コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

お前が、本当にやりたいことなんだよな

昨日、ついに最終回を迎えた「仮面ライダーオーズ」。
最高の最終回、
いや最高の番組だった。

マジでみっともないくらい、ボッロボロ泣けた。
古今東西のあらゆる特撮、いやあらゆる物語の中でも、
ここまで全力で号泣できたのはそうそう無い。
それくらい、素晴らしいクライマックスだった。

映司のグリード化、アンクのメダルのヒビ。
そして世界の終末、これら全てを30分でどう解決するのか、
放送前は不安もあったが、そこは流石小林靖子。
詰め込んだ感はあったものの非常に濃い30分で、
過不足なくまとめたなあという印象。
ジャリバー&ガブリュー二刀流でのまさかのタトバ無双、
大量のメダルを食わせたメダガブリューでの一撃。
そして最後のアンクとの共闘など、
燃えシーンもバッチリ抑えていて大満足の出来。
最強フォームのプトティラではなく、
アンクとの「絆のコンボ」ともいえるタジャドルで
ラスボスを撃破したのが良かったね。
7枚ギガスキャン、ラストを締めくくるに相応しい迫力だった。

最後の最後までデレなかった…
というより一時は完全に敵側に回り、
映司と殺し合いまでしたアンク。
そんな徹底したツンツンの彼だったが、
皆が自分を仲間と認めてくれた事は、やはり嬉しかったようで。
わかり易い形じゃないけど、確かに絆は培われていた。
ただのメダルを「人」として扱ってくれた、映司や比奈ちゃん。
彼らへの感謝の想いが、自分自身を犠牲にして映司を変身させ、
こんな満足できることがあるか」とまで言わせたんだろう。
最後は手だけの状態で、表情は見えなかったアンクだが、
きっと初めて、心からの笑顔だったんじゃないだろうか。

アンクは「命」を欲しがっていたけど、
そもそも「命」の定義って何なのか。
物には命がない、生物じゃなければ命がない。
そう言い切ってしまうのは簡単だけど、
長く使っていた愛用品に愛着が湧いて名前をつけたり、
二次元キャラに本気で恋して想いを寄せたり。
そんな時、彼らに「命が無い」と本当に断言できるのか。
誰かに「大切な存在だ」と認められた時、
生物じゃなくたって「命」を持てるんじゃないだろうか。

映司も最後は、大切な「仲間」に救われた。
目の前で消えそうな命を救いたい。
どこまでも届く、人を救える手が欲しい。
その想いで、危険も顧みず手を差し伸べ続けてきた映司。
42話では「オーズ!オーズ!」の大合唱が起こり、
比奈ちゃんは身勝手な人間に対し、怒りを顕にしていた。
しかし最後には、自分から手を差し伸べるだけでなく、
仲間が差し伸べてくれた手をとった映司。
自分独りじゃできないことも、
仲間がいてくれれば成し遂げられる。
そう気付いた映司は、やっと「助けなきゃいけない」という
強迫観念から解放されたんだろうね。
今までずっと引っ張りあげる側だった映司の手を、
今度は後藤が引っ張りあげ、比奈ちゃん達が受け止める。
この対比ともいえる描写、上手かったね。

この42話。最終話以上に忘れられない回だった。
ライダーは困っている人を助ける」という、
暗黙の了解に一石を投じた異色回だからね。
自分の身を削って、一般人を助ける。
ヒーローはそれが当然だと、誰もが信じてるけど
本当にそれでいいのか…という問いかけは重かった。
この問いかけも放置せず、最終的に
人間も、時にはライダーに手を差し伸べる。
一人一人が出来ることをやる
」という一応の解答を出した。
アンキロヤミーが、氷漬けにした一般人を粉々にし、
明確な「人死に」の描写があったことも衝撃だった。
戦隊ではこういうの、滅多にないからね。
この辺が、ライダーをハードな話にしてる部分かと。
そして「お前のメダルじゃない…あいつのだ!」
という叫びとともに始まる、vsロストアンクも熱い。
初めてコアメダル破壊の描写もあったし、
重要なターニングポイントだったと思う。

