コンテントヘッダー

AKB49のススメ。

更新頻度が下がり過ぎててヤバい。

さて久々の更新だけど、
言っとくけどAKB48の記事じゃないからね。関係はあるけど。
AKB49~恋愛禁止条例~」という、
AKBを題材にしたマンガの紹介。
マガジン連載時からずっと読んでたが、
Xデー公演編が完結&単行本購入したのを機に記事にしてみる。

AKB49.jpg

主人公・浦山実は、片想いの同級生・吉永寛子が
AKBのオーディションを受けようとしている事を知り、
応援のため「浦川みのり」に女装して一緒にオーデを受けるが
何の因果か、二人一緒に合格してしまう。
浦川と吉永の、波乱万丈な研究生生活が始まる…といった内容。

ただのAKB宣伝マンガだろ?とタカをくくったら大間違い。
物凄く王道で泥臭い、
青春サクセスストーリー。

ずっと夢だったAKB。でも実際そこに入ってみて
過酷な現実を突きつけられる。
それでも挫けずに試練を一つずつ乗り越え、少しずつ前へ進み、
成長していく浦川と吉永さんの姿に胸をうたれる。
「足は折れても、心は折れてないっスから!」
「そう!これが俺の『恋愛禁止条例』!」など、
目頭が熱くなる名台詞・名シーンが満載。
今の若者が忘れかけている「夢を追いかけること」と、
「ひたむきに努力すること」を教えてくれるマンガ。

このマンガを読むきっかけになったのは、1話での浦川の
「(好きなのは)あっちゃん以外です。
嫌いなんです、やる気ないから
」という台詞のインパクト。
全国の前田敦子ファンにケンカを売り、
作者の家に放火されてもおかしくない、相当な冒険w
しかしそのヒール兼「越えるべき壁」としての
あっちゃんの存在がいい味を出している。
時に浦川の前に立ちはだかり、時に背中を押し、
時に浦川の正体を見破りかける重要な役割を担いながら、
研究生たちを成長させていく重要なポジションになってるので
実は凄く扱いが良く、彼女のファンも今では納得してるのでは。

浦川に恋(?)する素振りを見せながら
コメディリリーフ的な面も併せ持つたかみな、
浦川の正体にあと一歩のとこまで近づくまゆゆ、
仲間との絆を教えるのに一役買う秋元才加。
他の正規メンもキャラが立ってる子ばかりだが、
オリキャラである研究生たちも負けてない。
浦川の想い人・吉永さんは、
忘れた頃にヒロインとしての存在感をアピールしてくる。
特にチームK公演前の「うーそ!キライじゃないっ!」と
「公演終わったらひろこって呼んでね」は、反則的な可愛さ。
ライバル・岡部も最初は反目しあっていたが、
今ではピンチに駆けつけてくれるベジータ的存在に。
勿論、浦川自身も惚れた女のために戦う姿が熱くてカッコいい、
魅力に溢れた主人公である。

作者は決してAKBファンに媚びることなく、
面白いストーリーを創りだすことに心血を注いでいる。
それでいて、実在のAKBへの愛情も忘れていない。
AKBに興味ない人にも、自信もってオススメできるマンガ。

事実、俺もAKBに全然興味なかったんだけど、
恋愛禁止条例を読んで以降、少しは興味出てきたからねw
今の推しメンはたかみなかな?ちっちゃくてネタにされがちだが
いざって時には頼れるリーダーなのが素敵。
あと特撮オタ的には、やっぱともちんと河西智美さんか。
河西さんは、マンガに出る気配が全く無いのが悲しい…
このページのトップへ
コンテントヘッダー

川上とも子さん逝去。

つい先日、声優の川上とも子さんが亡くなられました
アニメ業界やTwitterでも、数え切れない悲しみの声が。
自分も好きな声優さんの一人だったので、かなりショック。
聞けば、大分前から療養中だったという。
あなたには多くの出演作で、たくさん楽しませてもらいました。
心よりお悔やみ申し上げます。

