コンテントヘッダー

ロマンサー脳内アニメ-3

ロマンサーの妄想の中にしか存在しないアニメ、第3弾!
チェーンアレイ「まだやんのか…何か泣けてきた俺」
安心して、これが最終回だから。タブンネ。

今回は聖剣伝説2~another~
放映期間(=妄想期間)は小6~20歳くらい。
何と私自身が、主人公の一人として登場するアニメw
仲間も、小学校当時のクラスメート達がモデル。
なので、前2作よりかなり力が入っている内容で、
劇場版なんかも作っちゃったりしてる。

<ストーリー>
放課後、いつものように聖剣2をプレイしていたロマンサー達は
突然ゲームの中に吸い込まれてしまう。
元の世界に戻る方法を探す途中でランディ達に出会い、
なんやかんやで世界を救う旅に協力することに。
しかし、第3勢力「グレートデスデッドチーム」や
謎の白馬の剣士なども現れ、
物語は原作ゲームと大きく異なる展開を見せ始める。

<登場人物(現実世界)>
・ロマンサー(小6)
優しく誠実だが、ちょっと優柔不断で頼りない少年。
同級生の姫花に片想いをしている。
姫花が死んだ(と思われていた)時は頭がおかしくなりかけた。
「仲間を守りたい」という思いから、
肉体的にも精神的にも徐々に成長していく。武器は格闘技。
必殺技:波動弾、大山鳴動拳、ドロップトルネード

・程塚(ほどづか)
クールな雰囲気の、現実世界組のまとめ役。
大人びた感じの少年だが、頭に血がのぼると暴走しがち。
脚に重傷を負い、戦線離脱した時期があった。
ロマンサーとは野球部のチームメイトであり、
また息の合った親友でもある。
ちなみにほのかな想いを寄せている。
武器は剣と、七つの力の一つ「竜神降臨」。
必殺技:セントボルトクラッシュ、エメラルドマッハプレス

・遊太(ゆうた)
とぼけた性格の、パーティのムードメーカー。
怒涛のギャグで仲間をなごませる。ポポイとはいいコンビ。
あまり表に出さないが、姫花のことが好き。
武器はスピアと、七つの力の一つ「超念力」。
必殺技:旋風大車輪、スパークシャッター、スピニングホイール

・姫花(ひめか)
クラスでも人気の、黒髪ロングの美少女。
積極的でちょっと強気な面があるが、
基本的には仲間思いの女の子。
途中、マンテン山の火口に落ちて死んだと思われていたが、
土壇場で新技「電磁波撃」をあみ出し、奇跡的に生きていた。
最終的には、ロマンサーといい感じになる。
現実世界に戻った後は、小説家の道を歩む。武器はムチ。
必殺技:エンジェルバスタール、オーロラロングリボン

・ちなみ
常に気配りを忘れない、優しさに溢れたショートカット少女。
看護師になるのが夢で、戦闘で傷ついた仲間の手当をする事も。
ロマンサーのことが好きだが、最終的には程塚とくっつく。
武器はランスと、七つの力の一つ「時間操作」。
モデルはロマンサーの小中での同級生・Tちゃん
必殺技:78回突き、炸裂マナパワー、シャングリラ

・名由多(なゆた)
唯一の小4。ロマンサーと程塚の、野球部の後輩。
遅れて聖剣世界に入りこみ、ロマンサー達と合流。
年下ながら戦闘力はパーティ随一で、
彼のことをライバル視する敵キャラも多い。
戦闘時の強さと裏腹に、普段は年相応の可愛い男の子なので、
女性陣からマスコット的に可愛がられることも。
武器は二刀流ブライトソード(≒ライトセーバー)。
必殺技:メルトスパイラル、ゴールデンスラスト

<登場人物(聖剣2世界・原作キャラ)>
・ランディ
いわずと知れた聖剣の勇者。
小6のロマンサー達が仲間に入ったことで、
原作よりちょっとしっかり者のお兄さんキャラに。
姫花のことが少し気になる様子。
必殺技:マナ禁断殺法、ファイナルストライク

・プリム
中盤までパーティ最年長なので、
姫花やちなみの恋の相談に乗ることも。
武器はブーメランと格闘を使い分ける、遠近両用スタイル。
必殺技:ダンシングカッター、竜の瞳の舞

