コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

天てれ全盛期を振り返る~2000年度編~

ああああJSJSJS!
ちっちゃいこ可愛いよおおおぅ
JS4のお嫁さんほしいい!

フリーズ「おまわりさんこいつです」
そうです私が重度のロリコンです。

もう時効だと思うから言っちゃうけど、
私、某てれび戦士と文通してたことあるんだよねw
誕生日にプレゼント送ったりして、往復10通くらいしたかな。
私の方が送らなくなって終わりにしちゃった事、未だに後悔。
でも貰った手紙は今でも宝物です。ありがとう○○ちゃん。
当時彼女の事務所に口止めされてたけど、もう10年経ってるし
名前ださなきゃいいかなーと思って言っちゃいました。

それでは前回に引き続き、
古き良き黄金期の天てれを懐かしむ記事!
今回は円熟期・絶頂期との声も多い2000年度

99年がワイド初年度ならではの勢いで押し切った年とすると
この年は前年に築いたものを着実に積み上げ、
確固たる視聴者の信頼を勝ち得た年。
前年のような派手さや衝撃はないものの、
好評だった要素はしっかり引き継ぎ、
それでいて新しい試みも欠かしていない。

新しい試みの代表格といえば「ヒットをねらえ」。
「MTKでCDデビューを目指す!」というコンセプトだったが
ぶっちゃけこの年だけで見ても
「Angel snow」がシングルカットされていたというのは内緒w
しかし「てれび戦士が作詞する」というのは画期的で
石田比奈子の書いた「www.access.me」の方が
「HONEY BEAT」より好きだった、って人もいたのでは。
広瀬香美さん、JS6に「OLの色気を出して!」ってのは
無理な注文すぎw

もう一つの試みは何といっても、てれび戦士主演ドラマ。
ザ・ドリームサーフィン」は微妙な評価だが個人的には好き。
終盤、ラズラルが本性を現してからの盛り上がりは、
昨今のアニメ・ドラマにもひけをとらない。
新人のちーちゃんが元凶という展開には度肝を抜かれた。
「規律をひたすら守る『いい子』になるのはいい事なの?」
という、意外と深いテーマも見応えがあった。
有紗ちゃんがモニークの夢に入る回は、
カプ厨的には垂涎モノでした。有モニ最高。
ただラズラルの真の姿は怖すぎ。絶対泣く子いたでしょw

ドラマ第2弾「魔界探偵」は、うってかわって高評価。
やはりこういうスカッとする話の方が、
天てれファンには受け入れられ易いのか。
最終話の桑×舞の絡みは、やはりカプ厨的に(ry
演技(+最後の悪霊が見せた幻覚)とはいえ、
小4の桑安に「死んでやる」と言わせる脚本家はおにちく。
「オンソンバニソンバ ウンバザラウンパッタン」
「悪霊、滅すべし!」といった呪文は、みんな真似したよね?

俳句道場の後釜コーナー、「俳句大賞」は一番のお気に入り。
小学生ならではの柔軟な発想を
視聴者の子ども達が毎回みせてくれるのが面白すぎ。
「逆上がり たんぽぽ達が 応援団」はマジで名作。

相変わらず絶好調だったMTK。
運命’99のような超人気曲こそ生まれなかったものの、
「おかしな午後」「ラッキー・ラブ」など粒ぞろい。
MTKでは無いが、この年のED「ドキドキのち晴れ」は
音楽史上に残る神曲だと思う。種ともこさんは偉大。
ぜんせーかーいてきに晴れっ!

