コンテントヘッダー

ef2期 11話

ef - a tale of melodies. の11話「reread」を視聴。
今回は、全編ミズキ編。物語もいよいよ佳境。

偽りの感情である「仮面」を脱ぎ捨て、
「あの子(=ミズキ)に会いたい」を言う本心を顕にする久瀬。
比喩じゃなく実際に仮面壊してる所が、
視覚的に盛り上げるのに一役買ってるね。

ミズキからの「果たし状」を受け、学園の屋上へ行く久瀬。
いきなり腹蹴るとか、病人になんてことすんだミズキw
これが原因で後で倒れた…わけはないか。
もしそうだったらギャクアニメだからなw
「恋愛は惚れた方が負けって間違いですよ。
好きって気持ちになったらそれだけで勝ちなんです」
と言うミズキ。何て素敵な台詞。
確かに好きな人の顔を見たり思いを馳せたりするだけで、
幸せな気持ちになれるもんだよね。
そう、相手がたとえ二次元であってもなっ!
7話で久瀬が放った無数の質問に、
「あなたが好きだから」という答えを返すミズキ。
あの質問全部覚えてたのか。どんだけ記憶力いいんだミズキw

「笑顔のチカラ」のアレンジバージョンいいわー。
音楽の使い方が本当絶妙なアニメだよね。
難点を挙げれば、曲が良過ぎるからそっちに気をとられて、
キャラの台詞に集中できないことかw

辛い時に背中を押してくれた、
「優子」の存在を口にする1期キャラ達。
あれ、幻じゃなくて実際に会ってたのかな…どうなんだろ。
集団幻覚ってわけじゃなさそうだしなあ。
しかし、ここでeuphoric field挿入は読めなかった。

初めて、負けそうな試合(=手術)に挑む久瀬。
真っ向から素直な気持ちをぶつけてくるミズキと出会って、
計算じゃなく全力でぶつかることを知ったんだろうなあ。
「手術が終わったら飲もうぜ」と火村に言う久瀬。
だからあなた病人なんですから…って言うのは野暮か。

千尋に景、みやこと1期キャラ総登場で、
クライマックスにふさわしい盛り上がりを見せた今回。
本筋を盛り立てつつも、手術を待つ千尋の手を蓮治が握ったりと
細かい演出も疎かにしないあたり、
スタッフに大事にされてるアニメだなあとつくづく思う。
次回あたり最終回かな。本当終わるのが惜しいわ。
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
ブログ内検索
プロフィール

ロマンサー

Author:ロマンサー
趣味:ゲーム、カラオケ、変身
タイプ:ノーマル・どく
嫁一覧:
 ホッピングスイッチ
(仮面ライダーフォーゼ)
 如月(艦これ)
 早乙女レイ
 (遊戯王GX)
 黄瀬やよい
(スマイルプリキュア!)
リエッタ(カルドセプト)
宮崎羽衣(声優)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
人気ブログランキング
最近のトラックバック
FC2カウンター