急速に成長していく、頭のキレるロストアンク。
長く強敵として立ちはだかったカザリ。
そして妖艶なる俺の嫁・メズール様。
敵であるグリード達も魅力ある連中で、
一人一人の退場シーンでは涙した。
グリードが「美しい世界を知らない」という、
不幸な運命を背負っているのが判明したことで、
彼らの死亡シーンに悲壮感が生まれ、感情移入できたよね。
最後まで世界に手を伸ばして死んだカザリ。
メズールを想い続けて逝ったガメル。
ただのメダルの固まりでありながら、
人間以上に人間らしい連中だった。

その一方で真木が、ラスボスに相応しい、
完全な憎まれ役を引き受けてくれたのも良かったね。
10話で映司にパンチ寸止めされてビビってたヤツが、
まさか最後の敵になるとは思わなかったけど
(思えばあの回から、俺はオーズにハマり出した)。
「エンドマークによる完成」を求め続けた真木。
最後には自分自身が物語の終わりを迎えてしまったのは、
皮肉な結果だが、こいつらしい最期だったんじゃないか。

いかにも悪そうな表情を見せながら憎みきれないアンク
(+泉刑事との完璧な演じ分け)、
気持ち悪いほどのいいヤツだった映司、
これ以上ないくらい、ヒロインしてた比奈ちゃん。
役者の神演技と設定の相乗効果で、
キャラ達にもすごく愛着が持てたよね。
長い尺を使った、後藤の成長っぷりも見事で、
彼がバースになるのは反対していた俺すらも
納得させてしまうほど、説得力のある展開だった。
一切惜しむことなくセルメダルを使ってくれる、
後藤の合理的な戦い方は正直好みだったw

いや本当、いくら語っても語り尽くせないねこの番組。
1話の時、思いっきりディスってて本当ごめんなさい。
まさか、ここまでドハマりするとは思わなかった。
「電王の焼き直し」とか言ってた、当時の自分を殴りたい。
電王とは180度違う、シリアスで重いストーリーだった。
俺の中で、一番大好きだったブレイドと完全に並んだよ。
キャラへの好感度とか、最終回の完成度とか、
デザイン・アクション・必殺技のカッコ良さとか、
主題歌の神っぷりとか、どれをとっても甲乙つけ難い。
ラストでメインキャラが犠牲になるとか、
主人公が人外になるとか、重なる部分も不思議と多い。

マジで一年間、全力で楽しませてもらった。
ありがとう映司、ありがとうアンク、ありがとうオーズ。
そしてありがとう仮面ライダー!!特撮最高!!
では最後に、皆さんどうぞご一緒に!

タ・ト・バ!
タトバ タ・ト・バ!
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

めざせモンスターマスター-4

久々のDQMJ2P、プレイ日記。

進化配合というやつに初挑戦してみた。
長い付き合いだったアルミラージのミラージュと涙の別れをし、
強アルミラージ♀の「ミレイ」を産んでもらう。
このゲーム、ランク+1の差が物凄くデカいみたいね。
ランクC+2なのに、A+1のアンディ(アンドレアル)に比べ
MPと賢さ以外の全ステータスが上回っている。
特に、素早さの伸びが凄まじい。
今までパーティ内トップだった火喰い鳥を軽く追い越し、
LV30を前にして300越えという神速。
ただ母親のミラージュ同様、呪文が大の苦手な点がネックで
せっかく得た「最強ギラ&デイン」のスキルも全く生かせない。
MPの使い道に若干困る感はあるが、
スキル「あらくれ」をマスターさせたので
ドラゴン斬りや魔神斬りは、そこそこ役に立ちそう。

他にアークデーモン♂の「アックマン」も育てたが、
他の連中が強すぎるので、結局二軍行きに。
雑魚戦ではミレイ・アンディ・リンガー(シュプリンガー)で
ほぼ固定してる。火炎属性を使う敵が多く出てくる時など、
状況に応じて、火喰い鳥のフレイヤと入れ替えたりもするが。
スカウト時はテンションUPできるガルガル(リカント)を出し
ボス戦では、一時はお荷物と思われていたゴーレムの出番。
ここまで来ると、スクルトやフバーハの需要が高まり、
ガードのスキル持ちはほぼ必須になってくるからね。
素早さの低さは、はやぶさネイルを装備して補う。
現在のパーティがかなり安定感あるので、
このままでクリアまで行けそうな予感。

