コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

DEATH NOTE 劇場版感想

金曜ロードショーで、映画版「デスノート」と、
その後編「デスノート the Last name」が
放送されてたので今更ながら視聴。
前編は大分前にTV放送された時に見たが、後編は初視聴。

キャスティングが微妙、名シーンのカットなど、
不満も多々あるがマンガの映画化としてはよく出来てる方かと。
DBのように、大体原作の持ち味をブチ壊す事が多いからねw
デスノートの一番のキモである、
「心理戦・頭脳戦」という部分はしっかり描けてた。
重要な場面は再現してるし、シーンの取捨選択も悪くない。
全12巻もある長い原作を
(台詞が多いので普通のマンガに換算すると15巻くらい)
5時間程度でよくまとめたと思う。

原作改変については賛否あるだろうけど、
そのまんまの展開やっても原作読者は退屈だし
「それなら原作読め」って話になるので個人的にはアリ。
自分としては、原作無視だろうが何だろうが、
面白く作ってくれさえすればいいんですよ。
その点、この映画のオリジナル部分はかなり楽しめた。
前編では「不自然でない状況を作り出すことができれば
ノートで人に人を殺させることもできる」という
原作でも示されなかった新たなルールを見せてくれたし、
後編では「一度ノートに書かれた死亡条件は上書きできない」
という、これまた原作ではあまり生かされなかったルールを
最後の最後でカギにしてくる辺りは、
予想外で素直に上手いと思ったね。
「父を殺そうとした月を見て幻滅した海砂が、月と心中」
「月がリュークとの会話をうっかり誰かに聞かれて逮捕」など
頭の悪いオリジナルエンドなら誰でも思いつくが、
脚本家はちゃんと原作を読み込んでると感じたね。

というか、後編ラストの展開については原作よりも好み。
L・海砂・総一郎と、関わりの深かった者に看取られつつ、
最期までキラの正義を主張し続ける月の死に様は
「うぐぅ~」と無様にもがく原作月よりずっとカッコ良く、
そして美しい死に方だった。
死後も家族やミサが月を想っていることが描かれたことで、
少しだが月も救われた感があるのも良かった。
原作終盤では出番皆無だった粧裕たんが、
兄を想う涙でラストを締めくくってくれたシーンは泣けた。

デスノの裏テーマである「正義とは何か」に関する問答の際、
総一郎がその役割を担ってくれたのもGJ。
何十年も刑事として生きてきて、
人間の醜さを充分知っているであろう総一郎が言う
「正しくあろうとした人類の努力の積み重ねが法律なんだ」
という台詞には、重みがあった。
世間知らずのガキでしかないニアなんかが
こんな事言った日には失笑もんだからね。

この「本当の正義」に関して。
ガモウは結局投げっぱで終わらせてしまったが
自分はこの裏テーマがあったからこそデスノにハマったわけで
原作ラストが最終的にただの勧善懲悪に走ってしまったのは、
マジでガッカリさせられたもんだった、当時。
映画版でも明確な答えは出していないけど、
月の死に際の「L…お前は、善人が悪人の犠牲になってる、
世の中のリアルを知らないんだよ!
」という台詞は痛烈だった。
ミサたんについても、両親殺害の件が詳しく描かれた事で
彼女がキラになった過程と、法で裁けない悪人の存在、
そしてそれに苦しめられる者達の悲哀が
原作よりも強調される形になったんじゃないかな。
実際、ミサほどシビアな経験はしてなくても、
同じような怒りを感じた事がある人は結構いるんじゃない?
優しい人間だけの世界」月が言うのは確かに理想論だし、
デスノートを使っても結局は不可能で、
見せかけの理想郷しか作ることは出来ないだろう。
それでも、もしも現実にキラが現れたとしたら、
自分は多少なりともキラ寄りの姿勢をとってしまうと思う。

それにしても、映画版のミスキャストっぷりは本当に、
もう少し何とかならなかったのかw
月は、とても全国1位の天才には見えない。
総一郎は若すぎだろ。髪の毛あんなに無いはずだぞ。
何故か眼鏡もかけてないしさ。
ミサたんは顔は可愛いけど、何あのガラガラ声w
あとせめて金髪にしろよ。カツラくらい用意できるでしょ。
そしてあり得ないのがレム。
あの人女性ですよ?あの声は無いだろ。
真面目で一途で献身的。顔さえ美少女なら、
嫁にしたいくらい、理想の女性だというのにw
あの野太い声で一気に萎えた。アニメ版のキャスト使えよ。
でも月が「レムは優しい死神なんだよ」と言ってくれたのは
お世辞でも嬉しかった。

