コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

2010年ベスト5・アニメ編

さてさて今日は大晦日。
大晦日といえば、浪漫逃避行・毎年恒例行事である、
ロマンサー的アニメランキングの時間ですよー!
良作怪作渦巻く中、2010年のトップに輝くアニメは何か?!
例によって審査対象は、
2010年1月~12月の間に俺が視聴したアニメ。

1.WORKING!!
2.ジュエルペット てぃんくる☆
3.俺の妹がこんなに可愛いわけがない
4.侵略!イカ娘
5.ひだまりスケッチ×☆☆☆


まずは堂々の1位、WORKING。
原作も好きなので放送前から期待が高かったが、
キャラデザ見た瞬間、これはやってくれる予感がした。
そして実際放送が始まると、文句なしの神アニメ。
奇人変人揃いのコミュニティでのドタバタ劇というのは
別段新しいジャンルでもないが、
お約束ネタにもちょっと変化をつけてみたり、
キャラを絡ませる組み合わせをワンパにしなかったりと
視聴者を飽きさせない工夫が随所に見られる。
だがこのアニメの真髄はギャグシーンではなく、
刻々と変化する人間関係と、
不意打ちで訪れる感動シーンにある。
まひるたんの小鳥遊への感情が180度転換する所や
まひる父に小鳥遊がブチ切れるシーンは、
「本当にギャグアニメか?!」と思う程心を撃たれた。
ギャグアニメの皮を被った人間ドラマ」という
評価の方が正しいか。

惜しくも2位に甘んじた、ジュエルペット2期。
ストーリーもいきあたりばったりで、
キャラにも好感が持てなかった1期があったので
2期は観るまでもなくスルーしていたが、
最萌での高評価を目にして視聴開始。
すると、これが噂以上に面白い面白いw
内気で自分に自信がない少女が、
魔法の力を借りて徐々に変わっていくというよくある話だが
やはり丁寧に作られた幼女向けアニメほど面白いものは無い。
1期の反省を生かしてメイン3人をわかり易く可愛い子にし、
キャラの成長描写にも説得力を持たせてるので安心して観れる。
てか、ミリアたんがいるだけで神アニメ確定なんですけどね。
アニオタで自信家で寂しがりやの8歳幼女とか、ドストライクw
ミリアが母の本心に触れる14話は、涙なしには観られない。
てかあかりもそうだけど「家族」が2期の裏テーマなのかも。
1期とSaint Octoberの所為で、スタジオコメットの評価が
俺の中で地に堕ちてたが、2期でやっぱできる子だと思い直した
ただ1期で俺の嫁だった、サフィーたんの口調が
変わっている点はマイナス。ちゃんと「ちゃん」付けで呼べよ!

冬一番の注目作だった、3位の俺妹。
ありがちな兄妹ラブコメと思ったら大間違い。
オタクのリアルな悩み・葛藤を正面から描いて共感を呼ぶ。
未だ嘗て、ここまで深夜アニメ視聴層の
ニーズに合致したアニメがあっただろうか。
単純にベタ甘えしてくる妹ではなく、
実際にいそうな、兄をウザがる妹を描いた上で、
心の奥底では兄を慕っているという魅せ方をすることで
新たな妹モノの可能性を示した功績もデカい。
なんだかんだいって仲のいい、
桐乃×黒猫のCPという百合アニメ的な楽しみ方もできるw
昨今のぬるま湯につかりきったアニメ業界に喝を入れた、
8話の黒猫たんの台詞は、全アニメ製作者に聞いてほしい。
EDをニコ動で公募するという、挑戦的な試みも評価したい。
もっと順位上げてもいいんだが、
桐乃の小説がアニメ化される件が超展開すぎるのと、
最終回で桐乃が心変わりした理由が曖昧だったのでこの位置に。

4位は、ダークホースのイカ娘。
自分は原作も結構好きだったが、アニメ化発表当時は
「こんなマイナー原作アニメ化とか誰得w」と
バカにされていたのが、ここまで一大ブームになるとは。
原作の時点ではそこまで好みじゃなかった主人公のイカ娘が、
声がついて動き出すと尋常じゃない愛らしさw
いつの間にかれもんの面々に馴染み、
親友まで作っちゃってる順応性とちゃっかりした所、
そして超がつく程の構ってちゃんっぷりが可愛すぎ。
ギャグアニメとしても質が高い。
1話3パート構成のためテンポが良い上、
閉鎖コミュニティものとは思えない程シチュエーションも豊富。
ここまで原作の持ち味を100%生かしてもらえると、
原作者も原作ファンも大満足だろう。
俺も早苗のキャスティングが若干微妙な以外、ほぼ不満ゼロ。