自分が彼女を初めて知ったのは、
魔術士オーフェンRevengeのリコリス・ニールセン。
アニメオリジナルキャラながら、凄くキャラが立ってた彼女。
ちょっぴりドジだけど、明るく一生懸命で。
操作されていた記憶を取り戻し、
罪深い命である自分の真実を知った彼女の姿には涙した。
それでも現実と向き合い、
前を向いて生きていくことを決意する。
彼女なくして、オーフェン2期は神アニメにはなり得なかった。
「がんばれがんばれがーんばれ!」という、
リコリスの最後の台詞。今改めて聞くと、
川上さんのことと重なってすごく切ない…

出会いがリコリスだったこともあり、
川上さんは優しく可愛らしい声の人、という印象が
自分の中ではすごく強い。
他にもARIAのアテナさん、Kanonの佐祐理さんなど
穏やかで心優しい女の子の役が多く思い出される。
こういう役をやる時の彼女の声、ちょっと幼い感じでありながら
すごく慈愛に溢れてて聞いてて安心できるんだよね。

しかしその一方で、
魔法戦士リウイのミレルのような元気一杯の女の子や、
BLEACHの砕蜂のような凛々しくたくましい女性、
そしてポケモンDPのミミロルのような
愛らしい動物キャラまでもこなす。
新たなキャラを演じる度、
彼女の演技幅の広さには驚かされるばかりだった。

そんな偉大な人が、
41歳という若さで逝ってしまったのは悲し過ぎる。
緒方恵美嬢・池澤春菜嬢・加藤英美里嬢など、
著名な声優さんも次々に追悼のコメントを寄せている。
リコリスや佐祐理さんのように、現実でも優しくて
誰からも好かれる方だったんだなあと改めて感じた。

誰かが亡くなる度に思うけど、こうやって言葉を重ねたって
亡くなった人に届かないなんてことはみんな知ってんだよね。
でも葬儀・告別式・お墓といったものは
全て残された人の心を癒すためにあるんだと思う。
単なる一ファンである自分達でさえこんなに辛いんだから、
身近な人達の悲しみは、想像を絶するものだろう。
そんな時に、祈りを捧げて自分の心を整理し、
故人の思い出を語り合って傷を軽くする時間は必要だろう。

自分も追悼の意を込めて、
ブログのプロフィール画像をリコリスにしてみたけど、
これなんか完全に自己満足。でもいいじゃない。
それでちょっとでも、自分の気持ちを軽くできるなら。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

今月のジャンプSQ-17

週ジャンの感想記事もそろそろ再開したいんだけど、
震災以降の読んでない号が溜まってて
なかなか追いつけないんだよね…

・ToLOVEるダークネス
第0話を読んで以降、モモへの愛が止まらない。
「私の…どの部分でも♪」とか言いながら、
内心はバックバクなのかなーとか思うだけでニヤニヤできるw
「うわウザッ!」という率直すぎる心の声に吹き、
セリーヌの相手をしてあげる意外な面倒見の良さには惚れ直す。
芽亜に本性を知られ、赤くなるシーンとかもう最高。
しかしモモに気配を悟らせないとは、流石暗殺者。
まあそんだけモモが、ペロペロに夢中だってって事かw
シリアスな話してる横で、ずっと愛撫されてるリコにワロタw
女の子が髪をいじる仕草って、妙に性的だよね…

ダークネスでも、さっそくリコが出てくるとはな。
どんだけ人気あるんだよこのキャラ。
そんな読者のニーズにバッチリ応える矢吹神に乾杯。
春菜ちゃんの本当はサボリとかやってみたいていう本音や、
美柑の相変わらずのブラコンっぷりなど、
脇キャラもそれぞれの魅力を発揮してて読み応え充分。

黒幕の「マスター」が女性だったとは予想外。
まあその方が、このマンガの読者層は喜びますからね!
そしてラストに、意味深な感じでルン登場!
これは沙姫様の登場にも、期待してよさそうだな。
校長、そのポスターの水着部分だけ
マジックで塗り潰すつもりですねわかります。

ところで矢吹神がそうなのは知ってたけど、
長谷見氏まで特オタだったとはな。

・貧乏神が!(Round46)
仮面ライダーオーズ風のあらすじw
あんたどんだけ特撮好きなんだよ。
「ゴリ子さん」牡丹ネーミングセンスあるじゃねえか。
撫子、高い高いされて落ち込んでたけど、
石蕗に抱きかかえられたんだから、ある意味喜ぶべき。
ネクロノミコンを詰め込んでどうするよw
勝手に紅葉の妄想をして、勝手に一人でキレる市子。
はい完全に病気ですw

牡丹、予想通り全然悪い子じゃなかったな。
つーか完全に利用されてるだけっぽい。
もう新キャラが増えまくるのは諦めた。
あの3人組、神界の住人では無さそうだが、
妖怪変化とかそういう類か?