あとキャスティングはいいんだが、扱いが酷いキャラね。
何故か自分から偽名をバラすアホにされたナオミ。
大して悪い事してないのに、火口ポジションにされた高田。
Lを殺し損ねるどころか、
月が自白するきっかけを作ってしまったレム。
この辺はマジで可哀相だったw

オリジナルEDもベタ誉めしたけど、原作最大の矛盾である
「ジェバンニが一晩でやってくれました」が、
結局解消されてなかったのは惜しいw
ミサのノートをすり替えるのは、
無理に翌日にしなくても、5日後とかでいいと思うんだが。
まあワタリはジェバンニと違って
明らかな超人描写が(原作で)されてるってのと、
ミサは魅上に比べて相当頭が悪いので
ずさんな偽造でも気付かなかったってことで、
一応納得はできるけどねw

個人的評価としては

完成度:原作>映画>アニメ
ラストの展開:映画>>アニメ>>>>>>>>原作
キャスティング:アニメ>>>映画


ってとこか。
まあでも、全体的にはかなり楽しめた劇場版だったので
久々にデスノ熱が再燃してきてしまった。
第二部(特に終盤)があまり好きじゃないので躊躇してたが
やっぱり原作全巻買おうかしら。
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ポケモンベストウイッシュ 14話感想

今週は「シッポウシティ!博物館で大冒険!!」の回。
OPに出てる全てのポケモンに色がついたのに、
未だ背景は真っ白…何なのこれ?手抜きなの?
BLEACHリスペクトなの?

次のジムがある、シッポウシティにたどり着くサトシ達。
この街は「芸術の街」と呼ばれてるらしい。
え、それアーティの街の間違いじゃないの?

博物館で発生している謎の声や
勝手に動く化石に怯える、アロエの夫・キダチ。
見るからにヘタレって外見だなあw
アロエを「ママ」って呼んでるのも、何か情けない。
つーかアロエは、彼のどこに惹かれて結婚したんだろ…

超常現象の話を聞き「祟りよ!」と断言するアイリスたん。
何気にオカルト系キャラだったのかw 松岡咲子か。
まあ古い伝承とか多そうな田舎出身だから、
そういう発想が出易いのかもね。
対称的に、科学的に解明しようとするデント。
このキャラ付けはイメージに合ってるw

カイリューの化石を見て喜ぶアイリス。
やっぱアイリスたん、ドラゴンポケモンはみんな好きなのか。
クリムガンを見ても、目を輝かせてくれるんだろうかw
てかカイリューってそんな大昔からいるポケモンなのか。
秘宝展では、関係資料を自由に読むことができるという。
でもそんなもん、一般人が読んでも別に面白くないんじゃ…
まず、何書いてあるのかさっぱりわからんだろうし。

博物館に泊まって、超常現象の原因を究明しようとする一同。
「皆さん子どもなのに勇気がありますね」って、
え、デントって20歳前後じゃないの?
さっそく、甲冑が独りでに襲ってくる現象が。
ホラーものといえば、このシチュは外せないよねw
「変な風を感じる」「荒ぶる魂が何かを始めようとしている」
ってアイリスたん、何か厨二病っぽいぞw
男子高校生の日常」か。「今日は風が騒がしいな…」
一方「低周波による振動のせいだ」「放電による発光現象だ」と
あくまで理論的に説明しようとするデント。
お前はぬ~べ~の大月先生か。
人魂を水鉄砲で消し去るミジュマル。
おお、珍しくちゃんと仕事したなw

颯爽とアロエ登場。お、ちゃんとエプロンつけてるな。
海外バージョンの衣装じゃなくて、一安心。
アロエのおかげで、一連の騒動は
マスクを勝手に飾られて怒ったデスマスの仕業だった事が判明。
「サービスでこのマスクも作ってくれたのかなと思って」って
都合いいように解釈しすぎだろキダチw
機嫌を直して去っていくデスマスを見て
「デスマスって結構可愛いヤツだな」と言うサトシ。
そりゃゴーストタイプは、可愛いポケが豊富な事で有名ですから

今回は、アイリスとデントの性格の対比が面白くて、
なかなかの良回だったね。ただ、
ゲストキャラにまで
わさび使わないでくれ。

ポカブだけでも、必死に我慢して観てるってのに…
こいつの声、マジで生理的に無理なんで。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