5位はこのランキング常連となった、ひだまり3期。
長く固定ファンがついているのは伊達じゃない。
何気ない毎日から生まれる、幸せな日常を見せつつも
高校生ならではの悩みや衝突もしっかり描く。
なずなと乃莉の加入にそれは象徴され、
最初は相性最悪かと思われたこの二人が
少しずつ仲良くなっていく展開はまさに職人芸。
この安定した原作クオリティに、
シャフトブランドが加われば怖いもの無し。
話題を掻っ攫うような目立つアニメではないが、
細く長く愛されていくタイプのアニメだと思う。

正直上位3つは相当僅差で、最後まで悩んだ。
3つともタイプが違うし、一長一短だし。
しかし今年のベスト5に共通する要素は
主人公の好感度が高い」「OPが神」ってとこだよね。
やっぱ一番画面に多く映るキャラが
腹立つような奴だと観る気なくすし
(伊藤誠のように、意図的に作られた悪役はアリ)、
OPはやっぱりアニメの顔だからね。
俺みたいにOP飛ばさず見る人間の場合、
OPが微妙だと観る前からテンションダウン。

この他にもバカテス・はなまる・荒川・れでぃ×ばと!など
良作佳作が多数あり例年に劣らず充実したアニメライフだった。
毎年やってたゲームランキングの方は、
今年新たにやったゲームがバトルロードしかないので割愛!
え、ポケモンBW?そんなゲーム発売されてませんよ?
ポケモンは、HGSSが最終作でしょ?

さて俺の人生の中で、一番といっていい程辛い一年でしたが
アニメのおかげで、何とか最後まで乗り切ることができました。
もし来年もご縁がありましたら、
この痛いブログをご愛顧ください。
それでは皆さん、よいお年を。
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

イッシュ地方探訪記-16

ブラックホワイトとは全く関係ないんだけど、
ついにテレビコトブキのIDくじで、
特等のマスターボールが当たりました!
コトブキくじ特等

パールをプレイし始めてから3年3ヶ月…
この画面を見ることは、一生無いと思っていたのに。
だってID5桁、完全一致だぜ?!
一生分の運を使いきったんじゃないかと心配になるw
3年前の11月、GTSで自分のミルタンクと
ケンタロスを交換してくれたレ○○○○さん、
本当にありがとうございます。
このマスボで、前から欲しかったアグノムでも厳選するかな

ホワイトの方では、新たに2匹の対戦用ポケモンを育成。
といっても、1匹は古代の城で捕まえたウルガモスなんだけどw
孵化要員専門だったんだけど、
シンクロで性格だけは合わせてあったので
試しに努力値振ってランダムに出してみたら結構強い。
特攻135は伊達じゃなく、素でも大文字の破壊力は半端ない。
物理耐久は紙とはいえ、タイプの組み合わせが結構いいので
リザードンと同じ感じで、草・格闘読みで出していける。
そして特殊耐久は舞う前でも相当高く、
サザンドラのなみのりを耐える程なので舞う機会は結構ある。
耐久無振り&特防個体値1なのにすげえなw
グレイシア相手に2回舞った途端、
相手が降参してきた時には吹いたw
ちなみにNNは「バトラ」。これ以外考えられないでしょう。

もう1匹は、IRCでJ○○さんから頂いたゲンガーのくろすけ。
くろすけ1

くろすけ2

おくびょう♂
個体値 31-26~27-16~17-31-22~23-31
努力値 HP4 特攻254 素早さ252

高個体すぎるw
こんな神個体を惜しげなくくれる、J○○さんマジ太っ腹。
意外に技が豊富なので技構成に迷った挙句、
結局シャドボ・10万・気合玉・道連れのテンプレ構成にしてるが
こいつは強い、本当に強い。
ランダムで3タテしたことすらあったからねw
タスキみちづれで、マルチスケイルカイリューも何のその!
今まで苦手だったコジョンドもカモれるぜ!
本当に安定感が凄まじく、最近の先発は大体彼かチラチーノ。
ゴーストタイプではムウマージたんに次ぐ可愛さを誇るので
パーティのマスコットとしての役割も果たせるぜ!