当時注目してた戦士。
有紗ちゃんはこの年で、完全に開花したという印象。
「石が好き」というキャラを生かし、
ツージーと二人で行ったモンゴル化石掘りでは大ハッスル。
いつも一生懸命なあまり、年度末総集編や
へろへろくん声優挑戦編では泣いてしまう一幕も。
自作スゴロクを披露するエピソードでは親近感急上昇。
ああいうのみんな作ってたでしょw
なりきりシンガーズで清水ミチコ先生の教えである、
「自分を捨てる」を一番実践してた戦士。
起こることには全て意味がある
「モンゴル、サイコー!人生も、サイコー!」など名言も多数。
にしても、彼女と混浴しちゃったエバンス太郎。羨ましすぎ。

今年も止まらない暴走特急・徐桑安
しかしリサとのツーショットトークで
家族との心温まるエピソードを語ってくれたり、
年相応のJSっぽい所も見せ始める。
安ちゃん作詞の「ダメダメ三兄弟」は名曲。
一番上は山崎 山崎一番下はヤス ヤス♪
 間に挟まれ社長 社長 ダメダメ三兄弟♪」
天てれを背負っていける逸材だったにも関わらず、
この年で卒業してしまったのは本当に惜しい。
学業優先という、はっきりした理由があるので仕方ないが。
せめてMTKソロは歌っていって欲しかった。
「歩いていこう」が卒業制作だと思うことにするか。

4-B’s 真の主役?と囁かれる、安齊舞
この年から出番が増えて目立ち始め、急に可愛く思えてきた。
最年少のMTKソロ、ドラマ2つでどちらも重要ポジションと、
スタッフにかなり気に入られてたのでは。
夏イベ「キノコ帝国の財宝を探せ!」では
小4ながら恋する乙女を完璧に演じきり、
演技力の高さと、本番での強さを見せつけた
(個人的に、天てれイベントで一番の名作だと思う)。
マンガが好き・実は倹約家など
意外と庶民的な一面でもファンのハートをつかむ。
あと、へろへろくんのダンスする時の衣装がやたらエロかった。
2000年度メインヒロインといっても過言ではない戦士。

のちの長寿戦士・村田ちひろはこの年デビュー。
後年のパワーファイターっぷりはこの頃は片鱗すら見せず、
「てれび戦士になれたのが嬉しくて、
何度もほっぺをつねっちゃいました」と発言するただの天使。
その可愛らしい笑顔にはみんなメロメロで、
ツージーが「ちーちゃんの笑顔」ということわざを作成する程
(ちーちゃんの笑顔をみれば皆幸せになる、という意味)。
安ちゃんに憧れて戦士になったので、もっと絡みが見たかった。

5年目の饗場詩野ちゃんは、これがラストイヤー。
俳句コーナーでは相変わらずの安定感を誇り、
イベントでのおばちゃん役もすっかり板につくw
リクエストアウォードで彼女が登場した時の台詞、
「人生の半分はてれび戦士やってます」は印象的。
詩野ちゃんが自身のファンサイトに、
「いつも応援ありがとう」的なメッセージを送ったことを
知ってる人はどれだけいるのか。

同じくラストイヤーの、社長こと橋田紘緒
中1になってめっちゃ声変わりしていた。
ついに「一番好きな戦士は社長」という女子が現れて
大喜びしていたが、ああいう飾らない男は
普通に女子からすると安心できるし、需要あると思うのよね。
この年は結構、あすみと喋っていたような。良かったねw

その中田あすみは、この年のイベントで
「ブチ切れる女王役」をやってしまったことで
「絶対女王あすみ」のイメージが定着してしまう。
10周年SPによると、同い年や年下の女子戦士に
くすぐりセクハラをしていたらしい。いいぞもっとやれ。

唯一の中2、伊藤俊輔
99年度まではウエンツ瑛士・生田斗真など常に年上がいたが
今年度はついに最年長となり、リーダー役を任される。
瑛士がグイグイ引っ張っていく天性のまとめ役だったとすれば
俊君はどちらかというと弟的で、優しい性格。
だが、あからさまなリーダーシップを発揮しなくとも、
「いると安心する」「最後は俊君が何とかしてくれる」
という雰囲気を皆に与え、充分最年長の役割を果たしていた。
その証拠に、総集編で山崎邦正が
「俊に引っぱってもらったと思う人ー!」を質問した時は、
8割方の戦士が手をあげていた。
この時、真っ先に挙手した熊ちゃんと、
「むしろあたし達が引っ張ってた」と
あっさり言っちゃう信ちゃんの対比が面白かったw