ただの『物』に気を遣うなんて、
市子はとんだお人好しっスね!

ただの物だって、ずっと一緒にいれば愛着湧いてくるもんよ。
人間ってのは絵や人形にだって恋できる、
想像力のあり過ぎる生物だからね。
俺も愛用の自転車に、名前つけて可愛がったりしてたw
ぼっちとか言うな。

近い内にまた、全キャラ結集してバトルが始まりそう。
今度は、たんぽぽも共闘してくれそうだな。

・ギャグマンガ日和(第246幕)
七福神の名前を全員いえる人、日本にどれだけいるんだろ。
ツッコミのコツは教えてもらえるし、
本当勉強になるギャグマンガだなw
ツッコミの意図を説明するのは、
滑ったギャグを説明するのと同じくらい痛々しいな…
「下手でも弁財天につっこまれたかった」
うん、この発言はスケベジジイ言われても仕方ないw

・カッコカワイイ宣言!
こいつ相槌下手っていうより、マトモに話きいてねえだろw
てか、微妙に日和とネタ被ってないかw

・らぶ☆マッチョ(EXPLOSIVE読切)
悔しいでも感動しちゃうw
まさかこんなマンガで泣かされるなんてw
『俺なんかが何の役に立つのか』じゃない!
『俺にでも役に立てる事を探す』んだ…!
」名台詞すぎて。
望月さんの発勁に耐えられるようにするため、
さらに体鍛えるとか頭悪すぎるオチだが、でもカッコいい。
根暗根暗いってるけど、以前から告る勇気はあったわけだし、
元々根性あるヤツだったんだろうね。
感動できるギャグマンガ」これは流行る。

望月さん本当かわええ。
「たのむー」っていう変に媚びない口調とか、
誰にでも分け隔てなく接してくれる所とか…
これは門司じゃなくても惚れる。
関係が崩れるの嫌だから、気持ち伝えられないってあるあるw

画力はまだ荒削りな感じだが、女の子はかなり可愛い。
一番の問題は、ページ配分の悪さか。
ラストの余韻が無さ過ぎて勿体無い。
発勁ヒットで右側1ページ丸々使い、
「やっぱり止められなかった…あれ、倒れない…?」
みたいな感じでページをめくらせ、
最後の2ページで門司の決め台詞と
望月さんの泣き顔を大ゴマで見せる、って感じにすれば
もっと感動は大きくなったはず。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

1万ヒット御礼。

ついにこの浪漫逃避行も、訪問者1万人を突破!
こんなにたくさんの訪問、本当にありがとうございます!

…といっても、カウンターつけたのが一年くらい前なので
実際はもっと来てくれてるはずなんですけどね。
ブログ開設当初から数えたら、
下手したら2万人越えてたり…?んなわけ無いかw

いやしかし、ありがたい話です。
あっちこっちに手を出してるため、
ゲーム日記なのかアニメ感想ブログなのか
ジャンプ感想ブログなのか管理人にすらわからないという、
まとまりの無いブログ。しかもどのカテゴリも中途半端。
文章はグダグダと長く、読みづらい。
ネガティブな記事が多く、見ててイライラする。
いい所といえば、よそ様のブログの面白さを
相対的に再確認できる所くらいだと思いますが、
そんな自己満ブログでも見てくださる方がいるということに、
感謝の気持ちで胸がいっぱいです。
延べ1万人の選ばれた方々には、足を向けて寝られませんw

一日一更新という目標が早々に途切れて以降、
更新頻度は右肩下がり。震災の影響で、
最近はその傾向がより顕著になってます。
それでもちょくちょくのぞきに来てくださったり、
心配のコメントや拍手を寄せてくださったりする方がいると知り
ブログやってて良かったと心から思いました。