今週のジャンプ感想-125

内容が薄すぎるので、休載してても気付かない。

・ONE PIECE
尾田は、キャラの瞳に縦線を入れるのが好きだね。
こんなバカの一つ覚えみたいな手法で凄み出ると思ってんの?
それ以前に、キャラデザが小物臭全開なんで
全然強そうに見えないんですけど。
あのゼブラーマンみたいな魚人なんなの?ふざけてんの?
あと、不自然な語尾つけないとキャラ付けできないんですか?
「招待するんじゃもん」って何だよ。失笑しか出ない。
てか「E・S」とか出しちゃって「豪水」涙目なんですけど。
ツメゲリ部隊とは、一体何だったのか。
まあ尾田は、そんなキャラの事なんて忘却の彼方なんだろうね

・トリコ
アニメのキャラデザ、いい感じだなあ。マジ楽しみ。
ゼブラ、自分の領地内ならどこにいても声聞こえるって、
お前は黄泉か。音と気の流れだけを頼りに戦えるのか。
ハニープリズンの刑罰が、容赦なく残酷でいい感じ。
でも食事抜きより、激マズい飯食わされる方が辛いと思うw
それにしても、久々にジャンプの嘘予告に釣られたわ。
先週の予告だとゼブラ登場するはずだったのに、
まさか扉絵にしか出てこないとはw

・バクマン。
「シンジツの教室」の作者・七峰透は
意外な程爽やかな好青年かと思いきや、超問題児だった。
そのまま掲載するわけじゃなくても、
元ネタに使う原稿をアップとかプロとしてあり得ねえだろ…
電話に出なかったのも、絶対わざとだろうし。腹黒すぎ。
「読者の平均年齢が18歳以上なら
尚更下げる努力をするべき」って何だよ…それやった結果が、
鰤やワンピみたいな稚拙なマンガの量産なんですか?
「子ども向け」と「子ども騙し」は違うって、
いつになったら理解するんだか。
「ジャンプに合ってない」って言い分も本当意味わからんな。
デスノートやレベルEが掲載できる時点で、
そんな基準はあって無いようなもんだろ。結局バクマンは、
「ジャンプのリアルな実状を描く」ように見せかけて
「実状とは全然違うんだけど、
綺麗事だけのジャンプの理想像を描く」マンガに過ぎないのか…

・保健室の死神
「縦派」が今回みたいな、本筋に関わるシリアス路線で
「横派」がいつもの1~2話完結のギャグ・人情物って事か。
縦派の話はちゃんと読んだこと無かったので
用語とか伏線とかさっぱりわからんが、
面白くなりそうな気配はするね。
「狂愛」とか「友愛」とかいうのはコードネーム?
それとも能力名?にしても、三途川先生はロリババア可愛い。

・いぬまるだしっ
確かに最近、「ゆるキャラ」っていうより
「キモキャラ」に両足突っ込んでるようなの多いよねw
大石の時事ネタをキャッチする能力は久米田並か?
モエたんの後ろでハァハァする覆面レスラーって、
滅茶苦茶キャラにあってるだろw 何で失格なのw
せまりくる壁に挟まれるトラップって、パロムポロムかよ。

・めだかボックス
怒江ちゃん…!
怒江ちゃん愛してるっ…!

何なのもう…いい子すぎるんだけどこの子…
自分を救ってくれた善吉のみならず、
何考えて利用していたのかもわからない球磨川まで
自らの命も顧みず守ろうとするなんて…
おそらく、生まれて初めて心からの笑顔を見せての
誰かの役に立ってもいいんだあ」に胸が締め付けられた。
マイナスなんてとんでもないよ!天から舞い降りた天使だよ!
善吉からの天然プロポーズに対する、
怒江ちゃんの心境が描かれていないのは惜しいが、
きっとドキドキで心臓が破裂しそうだったに違いないw
しかし「このダメージは私の誇りです」って、躯ですかw
いやー本当神回続きで、めだボどうしちゃったの?って感じ。
フラスコ計画編までと、同じマンガとは思えない。
ただ、相変わらず審判基準が適当でザル過ぎる、
長者原の存在意義だけはわからんけどね。もう帰れお前。

・LIGHT WING
拳じゃなく、平手で殴るのが及川らしいねw
まあ実際、パンチより平手打ちの方が
自分の拳を痛める可能性が低いからいいんだけど
(小学校時代、パンチで指を骨折した者からの経験談)。
ちゃんと11人分、殴ってるのも芸が細かい。
11人ってことは、蘭原さんも入ってるんだよね?
次々に、自分のサッカーを見つけていくイレブン。
この辺の一人一人のドラマも、
打ち切り決まってなければ見られたんだろうなあ…残念。
この痛い二つ名は、何かめだかっぽいけどw
佐治のサッカーは、個性の強すぎるメンバーを
統率するまとめ役になれるって事かな?
このページのトップへ
コンテントヘッダー