正式な戦士ではないが、番外編として。
大晦日のリクエストアウォードで
「一日てれび戦士」となった小4女子・弥春ちゃん
一般視聴者とは思えない美少女っぷり&落ち着きようで、
山ちゃんには「社長が惚れるタイプだ!」と言われ、
まっつんは「僕と交換とかやめてください」と言い出す始末w
彼女の妹もなかなか可愛く、揃って正式戦士にして欲しかった。
翌2001年度には、ドラマの作者&主演として再登場。
こういった活躍から、この子は準レギュラーだと思ってる。
ちなみに好きな戦士は山ちゃん・熊ちゃんだとか。王道。

ED映像や夏イベの練習などを見るとわかるが、
この頃の戦士達は本当に仲が良さそうで団結力が高い。
やっぱり個々のキャラもだけど、
こういう一体感が番組をいいものにしてたよね。
前田亜季ちゃんが言っていた「天てれはもう一つの学校」。
それこそ天てれのあるべき姿であり、
番組が見ていて気持ちよかった所以だと思う。
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして!

98~03年前の天てれの映像を探していまして、
もし映像をお持ちでしたらダビングして頂けないでしょうか(>_<)?
いきなりすみません(T_T)
よろしくお願いします!

>mahoさん
どうも初めまして!
98~03とか、まさに私と趣味がドンピシャじゃないですかw

うーん、流石にネットで初対面の方と、
いきなりメアド交換して個人的なやりとりする気にはなれませんね…
申し訳ありません。
天てれ談義できる仲間が欲しいのは、やまやまなんですがね~
一緒に天てれのビデオ見ながら思い出話とか夢ですけどねw

お節介かもしれませんが、
インターネットで個人情報晒すのは、いろいろ危ない面もあるので
安易にメアドとか晒さない方がいいですよ~
まず会話で仲良くなって、信頼関係が築けたら
連絡先交換とかもいいとは思いますが。
あるいは、まずTwitterやミクシのアカウントを晒すとか
(私はどっちもやってませんが)。

まあ晒したのが、うちみたいなちっちゃいブログだったのは
不幸中の幸いでしたねw あんま人目につかないですからw
もっと大手ブログなら、ヤバかったかもしれませんけど。

返信ありがとうございます!

そうですよね(>_<)
いきなり初対面の人に住所や口座を教えるのは怖いですもんね(>_<)
あとメアドも危ないですね(>_<)
すみません(T_T)

私も天てれ仲間が欲しいです!
私は00年度から見てるんですが、天てれについて語りあいたいです^^*

>mahoさん
00年度からですか!最高のタイミングで見始めたんですね~
私はこの年が一番好きといっても過言ではありませんw

記事に書いた内容以外にも、
年度末総集編で魔界探偵は紹介されたのに
ドリームサーフィンは紹介されなかったこととか、
夏イベントを安ちゃんが里帰りを理由に欠席したこととか、
安ちゃんが干潟にムツゴロウ捕まえに行ったこととか、
思い出深い出来事がたくさんの年です!
どんだけ安ちゃん好きなんだよって感じですがw

私も年度では00年度が一番好きです!
MO-SHI-YAの密着コーナーで詩野に一目惚れしてから天てれにハマり見始めました!(笑)

うわわわ、年度末総集編お持ちなんですか!?
大晦日に流れたやつですよね?
めっちゃ見たいです!
安ちゃん可愛いですよね!
私も大好きです(*´ω`*)
今もずっと日本にいるみたいで嬉しいです!

>mahoさん
詩野ちゃん好きとはお目が高い!
彼女は長寿戦士だけあって落ち着きがあって、
天てれに無くてはならない存在でしたからね~
笑顔がすごく可愛いし、優しいオーラが常に溢れていて
歴代戦士でも屈指の性格のいい子だと思います。
そしてMO-SHI-YAで見せたような、
ちょっと大人っぽいセクシーな役回りもできるという幅の広さ。

私もビデオ全部残してあるわけじゃないんですが、
大晦日の総集編は名シーンが多いのでずっと残してありますねw
ドレスやタキシードでおめかししたみんなの姿も可愛いし。

安ちゃんは今は大学生として頑張ってるらしいですね~

詩野の笑顔には癒されました(*´ω`*)
今でも あすみや比奈子達とプライベートでも遊ぶ仲なので天てれファンとしてはすごく嬉しいです!

