コンテントヘッダー

ロマンサー脳内アニメ-1

さて今回は。前回のテリワン記事で触れた、
私が高校時代から妄想してた脳内アニメ
ファイティングモンスター・ももんじゃ
一挙紹介しちゃおうという誰得全開の記事。
フリーズ「20代になっても妄想してたとか笑えないわね」
永遠の12歳と呼んでください。精神年齢的な意味で。

一応、元ネタ的なものはあるのよ。
DQ4のゲームブックで、エンドールの格闘場に登場する、
「額に三日月型のキズがあるももんじゃ」がモデル。
マーニャが彼に賭けて大勝ちするシーンが、妙に印象的で。
この説明でわかったアナタ。結婚しましょう。

<ストーリー>
・1期
今日も賑わうエンドール格闘場に、
彗星のごとく現れたニューファイター・ももんじゃ。
人一倍のバトルマニア&負けず嫌いのももんじゃは、
仲間とともに技を磨き、強敵を倒して格闘場の頂点を目指す。
そんな熱血バトルアニメ(ややスポ根風味)。
OP曲:Round ZERO~BLADE BRAVE~

・2期
スロットマシンの裏に、突如現れた次元の裂け目。
それはエンドールより数倍強力なモンスターが集う、
「オラクルベリー格闘場」に繋がっていた。
ももんじゃほか数名のエンドールの精鋭達は、
オラクルベリーに戦いの場を移し、さらなる高みを目指す。
OP曲:ダイアの花

・3期
モンスター格闘場に、人間の少年が乱入?
さらに異次元空間からは、謎の強豪モンスター達が?!
そしてそして最強の敵「ラストブレーカー」の正体とは?!
全モンスターを巻き込んだ究極の戦いの結末とは…
OP曲:真赤な誓い

<登場人物(1期・エンドール編)>
・ももんじゃ(主人公)
機敏な動きと鍛えあげられた肉体、そしてとっさの発想力で
どんな相手にも果敢に立ち向かっていく正統派ファイター。
口が悪く目つきも悪いが、根は人情家。
卑怯な相手には容赦しない。女の子にはちょっと弱い。
必殺技:高速分身、スーパーフェイント、プロペラ・テイル
    テトラクラッシュ、ももんじゃデストロイヤー

・死神
グレートオーラスに無慈悲にいたぶられていたのを、
ももんじゃが助けたことから奇妙な友情が芽生える。
戦績は奮わないが、愛用のまどろみの剣さばきは
ももんじゃも認める程。

・エビルハムスター
1期中盤で登場する、大型新人トリオの一角。
目では到底追えないスピードを武器に、相手をかく乱する。
ももんじゃと名勝負を演じたことから不思議と意気投合。
死神も交え、3人でつるむことが多くなる。
その冷静な判断力から、ももんじゃの参謀役を務めることも。

・とらおとこ
エンドールではかなりの古参モンスターで、事情通。
エンドール格闘場は朝・昼・夜の3部構成に分かれており、
それぞれ所属するモンスターが違う事などを教えてくれる。
自ら賭けに参加することもある。非常に人間くさいモンスター

・キングスライム
ももんじゃが最初に戦った相手。
エンドールでは向かうところ敵なしの実力だったが、
ももんじゃに完敗してからは手段を選ばぬリベンジャーに。
舌をチェーンソーに改造するなどの反則技すら使い、
ももんじゃに執拗に挑んでくる。が、勝てない。

・さまよう鎧&じごくの鎧
兄弟でももんじゃを苦しめた、最初の強敵。
兄であるじごくの鎧は、ももんじゃの強さに攻めあぐね、
修行の旅で手に入れた禁断の武器「皆殺しの剣」の封印を解き
やるかやられるかの勝負に挑む。

<登場人物(2期・オラクルベリー編)>
・レイア(人間)
快活な性格の、本作ヒロイン。DQ5の娘にそっくりな少女。
カジノ好きな父に連れられて格闘場に来ていたが、
ももんじゃのファイトスタイルを見てファンになり、
段々と控え室に遊びにくるほどの仲良しに。
しかし女の子に免疫のないももんじゃは、
彼女に誉められたり応援されたりする度に赤面しまくり。
レイア・死神・エビルハムスターの3人で、
ももんじゃの試合を観戦している姿がよく見られる。

・ニトロ
オラクルベリー昼の部所属のばくだんベビー。
弱小ファイターだったが、
ももんじゃの戦いっぷりに惚れ込んで押しかけ弟子に。
最初は迷惑そうなももんじゃだったが、
意外に根性のあるニトロを見て本格的に鍛え始める。
「ニトロ」というニックネームは、レイアの案。