リンガーのアクションがカッコ良く、強さもかなりのものなので
彼も進化配合させようと思ったんだけど、
「最強○○」を産ませるためには
何とLV50まで上げなければならないと知って絶望。
何匹はぐれメタルを倒せというのか。
このゲーム、はぐりんのHP高いから倒しづらいのに。
まあ、進化させなくても充分強いからいいけど。
また1・2を争うほど好きなモンスターである、
メタルライダーも「強」まで育てようと思ったんだけど
特性「ライトメタルボディ」がマイナス特性過ぎるので却下。
消費MP2倍って何だよ!重すぎるわ!!
被ダメ半減はありがたいが、ストーリー攻略には到底向かない。
しかし対戦では強そうなので、クリアしたら育てるか。

そのストーリーだが、遺跡をクリアし、いよいよ核心に迫る。
島を脱出するには「戦の神」を目覚めさせ、
神鳥レティスの力を借りなければならないという。
「戦の神」ってのが、雪山のエスタークのことなのかな?
クライマックスも、そう遠くなさそうだ。
この遺跡ダンジョンなんだけど、プロトキラーがウザ過ぎた。
特攻+複数回行動のコンボで、
HP満タンでも一瞬で殺されるとかアホか。
アンディのやけつく息で切り抜けようとしたが、
100%決まるわけじゃないので、やられる時はやられる。
対戦でも鬼コンボになりそうだな。何か対策は無いのか。

闘技場にて、マイセン老師の繰り出した
「けっさくモンスター」とやらとも戦ってきたけど
スラキャンサー

何だよこいつw
重厚な外観が見えた時は「こいつぁ強敵だ…」と戦慄したのに
顔が見えた瞬間、一気に吹いたw
マイセン老師のセンスを疑うぜ。
いや強かったけどね、スラキャンサー。

すれ違い通信の方も、ちょくちょくやってる。
相変わらず勝てる気配が全く無いが、
ついにすれ違ったモンスターのスカウトには成功した。
相手はヒヒュルデの使い。ゾンビキラー使っても2%だったが
何回もやってれば、その内成功するもんだな。

ヒヒュルデの使い

ちょ、ランクA+59ってw 何回配合したんだよw
LV1で攻撃力339とかおかしいだろ!
俺の一軍の誰よりも強いじゃねえかw
こいつを親にすれば超強力な即戦力が産ませられそうだが、
やっぱストーリーくらいは自力でクリアしたいので
しばらく預かり所でお留守番しててもらう。
しかし、ここまでやんないと対戦では勝てないのか…
確かにこれは、ポケモン以上のマゾゲーかもなw
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ビクティニと黒き英雄ゼクロム 視聴感想

今年も観てきたよ、アニポケ映画。
自分は初見でゼクロムに惚れたホワイト信者なので、
迷わず黒き英雄の方を選択。では恒例のネタバレ注意

まず最初に言いたいこと。
今年の映画の主役は、サトシでもビクティニでも無かった。
間違いなくゴルーグが主役。
レギュラー3人の手持ちを差し置いて、
伝説ポケとピカチュウ以外では、多分最多の出番。
活躍度という意味では、ピカよりも上かも。
伝説の白き竜に果敢に立ち向かい、
クロスフレイムの直撃を受けてもなお立ち上がる。
終盤ではレシゼクと共に大地の剣を運んだり、
人間キャラを剣から脱出させたりする重要な役割。
何より、レシラムとの戦闘シーンがカッコ良過ぎ。
これ何て東宝映画?ゴジラvsメカゴジラ?
来年のスーパー戦隊は、是非ゴルーグに乗って戦うべき。

さてここからは脇役連中の話メインストーリーの感想を。
大まかなストーリーは、失われた大地の力を取り戻すため、
大地の民の末裔・ドレッドがレシラムの協力を得て
ビクティニの力を無理矢理使おうとする…といった感じ。

毎年恒例の、冒頭の伝ポケ総登場が無くなったのが寂しい。
イッシュポケしか出せないという縛りがあるから仕方ないが…
バトル大会で登場した、ジャローダが意外に身軽で驚いた。
だがその軽やかな身のこなしは流石ロイヤルポケモン。美しい
エモンガがルール無視してボルチェン使っててワロタw
どこまでもマイペースだなこの子は。可愛い。
サザンドラを目の当たりにして、
目をキラキラさせるアイリスたんが天使過ぎて死にそう。
サザンは本当カッコいいもんね、気持ちよくわかるよ。