天てれ全盛期を振り返る~98年度編~

古き良き時代の天てれを振り返るシリーズの2回目。
今回は無印天てれ最終年・98年度を紹介。

この年から録画と本放送全視聴を始めたので、
個人的になかなか思い入れの深い年。
新司会の山崎リサはまだ慣れてない印象だったが、
戦士目線ではしゃぐ山崎と落ち着いて進行するリサのコンビは
意外にもバランスが良かったのかもしれない。
リサは勿論だけど山崎も意外に優しいところがあり、
戦士達を愛してるのがわかって好感度高かった。
司会辞めてからも、何回もゲスト出演してくれたしね。
実は未だに一番好きな司会者だったりする。
山崎のスベリ芸は、この頃から健在かw

番組としては安定期、悪く言えば停滞期。
海道が行く・卓球一直線など、
地味なコーナーが多かったのが原因か。
そんな中で、TTKダンスプロジェクトは
結構な人気コーナーだったのでは。
リズム感のある奏・才能を感じさせる信子・
素人丸出しのマツケンとメンバーのバランスが良かったw
谷口紗耶香ちゃんと前泊理花ちゃんも、
準レギュラーにしとくには惜しい逸材。
そしてやはり、T-ASADAのカリスマ性抜きには語れない。
LOVEだから?ダンシ~ング!!

長寿コーナー・MTKもこの年から開始。
まだ曲数も歌う人数も少なかったが、その分印象に残る曲ばかり
やはりてれび戦士の歌を聞きたい!と思ってた人は多かったのか
現在まで続く人気コーナーとなる。
てれび戦士のキャラクター性を強調するのに
打ってつけのコーナーだったと思う。ソロ曲は特に。
戦士のアイドル化が始まったのも、MTKが一因か。

アニメ枠は、天てれ最後の名作として名高いアリスSOS。
毎回出題されるパズル的なクイズで視聴者を引き込む。
様々な摩訶不思議ワールドを冒険するというストーリーも
少年少女の心をバッチリキャッチしていた。
キャラ的には、アリスとゆかりが好きだったなあ。
てかあんな可愛いアリス見たことないんだけど。
まさかこれが豊口めぐみのデビュー作だったとは。
あとラスト付近はしっかり盛り上げてくるあたりも流石。
翔野の真相は、何気に心に響く話だった。
サイン・コサイン・Vサイン~!

当時注目してた戦士について。
ジャスミン・アレンはMTKの開始により、一気にブレイク。
歌うことが心から好きなんだなあと、つくづく感じさせた。
カラオケ大会の時も一番生き生きしてたし。
しかし中学生になっても電波発言は相変わらずw

モノマネ大阪少女・おケイ。
いかにも勝ち気な大阪娘といったキャラで、
社長を尻に敷いていた印象が強いw
あすみがまだ猫被っていた(?)ので
この時代の女子戦士最強キャラかも。
この子も歌唱力があり、MTKの恩恵を受けた一人。
しかし得意のモノマネは、思ったより披露してなかった気がw
イベントの時の「りんご~の花びらが~」は良かったけど。

その社長こと、橋田紘緒。
ヘタレキャラがすっかり板についてきた彼だが、
この年の社長を語る上で外せないエピソードといえば
やはり中田あすみへの大胆告白。恋占いをしてもらうため、
好きな子の名前をこっそり耳打ちするはずが
うっかりマイクを切り忘れて全国に暴露w
しかも生放送だったのでカットも不可w
その後、あすみの社長への態度は別に変化せず、
特に仲良くもなく避けることもなくという感じだったが、
実際彼女の心中はどうだったのか…
多分、眼中になかっただけだと思うけどねw

もう一人の大阪娘・田中樹里。
おケイとは対照的に、元気の塊といった感じの子。
とにかく何でも楽しそうにやる。常に笑ってる印象。
だが「海道が行く」でズボンが破けてたのには
流石に驚かされた。放送していいのかそれ。
後年、「MTKクラシック」で再登場した際に
まんま大阪のおばちゃんになってたのには再度驚かされたw

ようやく最年少ではなくなった詩野ちゃん。
水泳特訓で社長を「橋田!」と呼び捨てにしていたのは
二人の仲の良さと社長のポジションが
同時に伺い知れて面白かったw
そしてこの年のイベントから、
おばさん役しかやらせてもらえなくなる。
本人は不満だったようだけど、
仕方無いじゃん、だって似合うんだもんw