・シャドーサタン
朝の部最強ファイターで「タオルブロッダー」の一人。
鋼のような肉体は並の攻撃を受け付けず、
逆に殴った方の拳が傷つくほど。
堂々とした余裕のある佇まいも、相手にプレッシャーを与える。
本作において、ももんじゃが最も多く敗北したキャラ。
必殺技:圧縮パンチ、グランドクロス

・ダークシャーマン
呪文も格闘も使いこなす、Sランクの強豪ファイター。
ももんじゃの気質を気に入り、度々気にかけた様子をみせる。
ピンチになると、両腕の蛇を自らに噛み付かせ、
闘争本能を呼び覚ます「狂戦士化」を使う。

・Dr.マッド(人間)
八百長試合などを組み、
汚い手段で儲けているマッドサイエンティスト。
彼の放った毒矢からレイアをかばったももんじゃは、
右腕があがらなくなってしまう。
仲間は翌日の試合を棄権するよう勧めるが、
「それではマッドの思う壺」と、万全に程遠いコンディションで
ももんじゃは何も知らないダークシャーマンとの一戦に臨む。

・フリージア(人間)
大人しい印象の、車椅子の少女。ももんじゃの大ファン。
手術を前にした彼女はももんじゃの控え室を訪れ、
「明日のトーナメントで優勝してほしい」と懇願する。
その日の試合で足に大きなケガをしていたももんじゃだが、
それを隠してフリージアに「必ず優勝する」と約束する。

<登場人物(3期・クライマックス編)>
・ガイア(人間)
DQ5息子に瓜二つの少年。レイアに一目惚れし、
それがきっかけでももんじゃといさかいに。
「人間とモンスター、どちらが最強か決めよう」と、
ガイアvsももんじゃ、掟破りのエキシビジョンマッチが組まれる

・鬼面の覇者(人間?)
「カクタス」「プレデター」「ヒートドラゴン」など、
誰も見たことのないモンスター軍団を引き連れ、
スロット裏の次元の裂け目から突如現れた謎の人物。
「我々を倒さなければ、このまま人間の街に攻め込む」と
ももんじゃ達ファイターに戦いを挑んでくる。
その正体は、時空移動実験に失敗し、
異次元に取り込まれてしまった女性科学者。
謎のモンスター軍団も、実験の過程で生まれた者たち。

・ラストブレーカー
本作のラスボス。
どこからともなくオラクルベリーに現れたひ弱なモンスター。
…だったが、相手の返り血を浴びる度に、姿が変わり進化。
最終的には、おぞましい外見と桁違いの実力を併せ持つ、
最狂最悪のモンスターに成り果てた。
観客すら巻き込みかねないその残虐さに、
ももんじゃ達は一致団結し、最後の戦いに挑む。
正体は、鬼面の覇者一味のモンスターの一匹。
だが彼女ですら制御しきれず、力を封印するのがやっとだった。

<システム・エンドール格闘場>
原作とは違い、タイマン試合がメイン。
だが巴戦や5vs5チーム戦、トーナメント戦なども組まれる。
5vs5マッチでは、出場モンスターの話し合いによって
出場順が決められる。毎回大将をやりたがるももんじゃだが、
大抵その希望が叶うことはない。哀れ。

<システム・オラクルベリー格闘場>
モンスターの強さによってランク分けされており、
成績によって定期的にランク変動もある。
上からタオルブロッダー・実力者Sランク・A・B・C・
 トップステップ・雑魚モンスターA・B・C。
実力者C以上は個別の控え室がもらえるため、
「トップステップ(通称TS)」のモンスターは必死である。
最強ランクである「タオルブロッダー(通称TB)」の由来は
「対戦相手のタオルを血に染める」ことから。

他に技紹介とかもあるけど、このくらいにしとくかw
次回は「アニメ版FF4」を紹介するよ!
ホッピング「あ、これ…つ、続くんだ…」
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
ブログ内検索
プロフィール

ロマンサー

Author:ロマンサー
趣味:ゲーム、カラオケ、変身
タイプ:ノーマル・どく
嫁一覧:
 ホッピングスイッチ
(仮面ライダーフォーゼ)
 如月(艦これ)
 早乙女レイ
 (遊戯王GX)
 黄瀬やよい
(スマイルプリキュア!)
リエッタ(カルドセプト)
宮崎羽衣(声優)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
人気ブログランキング
最近のトラックバック
FC2カウンター