最初は正直、IRCでやってる方が多いので、
ノリで始めたみたいなところもありました。
でもブログってのは、オタ話などのあんまり人に言えない事や
溜まってることの捌け口になるんですよね。
また、ブログをやってなければ
訪れなかったであろう出会いもありました。
励ましのコメントをもらって元気付けられたり、
共感のコメントもらって嬉しくなったり。
そうこうしてる内、面倒だけど楽しく、
大変だけどやり甲斐のある、生活の一部になっていきました。

もうすぐこのブログも3周年。
リアルとの兼ね合いもあり、
どれだけ更新していけるかわかりませんが
命ある限り、細々とでも続けていきたいと思ってます。
相変わらず誰得な記事ばっかりになるかもしれませんが、
これからも暇潰しのネタにでも使ってやってくださいw
このページのトップへ
コンテントヘッダー

地デジへ行こう!

東北3県での地デジ完全移行は延期になったらしいけど、
俺の部屋のアナログTVはNHK教育は白黒だわ、
テレ朝は雑音ひどくて何喋ってるかわかんないわで
前々から不便すぎたのでヨドバシで思い切って買ってきた。

SHARPのチューナー内蔵ブルーレイディスクレコーダー、
BD-HDW73(HDD容量320GB)。
ブルーレイレコ

まずこれだけは言わせてくれ。
地デジ、マジで糞。
5000円の地デジチューナー買えばいいだけかと思いきや、
ビデオデッキも買い換えなきゃならんのかよ!
60800円という、あり得ない出費。
そして地デジ繋げていざ観ようとしたら
何故かNHK二つが番組表にすら表示されず、
民放もブロックノイズが酷かったりしたので、
電気屋呼んで配線いじってもらい、また8000円の出費。

アホかとバカかと。手間も金もかかり過ぎだっつーの。
え、面倒ならTVごと新しくすりゃいいだろって?
バカ言ってんじゃないよ。今のTVはUHF端子ついてないから
初代ファミコンが接続できなくなるじゃないの。
互換機買え?あの古ぼけた赤白のFC本体が使いたいんだろ。
大体、TVまで買ったらさらに金かかるだろうが。
ビデオテープでデジタル放送は録画できないらしいから、
どっちみち録画機器は買うことになるし。

こんな面倒なことを、
国民の希望も聞かず独断で推し進めるとかこの国何なの?
多額の出費を伴う地デジを強制してくるわ、
原発で国民の命を危険に晒すわ、
被災して辛い思いしてる福島県民をさらにイジメるわ、
政治家はアホばっかりだわ。
どうなってんだよ日本って国は。独裁国家か。

まあとはいえ、流石に画質・音質は格段に綺麗になり、
いちいち1階のビデオで録画しなくて良くなったのは有難い。
5倍速とかで録画しても、全然画質落ちてる気がしない。
地デジ対応TVに比べて画質が劣るとヨドバシで言われたが、
その辺の差もほとんど感じられない。

番組表を勝手に受信してくれるのもすごい。
自分で時間を指定しなくても、
番組表から選ぶだけで簡単に録画できるのも文明の進歩。
「午後6時からのはずが、午前6時から予約しちまったああ!」
みたいなことも、もう起こらないわけだ。
スポーツ中継が延長されても安心。
CCさくら&武蔵丸事件みたいな悲劇はもう起こらない。
おまけに一度設定してしまえば、
自動的に毎週同じ番組を録ってくれるという。
20世紀には考えられなかったことだなあ。

難点は、チャンネルを切り替える時に少しラグがあることと、
録画時に、何故か前後を数秒余計に録ってしまうことか。
まあ前者はそれほど長いタイムラグあるわけじゃないし、
後者も編集でカットすりゃ済むことだから、
今の所便利さの方が勝ってるな。
こんだけ苦労させられたんだから当たり前だけどね。
ブルーレイディスクは容量が大きく場所もとらないので、
これから特撮なんかは全話録画保存していこうかな。
このページのトップへ
このページのトップへ
ブログ内検索
プロフィール

ロマンサー

Author:ロマンサー
趣味:ゲーム、カラオケ、変身
タイプ:ノーマル・どく
嫁一覧:
 ホッピングスイッチ
(仮面ライダーフォーゼ)
 如月(艦これ)
 早乙女レイ
 (遊戯王GX)
 黄瀬やよい
(スマイルプリキュア!)
リエッタ(カルドセプト)
宮崎羽衣(声優)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
人気ブログランキング
最近のトラックバック
FC2カウンター