斗真らがいなくなり、最年長となったウエンツ瑛士。
この頃からリーダーシップを発揮し始めた印象。
もう一人の中一・ジャスミンがあまりにも自由すぎるので
彼がしっかりせざるを得なかったのかもw
「黄金の耳かき」ではジャスミンの恋人役だったので、
嫉妬し過ぎて一時期嫌いになったこともw
このイベントではキャーキャー言われまくっており、
当時から女子人気は高かった様子w

新人で好きだったのは、やはりダーブロウ有紗ちゃん。
実は年度開始当初は大して注目してなかったのだが、
帽子を取ってからはやたら可愛く見えてきた。
というか後年の志穂もそうだけど、
被り物がマイナスになってる戦士って結構いる気が。
キャラ的にはジャスミンに劣らぬ不思議ちゃんとして、
徐々に存在感を見せ始める。

番組初の6年戦士となった山ちゃんもこの年デビュー。
まだまだ可愛く、みんなの弟といったポジション。
空手をやっていたので素朴でストイックな少年という印象だった
まさかあんなに長く戦士を続けることになるとは、
この時は思いもよらなかったなあ。
今は亡きアンディ・フグとの共演は忘れられない名シーン。

さて、次回はワイド初年度となる99年度。
放送時間を大幅拡大した天てれはどのように変化したのか?
乞うご期待!
このページのトップへ
コンテントヘッダー

天てれ全盛期を振り返る~97年度編~

去年の1月の記事を見たら、天てれの記事をいくつか書いてた。
というかこれ以降、ほとんど天てれについて触れてないので
一年振りに何か書いてみようかなと。

そこで思いついたのが、昔の天てれを年度毎に振り返りつつ
思い出に浸ってみようというこの企画。
勿論、俺が観てた年度のことしか書けないわけだけど。
まず第一弾は、キャイーン司会の2年目となる97年度

俺が初めて天てれを観た記念すべき年なんだけど、
実はこの年は見始めたのが本放送が終わり、
ウルティマXの再放送ばかりになってからなので
正直あんまり書くことがなかったりする。

それでも流石は黄金時代。
戦士一人一人のキャラが立ってる上に
キャイーンも戦士を殺さない程度に程よく目立ってくるため、
ゲームコーナーを観てるだけでも充分楽しめたりする。
この頃からみんなゲームに本気で挑んでいるので、
真剣さが伝わってきて観ててハラハラするんだよね。
ゲストに子どもらしく絡んでくる戦士の姿もいい。
キャイーンのゲスト弄りも面白いし。

当時注目してた戦士について。
ジャスミンは中学に上がる直前。この頃が一番可愛い時期か?
この子って中学時代に一気に背が伸びたんだなあ。
この頃はやたらちっちゃくてビックリする。
純粋なアメリカ人のはずなのに、
余裕で日本に馴染んでるのがジャスミンのいいところ。
日本人顔負けの不思議発言で場を混乱させるのが得意技。
ゲームでは、この子ほど見てて不安になる子はいないw
条件反射クイズで、ジャスミンだけ残った時の絶望感は異常。
得意の歌唱力は、まだあまり発揮する場がなく。
しかし公開イベントなどでその片鱗は見せていた。

神掛かり的な可愛さだった、前田亜季ちゃん。
ぶーちゃんが惚れたのも無理はない。
つーか男子戦士全員に告白されてもおかしくないレベル。
ロボデルQで高得点をマークしておおはしゃぎしたり、
寝る時、必ず左耳を押さえて寝るのが癖なの」と言ったり
言動の可愛らしさにも悶絶させられた。
電脳西遊記では主役を務める。あんな可愛い悟空いねえよ。
イベントではまさかのサボテン役。何という亜季の無駄遣い。
もっとマシな役あっただろ、いくら何でもw

みんなの妹、饗場詩野。2年連続で最年少というポジション。
キャイーンにも可愛がられており、まさにマスコット的存在。
そのちっちゃさも小動物っぽさに拍車をかける。
この頃は周りの強烈なキャラに押され、まだ大人しかった印象。
真価発揮はワイド時代からか。

書くこと無いと言っておきながら、結構長くなってしまったw
次回は山崎リサ政権初年度、98年度を紹介。お楽しみに!
このページのトップへ
このページのトップへ
ブログ内検索
プロフィール

ロマンサー

Author:ロマンサー
趣味:ゲーム、カラオケ、変身
タイプ:ノーマル・どく
嫁一覧:
 ホッピングスイッチ
(仮面ライダーフォーゼ)
 如月(艦これ)
 早乙女レイ
 (遊戯王GX)
 黄瀬やよい
(スマイルプリキュア!)
リエッタ(カルドセプト)
宮崎羽衣(声優)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
人気ブログランキング
最近のトラックバック
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。