コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

アラフォー大関の意地。

2010年最後の本場所、九州場所が昨日千秋楽を迎えた。
もう相撲への情熱はほとんど失いかけてた俺だが、
この場所だけは久々にwktkさせられ、夢中になって見てた。

白鵬の連勝ストップ?あわや平幕の豊ノ島優勝?
いやいや、何といっても今場所の主役は魁皇でしょ。
もう何年も、ギリギリの所で勝ち越し、
何とか大関の地位を保ってる状態だった魁皇。
その彼が、まさか終盤まで優勝争いのトップを走るとは。
日馬富士の休場や、誰もが負けたと思った豪風戦での白星など
運も確かに味方していた。だが何よりも、
これが最後の九州場所かもしれないという思いが
魁皇を奮い立たせていたのではないか。
土俵を去る前に、地元の観客の前で、
もう一度強い魁皇の姿を披露したい。
そんな熱い思いが、彼の表情からは感じられた。

横綱の壁は熱く、結局千秋楽を待たず優勝の可能性は潰えた。
それでも12勝3敗。展開次第では、
優勝していてもおかしくなかった成績だ。
何より、40歳を前にしてこの結果は立派すぎる。
12日目の白馬戦など、全く相手を寄せ付けない横綱相撲で
まだまだやれるという事を見せつけてくれた。
正直、魁皇が優勝していたら俺は泣いていただろうw

今年は野球賭博問題による
大相撲中継中止という前代未聞の大事件もあった。
新弟子暴行致死事件・朝青龍引退に続いてこの醜態。
俺もこの時ばかりは心底ガッカリし、
今度こそ相撲見るのを辞めようかと思った。
だが魁皇のおかげで、相撲ファンで良かったと久々に思えた。
力士も協会もまともな奴がほとんどおらず
子どもに夢を与えるどころじゃない、
腐りきった最低のスポーツに成り下がってしまった大相撲。
そんな中、魁皇は角界最後の良心だと思う。
相撲に対する姿勢も真摯で、人柄も良く広く好かれる男。
地元以外でも大声援が沸き起こり、
海外人気も高いのがその証拠。
角界の戦国時代・曙貴時代の数少ない生き残りとして、
これからも応援していきたい。
そして来年こそ、地元優勝という夢を叶えてほしい。

それにしても…今場所一番の不満は取組の編成だよね。
千秋楽は、どう考えても白鵬vs豊ノ島にすべきだっただろ。
優勝を争ってた力士の中で、
こいつだけ二大関としか戦ってないわけだからね。
白鵬勝ったからいいようなものの、
これで白鵬と戦わず優勝してたら興醒めってLVじゃない。
形式を重んじるのもいいが、
相撲だって客あっての商売。エンターテインメントなんだから。
ファンが喜ぶような工夫をしていかないと、
相撲人気は落ちていく一方だぜ?
ただでさえ、相撲へのイメージは右肩下がりだってのに。
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
ブログ内検索
プロフィール

ロマンサー

Author:ロマンサー
趣味:ゲーム、カラオケ、変身
タイプ:ノーマル・どく
嫁一覧:
 ホッピングスイッチ
(仮面ライダーフォーゼ)
 如月(艦これ)
 早乙女レイ
 (遊戯王GX)
 黄瀬やよい
(スマイルプリキュア!)
リエッタ(カルドセプト)
宮崎羽衣(声優)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
人気ブログランキング
最近のトラックバック
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。