では例によって、この2人が登場するバトルビデオを紹介。
最近知ったんだけど、ビデオは日数で消されるんじゃなくて
1人でアップできる数に制限があって、
6個以上あげると古いのから消されるシステムらしいね。
一定期間で自動削除よりはマシだと思うが、
やっぱりケチ臭さを感じてしまう…
ビッグタイトルなんだから、もっと鯖代くらい奮発しろよ。
何百万本売れてるソフトだと思ってんだ。
せめて、10個まではアップできるようにして欲しい。

チラチーノ・レントラー・ウルガモス
 vsストライク・グライオン・ゾロアーク
ビデオNo.60-47238-63300

空気特性のようで、意外と役立つほのおのからだ。
スイープビンタ読みゴツゴツメットやめてマジやめてw
7~10ターン目は早送り推奨。

ゲンガー・レントラー・ラグラージ
 vsドンファン・エンペルト・ヒヒダルマ
ビデオNo.48-94546-70598

これはゲンガーの見せ場ってより、レントラーの見せ場かw
まさかダルマドライブ耐えるとは思わなかった。
威嚇後とはいえ…本当頼れる奴だなあ。

そしてくろすけは、ノーマルトレインの方でも大活躍。
ドリュウズ・サザンドラが両方格闘に弱いので入れたんだが
控え二人の出番がほとんど回ってこないw
おかげでBPとふしぎなアメを同時に荒稼ぎ…と調子乗ってたら
70連勝目前でブルンゲルの持っていたひかりのこなと
クリムガンののんきのおこうが両方発動
するという
あり得ない事態に遭遇し、事故死。
くそっ、これが噂のタワークオリティってやつか!!
まあ、一気にアメ9個も溜まったからいいけどさ…
肝心のBPが…いのちのたまが遠すぎるぜ…
あ、あとヤタピやらカムラやら使ってくるのはマジやめて。
こっちが絶対に入手できないアイテムを平然と使ってくるとか、
改造使用者と戦ってるのと、何も変わらないから。
条件が公平じゃないっていう意味で。

ところでランダムマッチやってて思ったけど、
何だかんだいって天候パはほとんどいないみたいね
(ほとんど0時以降にしか繋いだことないが)。
ドレディアとキュウコンが両方PTに入ってて、
晴れパ丸出しかよ…と思ったらもらいびだったり。
色違いの♀キュウコンが出てきて、
うっわ…ちょっとは改造隠せよ…と思ったらまたもらいびw
チョロネコをガチで活躍させてくる人とかもいたし、
ホント深夜帯は面白いトレーナー多いわ。

さて、そのキュウコンの話題で持ちきりのPDW。
先日、仕様変更が行われて必要ゆめポイントが半減された。
具体的には、1万Pから行けるはずのかがやく海が
5000から行けるようになってたり、
2万で出現のロコン・ニョロモが1万から出てきたり。
いやこれさ…今まであんまやってなかった人は喜ぶだろうけど
毎日毎日、必死に繋いでた人はどうなるわけ?
俺みたいに、既に仲間にしたポケモンと出会っても
ポイント溜めるため、一切面白くないミニゲームを
我慢してやってた人間の立場は?
フレンドの方々にも協力してもらって、
やっと13000まで漕ぎ着けた所でこの仕打ち。
この無駄な3000ポイントに費やした時間と労力、
そしてすり減らした神経を返してくださいよ。
低ポイントの人の救済をするのは結構だが、
高ポイント取得者はザロクやマトマが貰えるとか、
せめてゆめしまの行き先を選べるとか、
何らかの特典を与えるべきだろ。

てかさ、これからフレンドの家訪問する人激減するだろうけど
すれ違いのお粗末さ・ハイリンクミッションの誰得っぷりといい
本当にプレイヤー同士を交流させる気あんの?
コミュニケーションツールとしての役割が、
赤緑時代から、ポケモン最大の特徴だったはずなんだけど?
まああんしんメールがあんしん通り越して超過保護な時点で、
既にゆめとも(笑)って感じだったけどさ。
何なの?あの「○○のポケモンを捕まえたよ!」だの
「○○の家具を買ったから見にきて!」だの、
小学生どころか幼稚園児向けの定型文は?
PGLって増田によると、大学生向けのコンテンツなんでしょ?
それ以前に、任天堂はネットの掲示板などでの
不特定多数とのコード交換は推奨していないわけだからね。
リアル友人と遊ぶのが前提なのに、
あんな自由度皆無のメールとか何に使えっての?
黒衣のフレンドへの伝言とか、何でも好きなこと書けますよ?

