コンテントヘッダー

AKB49のススメ。

更新頻度が下がり過ぎててヤバい。

さて久々の更新だけど、
言っとくけどAKB48の記事じゃないからね。関係はあるけど。
AKB49~恋愛禁止条例~」という、
AKBを題材にしたマンガの紹介。
マガジン連載時からずっと読んでたが、
Xデー公演編が完結&単行本購入したのを機に記事にしてみる。

AKB49.jpg

主人公・浦山実は、片想いの同級生・吉永寛子が
AKBのオーディションを受けようとしている事を知り、
応援のため「浦川みのり」に女装して一緒にオーデを受けるが
何の因果か、二人一緒に合格してしまう。
浦川と吉永の、波乱万丈な研究生生活が始まる…といった内容。

ただのAKB宣伝マンガだろ?とタカをくくったら大間違い。
物凄く王道で泥臭い、
青春サクセスストーリー。

ずっと夢だったAKB。でも実際そこに入ってみて
過酷な現実を突きつけられる。
それでも挫けずに試練を一つずつ乗り越え、少しずつ前へ進み、
成長していく浦川と吉永さんの姿に胸をうたれる。
「足は折れても、心は折れてないっスから!」
「そう!これが俺の『恋愛禁止条例』!」など、
目頭が熱くなる名台詞・名シーンが満載。
今の若者が忘れかけている「夢を追いかけること」と、
「ひたむきに努力すること」を教えてくれるマンガ。

このマンガを読むきっかけになったのは、1話での浦川の
「(好きなのは)あっちゃん以外です。
嫌いなんです、やる気ないから
」という台詞のインパクト。
全国の前田敦子ファンにケンカを売り、
作者の家に放火されてもおかしくない、相当な冒険w
しかしそのヒール兼「越えるべき壁」としての
あっちゃんの存在がいい味を出している。
時に浦川の前に立ちはだかり、時に背中を押し、
時に浦川の正体を見破りかける重要な役割を担いながら、
研究生たちを成長させていく重要なポジションになってるので
実は凄く扱いが良く、彼女のファンも今では納得してるのでは。

浦川に恋(?)する素振りを見せながら
コメディリリーフ的な面も併せ持つたかみな、
浦川の正体にあと一歩のとこまで近づくまゆゆ、
仲間との絆を教えるのに一役買う秋元才加。
他の正規メンもキャラが立ってる子ばかりだが、
オリキャラである研究生たちも負けてない。
浦川の想い人・吉永さんは、
忘れた頃にヒロインとしての存在感をアピールしてくる。
特にチームK公演前の「うーそ!キライじゃないっ!」と
「公演終わったらひろこって呼んでね」は、反則的な可愛さ。
ライバル・岡部も最初は反目しあっていたが、
今ではピンチに駆けつけてくれるベジータ的存在に。
勿論、浦川自身も惚れた女のために戦う姿が熱くてカッコいい、
魅力に溢れた主人公である。

作者は決してAKBファンに媚びることなく、
面白いストーリーを創りだすことに心血を注いでいる。
それでいて、実在のAKBへの愛情も忘れていない。
AKBに興味ない人にも、自信もってオススメできるマンガ。

事実、俺もAKBに全然興味なかったんだけど、
恋愛禁止条例を読んで以降、少しは興味出てきたからねw
今の推しメンはたかみなかな?ちっちゃくてネタにされがちだが
いざって時には頼れるリーダーなのが素敵。
あと特撮オタ的には、やっぱともちんと河西智美さんか。
河西さんは、マンガに出る気配が全く無いのが悲しい…
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
ブログ内検索
プロフィール

ロマンサー

Author:ロマンサー
趣味:ゲーム、カラオケ、変身
タイプ:ノーマル・どく
嫁一覧:
 ホッピングスイッチ
(仮面ライダーフォーゼ)
 如月(艦これ)
 早乙女レイ
 (遊戯王GX)
 黄瀬やよい
(スマイルプリキュア!)
リエッタ(カルドセプト)
宮崎羽衣(声優)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
人気ブログランキング
最近のトラックバック
FC2カウンター