・ポポイ
パーティきってのお調子者で
姫花を「かわいこちゃん」、ちなみを「お嬢ちゃん」と呼ぶ。
遊太と二人でギャグを飛ばし、張り詰めた雰囲気をぶっ壊す。
最後は原作同様、仲間と悲しい別れをするが、
劇場版で再会する。武器は斧。
必殺技:虹のマイバラード、暴れ大津波、超重量級落下

・カロン
原作では月の神殿への単なる橋渡し役だったが、
名由多にブライトソードを渡す重要ポジにランクアップ。
PTにも加わるが、最後は名由多をかばって命をおとす。

・ニキータ
強欲な性格は原作そのままに、アニメでPT入り。
「百発九十九中マシンガン」「二股ビッグリボウガン」など
ドラえもんばりの秘密道具(=商売道具)を
次から次へと取り出して戦う。
程塚が脚を怪我した時には義足を、
姫花死亡疑惑の時には姫花型ロボットを提供したりと
戦闘以外でも存在感をみせる。

・フラミー
ロマンサー達を異世界に連れ込むきっかけとなったキャラ。
アニメでは戦闘にも参加し、大きな体を生かして奮闘する。

・闇の騎士シーク
四天王の一人。原作ではチョイ役だが、
アニメではブライトソードの一本を手にした事で
活躍の場が激増。最後は強化形態「ギガゾーン」に変身し、
名由多らと死闘を繰り広げる。

・皇帝ヴァンドール
原作同様、タナトスの裏切りにより死亡するが、
アニメではその後復活。独自の行動をとる。

・スコーピオン
原作ではやられ役お笑い集団だったが、
アニメで出番が増え、ランディ達と共闘する場面も。
「ふしぎの海のナディア」でいうグランディス的ポジション。
ナディアの「グラタン」にあたる搭乗兵器、
「マザポーン」に乗って帝国や第3勢力と戦う。

<登場人物(聖剣2世界・オリキャラ)>
・リッキー(愛称)
本名リクニナイト・ラーディアー・グランディアス。
ペガサス「アリュード」にまたがり、
意志もつ剣「名刀ルルレス」を手に戦う謎の青髪剣士。
姫花のピンチに現れて以降、度々ロマンサー達を助ける。
正体は、太古の昔に「神獣と要塞の戦争」に参戦し、
神獣の手で命を奪われた戦士の一人。
「ライフファーザー」に命を救われてからは
不老の体を与えられ、弱き者のために戦う剣士となった。
やたら芝居がかった技名を叫ぶのが癖。
必殺技:一つ天使のベール 人呼んでバリヤー技
    二つ羅鏡壁 人呼んで返し技

・ライフファーザー
雲の上から世界を見守る「全ての命の父」。
フラミーを使い、ロマンサー達をゲームの世界に呼んだ張本人

・プレイ(愛称)
本名マジックロープレイ。
真っ赤なマントがトレードマークの飄々とした魔法戦士。
絶大な力をもつ「秩序を守る戦士」で
世界の安定が乱れた時に目覚める役割のはずだが、
神獣と要塞の戦争の時は気づかず寝ていた。
偶然目覚めた今回も、最初はやる気がなく非協力的だったが
ちなみを好きになった事と、彼女達の必死さに心うたれた事で
ロマンサー達に協力するようになる。

・リリィ
カッカラ王国に住む赤髪の少女。
名由多と相思相愛になり、旅に同行することになる。
最初は戦力外だったが道中で癒しの力を会得、重要な戦力に。
また七つの力の一つ「虹のカーテン」の使い手にもなる。
必殺技:シャイニングヒール、シールドアロー、夢見る星屑

・真全無動王・大霊神帝
謎の第3勢力「グレートデスデッドチーム(通称GDT)」を
率いる黒幕。本名デオリウス。
GDTメンバーは一様に全身灰色のローブをまとっているが
大霊神帝だけは漆黒のローブにドーム状の頭部、
腹には巨大な一つ目に怪物のような二本の腕と、
部下とは全く異なるおぞましい姿をしている。
正体はマナが失われ、荒廃した未来からやってきた未来人。
異形の体をもって生まれ、迫害されてきた大霊神帝だが、
ある日「マナの種子のかけら」を見つけ人外の力を得る。
彼はその力を使って現代世界を乗っ取るべく、
滅びゆく未来世界を捨て、部下を連れ時空移動してきたのだった

