コンテントヘッダー

2010年ベスト5・アニメ編

さてさて今日は大晦日。
大晦日といえば、浪漫逃避行・毎年恒例行事である、
ロマンサー的アニメランキングの時間ですよー!
良作怪作渦巻く中、2010年のトップに輝くアニメは何か?!
例によって審査対象は、
2010年1月~12月の間に俺が視聴したアニメ。

1.WORKING!!
2.ジュエルペット てぃんくる☆
3.俺の妹がこんなに可愛いわけがない
4.侵略!イカ娘
5.ひだまりスケッチ×☆☆☆


まずは堂々の1位、WORKING。
原作も好きなので放送前から期待が高かったが、
キャラデザ見た瞬間、これはやってくれる予感がした。
そして実際放送が始まると、文句なしの神アニメ。
奇人変人揃いのコミュニティでのドタバタ劇というのは
別段新しいジャンルでもないが、
お約束ネタにもちょっと変化をつけてみたり、
キャラを絡ませる組み合わせをワンパにしなかったりと
視聴者を飽きさせない工夫が随所に見られる。
だがこのアニメの真髄はギャグシーンではなく、
刻々と変化する人間関係と、
不意打ちで訪れる感動シーンにある。
まひるたんの小鳥遊への感情が180度転換する所や
まひる父に小鳥遊がブチ切れるシーンは、
「本当にギャグアニメか?!」と思う程心を撃たれた。
ギャグアニメの皮を被った人間ドラマ」という
評価の方が正しいか。

惜しくも2位に甘んじた、ジュエルペット2期。
ストーリーもいきあたりばったりで、
キャラにも好感が持てなかった1期があったので
2期は観るまでもなくスルーしていたが、
最萌での高評価を目にして視聴開始。
すると、これが噂以上に面白い面白いw
内気で自分に自信がない少女が、
魔法の力を借りて徐々に変わっていくというよくある話だが
やはり丁寧に作られた幼女向けアニメほど面白いものは無い。
1期の反省を生かしてメイン3人をわかり易く可愛い子にし、
キャラの成長描写にも説得力を持たせてるので安心して観れる。
てか、ミリアたんがいるだけで神アニメ確定なんですけどね。
アニオタで自信家で寂しがりやの8歳幼女とか、ドストライクw
ミリアが母の本心に触れる14話は、涙なしには観られない。
てかあかりもそうだけど「家族」が2期の裏テーマなのかも。
1期とSaint Octoberの所為で、スタジオコメットの評価が
俺の中で地に堕ちてたが、2期でやっぱできる子だと思い直した
ただ1期で俺の嫁だった、サフィーたんの口調が
変わっている点はマイナス。ちゃんと「ちゃん」付けで呼べよ!

冬一番の注目作だった、3位の俺妹。
ありがちな兄妹ラブコメと思ったら大間違い。
オタクのリアルな悩み・葛藤を正面から描いて共感を呼ぶ。
未だ嘗て、ここまで深夜アニメ視聴層の
ニーズに合致したアニメがあっただろうか。
単純にベタ甘えしてくる妹ではなく、
実際にいそうな、兄をウザがる妹を描いた上で、
心の奥底では兄を慕っているという魅せ方をすることで
新たな妹モノの可能性を示した功績もデカい。
なんだかんだいって仲のいい、
桐乃×黒猫のCPという百合アニメ的な楽しみ方もできるw
昨今のぬるま湯につかりきったアニメ業界に喝を入れた、
8話の黒猫たんの台詞は、全アニメ製作者に聞いてほしい。
EDをニコ動で公募するという、挑戦的な試みも評価したい。
もっと順位上げてもいいんだが、
桐乃の小説がアニメ化される件が超展開すぎるのと、
最終回で桐乃が心変わりした理由が曖昧だったのでこの位置に。

4位は、ダークホースのイカ娘。
自分は原作も結構好きだったが、アニメ化発表当時は
「こんなマイナー原作アニメ化とか誰得w」と
バカにされていたのが、ここまで一大ブームになるとは。
原作の時点ではそこまで好みじゃなかった主人公のイカ娘が、
声がついて動き出すと尋常じゃない愛らしさw
いつの間にかれもんの面々に馴染み、
親友まで作っちゃってる順応性とちゃっかりした所、
そして超がつく程の構ってちゃんっぷりが可愛すぎ。
ギャグアニメとしても質が高い。
1話3パート構成のためテンポが良い上、
閉鎖コミュニティものとは思えない程シチュエーションも豊富。
ここまで原作の持ち味を100%生かしてもらえると、
原作者も原作ファンも大満足だろう。
俺も早苗のキャスティングが若干微妙な以外、ほぼ不満ゼロ。

5位はこのランキング常連となった、ひだまり3期。
長く固定ファンがついているのは伊達じゃない。
何気ない毎日から生まれる、幸せな日常を見せつつも
高校生ならではの悩みや衝突もしっかり描く。
なずなと乃莉の加入にそれは象徴され、
最初は相性最悪かと思われたこの二人が
少しずつ仲良くなっていく展開はまさに職人芸。
この安定した原作クオリティに、
シャフトブランドが加われば怖いもの無し。
話題を掻っ攫うような目立つアニメではないが、
細く長く愛されていくタイプのアニメだと思う。

正直上位3つは相当僅差で、最後まで悩んだ。
3つともタイプが違うし、一長一短だし。
しかし今年のベスト5に共通する要素は
主人公の好感度が高い」「OPが神」ってとこだよね。
やっぱ一番画面に多く映るキャラが
腹立つような奴だと観る気なくすし
(伊藤誠のように、意図的に作られた悪役はアリ)、
OPはやっぱりアニメの顔だからね。
俺みたいにOP飛ばさず見る人間の場合、
OPが微妙だと観る前からテンションダウン。

この他にもバカテス・はなまる・荒川・れでぃ×ばと!など
良作佳作が多数あり例年に劣らず充実したアニメライフだった。
毎年やってたゲームランキングの方は、
今年新たにやったゲームがバトルロードしかないので割愛!
え、ポケモンBW?そんなゲーム発売されてませんよ?
ポケモンは、HGSSが最終作でしょ?

さて俺の人生の中で、一番といっていい程辛い一年でしたが
アニメのおかげで、何とか最後まで乗り切ることができました。
もし来年もご縁がありましたら、
この痛いブログをご愛顧ください。
それでは皆さん、よいお年を。
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとう。
後で書くけど、実はギリギリ目標達成できてないんだけどね。
1日30回とか、最早ブログ更新がお仕事ってLVじゃないですかw
そこまで全てを犠牲にはできないわ、第一ネタが無いw
このページのトップへ
このページのトップへ
ブログ内検索
プロフィール

ロマンサー

Author:ロマンサー
趣味:ゲーム、カラオケ、変身
タイプ:ノーマル・どく
嫁一覧:
 ホッピングスイッチ
(仮面ライダーフォーゼ)
 如月(艦これ)
 早乙女レイ
 (遊戯王GX)
 黄瀬やよい
(スマイルプリキュア!)
リエッタ(カルドセプト)
宮崎羽衣(声優)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
人気ブログランキング
最近のトラックバック
FC2カウンター