コンテントヘッダー

テラオのススメ。

最後になるかもしれない、「ススメ」シリーズの記事。

週刊ファミ通にて連載されていた、
近藤るるる氏のマンガ「テラオ」の紹介。
テラオ

「たかがゲーム雑誌に載ってる宣伝マンガか…」と
侮ったら大間違い。笑いあり涙あり恋愛ありの、
マンガ史に残る大傑作。

小笠浦諸島に飛ばされたゲーム好き教師・石原駈は
分校の子ども達や美人医師・蓮沼莉子、
そしてゲーム内容を現実に反映させる能力をもった
謎の生命体(ロボット?)「テラオ」達と出会い、
ハチャメチャな日々を送りつつも
大きな陰謀に巻き込まれていく…といったストーリー。

ファミ通ということで、ゲームネタがそこかしこに出てくるが
ネタが理解できなくても、純粋にキャラとストーリーだけで
充分楽しめる。実際、俺がそうだった。

「人との触れ合い」「心を学んでいくロボット」
様々なテーマが含まれたマンガだと思うが、
個人的に一番強く感じたのは「大切な者を守る」。
例えば、当初は相性最悪かと思われた石原と蓮沼が
段々ラブラブになっていき(この過程がまたニヤニヤできるw)
最後には、あのヘタレで頼りなかった石原が
好きな人を守るために男を見せる。

太壱も紗弥を守るため、小さな体で軍人に立ち向かっていくし
テラオの姉妹機・イーグルアイ(通称イー君)は、
初めて自分に、戦い以外の経験をさせてくれたモアナのため、
命を捨てる覚悟で戦いに挑む。
そしてテラオも、自分をただのゲーム機やロボットではなく
「ボクの生徒」として扱ってくれた石原に感謝し、
初めての涙を流して、最後の決断をする。
最終巻はマジで、泣けるシーンの応酬だった。

個人的お気に入りキャラは、紗弥ちゃんとイー君。
学校も教師も舐めてかかってたイマドキの子ども・紗弥が
小笠浦の自然と人々に触れて、変わっていく様は必見。
ひたむきで純粋な「子どもらしい子ども」になった彼女が、
クラスの中で孤立してしまう回は、涙なしには読めない。
真面目に一生懸命頑張ることは、カッコ悪くなんかない。
一方イー君は、黒いボディと重装備がカッコ良過ぎる。
そんな強い彼だが、意外に他人の恋模様に敏感だったり、
優しい所があったりして、そんなギャップも良い。
ていうか、モアナちゃんとのカップリングが最高。
石原に代わって、是非彼女を幸せにしてあげてくださいw

米軍とのラストバトルは、
まさに総力戦・このマンガの集大成といった感じで盛り上がり、
実は少年漫画的な要素も強い。
勿論先に述べたラブコメ要素もあるし、
ゲーム漫画としても、ニヤリと出来るネタが満載。

知名度や掲載誌のせいで、埋もれさせておくには勿体無い。
本当に万人に自信もってオススメできるマンガだと思うので
興味持ってくれた人は是非。全6巻と読み易いのもポイント!
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
ブログ内検索
プロフィール

ロマンサー

Author:ロマンサー
趣味:ゲーム、カラオケ、変身
タイプ:ノーマル・どく
嫁一覧:
 ホッピングスイッチ
(仮面ライダーフォーゼ)
 如月(艦これ)
 早乙女レイ
 (遊戯王GX)
 黄瀬やよい
(スマイルプリキュア!)
リエッタ(カルドセプト)
宮崎羽衣(声優)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
人気ブログランキング
最近のトラックバック
FC2カウンター