今回のキーポケモンであるビクティニ。
正直、ゲーム版で発表された時は、
ビジュアル的にあんまり好みじゃなかったんだけど
やっぱ声と動きがつくことの効果はデカい。
美味しそうにマカロンを食べた後の
「ん~~~!!」って感じの幸せそうな表情、
やたらいろんな物にぶつかるドジっ子なところ、
回想シーンで、王様にすりすり懐く仕草。
どれもこれも可愛すぎて、一遍で落とされたw
水樹奈々ちゃんボイスもドハマり。
まあただやっぱり、耳はもうちょい小さい方がw

もう一匹の目玉ポケ・ゼクロムも想像以上のカッコ良さ。
ゴルーグの大ピンチに、颯爽と駆けつける様はまさにヒーロー。
レシラムとのバトルシーンも迫力あっただけに、
もうちょっと尺とって見せて欲しかった。
ドラゴンクローを左手で受け止めるとことか、マジ惚れる。
前に誰かが言ってた気がするが、レシラムが生物的なのに対し、
ゼクロムは少し無機物寄りなデザインだね。
あとゼクロムに乗ったサトシが、
ビューネイvsグゥエインを彷彿とさせるw

その他にもチョロネコやドレディアなど、
俺の好きなポケモンが結構出番あって眼福。
チョロネコたんエロすぎ!と思ったらそれもそのはず。
何とCVが戸松遥。いや今年声優豪華だな!
俺の愛するドレディアたんも、ちょっとだけの登場だが
上品な優雅な動きは彼女ならでは。完全にお姫様。

とまあ、こんな感じでポケモン達の可愛さ・カッコ良さは
十二分に堪能できる映画だったが、
肝心のストーリーは正直微妙。
ゾロアークやシェイミと違い、わかり易い悪役がいないため、
「こいつを倒なきゃ!」みたいな目標が見え辛い。
悪役ポジのドレッドも、結局は故郷を救おうとしてるだけだし
(どうでもいいがこいつの名前、攻守4000の邪神を思い出す)
レシラムにしても、すぐ過ちに気付いて改心してしまう。
龍脈の力が暴走してどうのこうの~というのも、
映像的にも台詞的にも、何がどうピンチなのかわかり辛い。
まず「龍脈」って言葉に馴染みが薄いし。
そもそも、大地の民は居場所を変えても
普通に幸せそうに暮らしてるので(特にカリータ一家)、
別に無理して大地の力を取り戻さなくていいんじゃない?
と思えてしまうのが一番の問題。

終盤、結界の柱が勝手に動き出して
ビクティニが閉じ込められた理由もよくわからんかったし、
アイリスとデント、3人の手持ちポケも見せ場がほぼ無いので
各キャラのファンとしても不満が残る
(この辺はここ数年、毎回そうだが)。
数百年前、双子の王子が争ってた理由も不明。

こんな感じでかなりモヤモヤが残る、スッキリしない話。
それでも映像的に見所があれば、
勢いで押し切れることもあるのだがそれも無し。
頼みの伝説バトルもすぐ終わってしまうので、
子ども達にもあんまり受けは良くないんじゃない?
BW一発目なんだし、ダークライみたいに
派手なバトル物にした方がまだ良かった気が。

とはいえイッシュポケ(特にゴルーグ)が好きなら、
キャラアニメとして見に行く価値とはある思う。
あ、あと最初の方に出てきた、
ゴチム・ゴチミル使いのゴスロリ少女。
来年は彼女が主役の話でお願いしますね。
このページのトップへ
このページのトップへ
ブログ内検索
プロフィール

ロマンサー

Author:ロマンサー
趣味:ゲーム、カラオケ、変身
タイプ:ノーマル・どく
嫁一覧:
 ホッピングスイッチ
(仮面ライダーフォーゼ)
 如月(艦これ)
 早乙女レイ
 (遊戯王GX)
 黄瀬やよい
(スマイルプリキュア!)
リエッタ(カルドセプト)
宮崎羽衣(声優)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
人気ブログランキング
最近のトラックバック
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。