・ゴーストラリティ
10の部族に分かれたグレートデスデッドチームの中で、
最強の力をもつ「霊族」の長。
正体は大霊神帝の実の息子・ゲイルズ。
父から遺伝した異形の体を見られたくないがため、
暗黒の力で体を隠して戦う。

・キラーグレス
GDTのNO.2「暗族」の長。
名由多と同じくブライトソードを持つため、
彼をライバル視している。
一見すると正々堂々とした性格にみえるが、本性は残虐。

・グルーロード
GDT6番目の力をもつ「闇族」の長。本名はローグ。
全身に無数の目がついた奇妙なローブをまとう。
正体は「神獣と要塞の戦争」に加わった戦士で、
リッキーの戦友。同時に、GDT唯一の非未来人である。

・七大魔獣
GDTが、ランディ一行や帝国軍に対抗するために
封印を解いて仲間にした魔獣。
フェニックス、キマイラ、グリフォン、ユニコーン、
セイレーン、ワイバーン、ロックの7匹。
いずれも石化・音波攻撃など、強力な能力をもつ。

<登場人物(聖剣2世界・劇場版)>
・魔剣ナイトメア
「劇場版・聖剣伝説2 another 魔剣ナイトメア」のラスボス。
「失われたものを復活させる」力をもつ、意志のある剣。
その力で、恋人を亡くしたレイクの心の隙間に入り込み、
世界を闇に染めようと画策する。

・レイク
心優しい青年。恋人・フリーダを亡くしたことで生まれた、
心の闇をナイトメアにつけこまれ
魔獣「ネクロゾーラ」に変身してしまう。

・ウィルバー
元は善良な科学者だったが、
世間に研究を認めてもらえない悔しさと、
ネクロゾーラの人智を越えた力に魅せられた事が重なり暴走。
娘や息子を「サイバー・クリミナル」に改造して
街を襲い始めてしまう。

<用語>
・ブライトソード
スターウォーズのライトセーバーに激似な伝説の武器。
全部で4本存在しており、赤と緑は名由多、
黄はキラーグレス、青はシークが所持している。
剣としても強力だが、真の使い方は「使用者との融合」。
最終決戦でシークはこれを使い「ギガゾーン」に、
名由多は「ホーリー・ナユタ」に変身する。

・七つの力
賢者ジャッハが、試練を乗り越えた者に与える超常的な力。
程塚が「竜神降臨」、遊太が「超念力」
ちなみが「時間操作」、リリィが「虹のカーテン」
プリムが「空中浮遊」、ウンディーネが「千里眼」
ワッツが「雷鳴降臨」の使い手となる。
気紛れな「コアストーン」が輝いている時しか使えないため
肝心な時に役にたたない欠点がある。

・異世界融合
世界には無数のパラレルワールドが散らばっており、
各々の世界は「力の壁」により無関係な状態に保たれている。
だが聖剣世界の「力の壁」であるマナが弱まったことで、
現実世界と融合を始めてしまった。
それを阻止するために呼び出されたというのが、
ロマンサー達が聖剣世界にきた本当の理由である。

・ブルーパワー
ロマンサー達の現実世界を、
他のパラレルワールドと隔てている「力の壁」。
人間の「心の優しさ」が源であるが、
人々の優しさが減ったことによりブルーパワーが減少。
今度は現実世界の側から、聖剣世界と融合を始めてしまう。
最終回では大人になったロマンサー達が、
これを阻止すべく最後の戦いに挑む。

他にも劇中歌とかもあるんだけど、視線が痛いのでこの辺で。
聖剣2に関しては、実はSSなんか書いちゃってたりしますw
フリーズ「自分が主人公のSSとかよく書けるね」
お褒めにあずかり、光栄です。

第1話~モニタからの招待~

第2話~冒険の始まり~

第3話~勇者との邂逅~

第4話~パーティ結成!~

第5話~姫花の油断~

第6話~闇に潜む眼~
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
ブログ内検索
プロフィール

ロマンサー

Author:ロマンサー
趣味:ゲーム、カラオケ、変身
タイプ:ノーマル・どく
嫁一覧:
 ホッピングスイッチ
(仮面ライダーフォーゼ)
 如月(艦これ)
 早乙女レイ
 (遊戯王GX)
 黄瀬やよい
(スマイルプリキュア!)
リエッタ(カルドセプト)
宮崎羽衣(声優)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
人気ブログランキング
最近のトラックバック
FC2カウンター