよくわかる。

最後は堕ちる所まで堕ちたエリスを、仲間の絆で救い出す。
「どうせこうなるだろう」とわかっていても、
やっぱりうるっと来るものがある。
王道でよくある展開だが、
視聴者の見たいものを全力の演出で見せてくれる。
そこには20世紀の古き良きアニメを思い起こさせる、
圧倒的なカタルシスがあった。

もう一つの魅力である「キャラ立ち」。
ヒロインである志宝エリスは
「優しくて純粋。でも芯は強い」というありがちなキャラ。
だが仲間が皆諦めモードの中、
心を閉ざしたウィザードとの交流を独り続けたり
柊を批判するキリヒトに平手打ちを食らわせたり等、
インパクトのあるシーンを重ねる事で
「一生懸命な子なんだな」という印象を植え付け、
「応援したい」と視聴者に思わせる事に成功している。
初心者ウィザードの癖に、「月衣(カグヤ)」の中に
お弁当や絆創膏を収納して有効活用する順応性など、
ステレオタイプで終わらない所も良い
(こういうコミカルなシーンもこのアニメの魅力)。

仲間キャラも、アホだけど熱血漢な柊、
冷酷に見えて仲間への信頼が厚くちょっとお茶目なあかり、
はわはわ可愛いくれは等、バラエティに富んで飽きさせない。
アンゼロットの「私のお願いに、はいかイエスで答えて下さい」は
やたら耳に残る名台詞。

そしてやはり、外せないのは魔王ベール=ゼファー。
当初の黒幕と共闘する展開は、なんだかんだで燃える。
しかも和解したわけじゃなくて、
あくまで利害関係による一時的な協力ってのがニクい。
あの戦闘力も相まって、一番の人気キャラってのも頷ける。
見た目もロリくて可愛いしなw

正直、作画もそんなに良くないし、
エリスの正体バレ以外は、あっと驚く展開や
捻ったストーリーがあるわけでもない。
それでも「仲間との信頼」「運命への抗い」というテーマを
魂こめて描ききった傑作だと断言できる。
往年のスレイヤーズや魔術士オーフェンを彷彿とさせる、
この「全力投球で作られたB級アニメ」。
ファンタジー好きには是非オススメしたい。

余談だが、宮崎羽衣嬢が歌うOP「KURENAI」は
曲単体としても名曲だが、全話視聴後にフルで聞くと
アニメの内容が歌詞に含まれまくってるのに驚かされる。
この辺も、90年代の名作と共通する部分。

またこの曲は、私が人生最初で最後の
声優の単独ライブイベントに参加するきっかけとなった曲。
ういうい、最近全然みないけど
もう声優は引退しちゃったのかな…
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
ブログ内検索
プロフィール

ロマンサー

Author:ロマンサー
趣味:ゲーム、カラオケ、変身
タイプ:ノーマル・どく
嫁一覧:
 ホッピングスイッチ
(仮面ライダーフォーゼ)
 如月(艦これ)
 早乙女レイ
 (遊戯王GX)
 黄瀬やよい
(スマイルプリキュア!)
リエッタ(カルドセプト)
宮崎羽衣(声優)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
人気ブログランキング
最近のトラックバック
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。