私は初めて天てれを録画したのが00年度の大晦日のやつなんですが、
親に怒られて消され、最初の10分くらいしかありません(T_T)(笑)
おめかししてて普段見られない戦士達がみれて良いですよね^^*

あんなおてんばだった安ちゃんが有名な大学に行って頑張ってるんですもんね。
尊敬します!

>mahoさん
>あすみや比奈子達とプライベートでも遊ぶ仲なので

なん…だと…?!!
詩野ちゃん、今でも当時の戦士と交流あるんですかー!!
これは知らなかったです、情報ありがとうございます!
確かに昔からのファンにとっては嬉し過ぎですねー!
どんだけ仲良いんだあの子ら…w

しかしmahoさんは、普通に小学生の頃に天てれ見てたんですね~
まあ大体の方はそうですよねw
私より10歳くらい若そうだ…w

あすみや比奈子達がよくTwitterに写メ載せるんですよ!
ちなみに詩野もTwitterしてます!
あすみはblogもしてるのでチェックしてみてください^^*

当時はボケ~と天てれみてたんだろうなと思います(笑)
98年度から観ていたかったです!

ロマンサーさんお久しぶりです!

99年度の映像をお持ちのロマンサーさんにお願いがあります!
山ちゃんの年度ごとの画像を探しているんですが、99年度だけみつからないんです(>_<)
山ちゃんのスタジオ衣装を撮影してblogに載せて貰うことは可能でしょうか(T_T)?
ずうずうしいお願い申し訳ありません(>_<)

>mahoさん
どうもお久しぶりです!
山ちゃんの衣装ですか~99年は確かオレンジっぽいのだったかなあ。

実はですね~最近引っ越しをしまして、
今の部屋にはテレビもビデオデッキも無いんですw
なので画像アップは難しいですね…
期待に応えられず、申し訳ありません。

あと著作権的にグレーゾーンなので、
TV番組の画像アップはあまりやりたくないってのもあります。

とはいえ、画像一枚渡すくらいならいろいろ方法があるので
私がテレビとビデオを買うお金貯めるまで、気長に待っててくださいw

そうなんですね(>_<)
わかりました(>_<)


はい、気長に待ちます!(笑)

1999年度は生田斗真はいません。

1999年度は生田斗真くんはいません。 
1998年3月にキャイ~ンと一緒に番組を卒業しました。 
1999年度、当時中2だったウエンツ瑛士と同じく中2で、 
1年間だけ「くんワイド」に出演していたのは、 
劇団ひとりさんの妻である、大沢あかねさんです。 
修正をお願いします。 

新人時代のみ「村田千宏」でした。

2000年当時新人だった村田ちひろさんは、 
漢字の「村田千宏」でした。 
ひらがなになったのは、2001年度からです。 
修正をお願いします。 

No title

>新人時代のみ村田千宏
そういやそうでしたねw
まあ、平仮名の方が検索にかかりやすいと思うので、
このままにしときますw

ていうか「エバランス」ってwww

剣道のみで

リンクしましたが、剣道日本という雑誌の8月号に村田ちひろが載ってますよ。剣道のみで、こんなに大きく載ったのは久々かと思われます。

>匿名さん
おお!情報ありがとうございます!!
ちーちゃん、相変わらず剣道で頑張ってるんですね~
かなり好きな戦士だったので、
近況が知れて嬉しい限りです!
値段も手ごろだし、これはその雑誌買わざるを得ないw
このページのトップへ
このページのトップへ
ブログ内検索
プロフィール

ロマンサー

Author:ロマンサー
趣味:ゲーム、カラオケ、変身
タイプ:ノーマル・どく
嫁一覧:
 ホッピングスイッチ
(仮面ライダーフォーゼ)
 如月(艦これ)
 早乙女レイ
 (遊戯王GX)
 黄瀬やよい
(スマイルプリキュア!)
リエッタ(カルドセプト)
宮崎羽衣(声優)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
人気ブログランキング
最近のトラックバック
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。