コンテントヘッダー

ロマンサーの人生・大学編

大学に入り、一人暮らしスタート。
一応「大学デビュー」みたいなことを考え、
友達いっぱい作りたいとか夢みてた。
はりきって飲み会に行ったりしたが、すぐ化けの皮は剥がれる。

何と大学でも、ケンカ癖が治らなかったからね。
退学スレスレの行為を繰り返す、超問題児。
酷すぎて、ここには書けない内容も多い。

●ゼミの最中に勝手に教室から出ていく
●マンションの隣人と殴りあう
●ゼミのムカつく上級生を執拗に煽り、
 ついに殴りかからせることに成功。
 ゼミの女の子の一人は泣き出し、別の女の子は
 「ロマンサー、お前いい加減にしろよ!」とキレる

最後のはマジで頭おかしいが、この頃の私は
「他人を傷つける」ことに最高の喜びを感じていた。
いかに相手をイラつかせ、キレさせるか。
タブーに触れた瞬間、
相手の表情が一変するのを見るのが快感だった。
昔イジメられた奴を、最高に苦しめて転がす方法とか考えてた。

結局大学にもあまり行かなくなり、半年の留年。
なお就活はしていない。
当時の私には、就活の「概念」がなかった。
正確に言うと、就活という単語は耳にしていたんだと思うが
それが自分に関係する言葉だと認識してなかった。

友達も当然できず…と思いきや、
ここで人生最大の親友と出会う。親友T。
サークルを途中で抜けたもの同士通じるものがあったのか、
同じゲーム好き同士ウマがあったのか…
定かではないが、ピーク時は週1で遊びに来てくれたT。
朝の6時くらいまでゲームしたりネットしたりアニメみたり、
語り明かしたりしてくれた。

忘れられないのは、自殺を考えていた私が遺書をみせた時、
それを目の前で破り捨ててくれたこと。
あいつが側にいてくれたから、
私は今も元気で生きていられると言ってもいい。
Tは携帯電話を解約してしまい、もう連絡は取れないが、
私がTを大好きって気持ちは、永遠に変わることはない。

バイトはちょっとだけしたが、2ヶ月で自然退職。
親がいくらでも金をくれる状況で、
バイトする気力が起きるわけもなく。
そして親の金で秋葉原に入り浸り、
ゲームやらフィギュアやら買い漁り。

正直、最もゲームしたのが大学時代。
一日中ゲームしてるなんてことはザラ。
「FF1」「FF6」「DQ1~4」「DQ6」「ロックマン2」
「クロノトリガ-」「天地創造」「MOTHER2」
「LIVE A LIVE」「ロマサガ3」「風来のシレン」
「星のカービィSDX」「星のカービィ3」etc。
子どもの時に発売された名作達を、遡ってやりまくる。
少年時代にゲーム規制されてた分を、取り戻すかのように。

親友Tとゲームという心の支えがなければ、
ここで死んでたかもしれない。
人生を変えたゲームである「ポケットモンスター」
「BLEACH DS 2nd 黒衣ひらめく鎮魂歌」に
出会ったのもこの頃。
黒衣に出会ってなければ、IRCメンバーに会うこともなく
IRCメンバーに会わなければポケモンをやることもなく、
ポケモンをやっていなければ、
あの子に出会うこともなかったからね。
「あの子」は、次々回に登場します。

大学3年か4年の時に、両親が離婚。

堕ちるとこまで堕ちた感があるが、下には下がある?
次回「崩壊編」。ロリコンの性癖は、永遠に消えない…!
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
ブログ内検索
プロフィール

ロマンサー

Author:ロマンサー
趣味:ゲーム、カラオケ、変身
タイプ:ノーマル・どく
嫁一覧:
 ホッピングスイッチ
(仮面ライダーフォーゼ)
 如月(艦これ)
 早乙女レイ
 (遊戯王GX)
 黄瀬やよい
(スマイルプリキュア!)
リエッタ(カルドセプト)
宮崎羽衣(声優)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
人気ブログランキング
最近のトラックバック
FC2カウンター