そしてそれ以上に許せないのが、
ひでりキュウコン・あめふらしニョロトノの♀解禁。
今までこの2匹は♂しか確認されておらず、
♀は出ないという説がほぼ確定していた。
それが前述の仕様変更以降、急に♀が出るように。
明らかにランダムマッチで、改造親から生まれた
♀キュウコンが蔓延し過ぎて手に負えなくなったため、
急遽変更したとしか考えられない。
結果的に改造使用者は公式に認められたことになり、
大手を振ってWi-fiを歩けるわけだ。
もうね、マジでいい加減にしろと。
改造親使って楽してた奴らが勝ち組で、
完全作業なミニゲームに耐えてコツコツ2万溜めた上で
シンクロも効かないハイリンクの森で
何百回もリセットしながら厳選してた真っ当なプレイヤーが
泣きを見るとかどういう事だよ。

遺伝技もった♂キュウコンをランダム出場禁止にするどころか、
♀でひでりなだけのキュウコンを弾くことすらしない。
ペラップだのフリーフォールだのどうでもいいの禁止にする前に
やるべきことがあるだろうが。
公式に問い合わせたら「ゲーム内容にはお答えできません」
の一点張り。こんだけ大騒ぎになってるってのに。
で、収拾つかなくなったらこっそり♀を追加して
さも「前から普通に出ましたけど?」みたいな顔で知らんぷり。
自分達の非は絶対に認めず、誠意ある対応も見せず、
失態を闇に葬って終わらせたつもり。
ミスしたらごめんなさいだよねえ?小学生だって知ってるよ?
クズと腐った大人の集まりですか、ゲームフリークは?

もういい。もうまっぴらだ。
終われ。
ポケモンブームなど、
今すぐ終わってくれ。

こんな目先の利益と体裁を取り繕うことしか考えず、
消費者を札束としか見ておらず、
ユーザーのニーズに応えるどころか
手抜き全開の自己満要素を詰め込んだ糞ゲーしか作れない会社が
小さい子にも安心して買い与えられる、
信頼のブランドみたいな顔してゲーム業界を闊歩し、
出すだけで内容関係なくミリオンヒットとか吐き気がしてくる。
子どもが安心して遊べるどころか、
大人の汚い部分をこれでもかってくらい詰め込んだソフトだよ。
この前配信されたなぞのタマゴ(笑)とやらも、
その辺で捕まえられるどうでもいいイッシュポケだったし、
株ポケもゲーフリも、ユーザー楽しませる気ゼロだろ。
強力なポケモン欲しかったら金払ってください^^
改造も切断もご勝手にどうぞ^^
我々には一切責任ないですから^^ ってことだろ。
こんな糞メーカー見たことないわ。

聖剣伝説DSやキモかわE!をプレイした時も
その糞ゲーっぷりにはイライラさせられたけど、
ここまで製作会社に本気で嫌悪感を抱き、
カートリッジを叩き割りたくなったゲームは初めて。

もう取り返しのつかない不祥事でも起こして、
株ポケもゲーフリも、業界から永久追放されてくれよ。
ポケモンの新作なんか、永遠に出さなくていいよ。
俺は一生、神ゲーの第4世代をプレイし続けるからさ。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

メズール様追悼。

好評放送中の「仮面ライダーオーズ」ですが、
今日の放送をもって、ついに完結しました。
え、まだ16話しかやってないだろって?
メインヒロインが死んだんだから、実質的に最終回だろ。
メインヒロイン?勿論メズール様のことですが何か?

カザリにほとんどのメダルを抜き取られ、満身創痍のメズール。
さらにウヴァにまで最後のコアメダルを狙われ、
変身すらできない体で必死に逃げ回っていた所へ、
大量のメダルを注入されたガメルと再会。
ガメルと一体化することで一時は復活するも
真木の手により巨大な化物に変貌させられ、
最期は仮面ライダーバースにトドメを刺される…

メズールを映司が助け、ガメルがクスクシエに来たのを見て
「仲間入りフラグか?!」と思ったのもつかの間、
まさかこんな序盤で完全退場してしまうとは…
仲間に次々に裏切られてボロボロになったあげく、
最期はポッと出の新キャラの噛ませにされて死亡とか
可哀相すぎるだろ!扱い酷すぎるぞ!
貴重な紅一点怪人なんだから、もっと大事にして欲しかった。
せめて霧彦みたいに、いい感じの退場シーンをあげてよ…
意思のないデカい化物になったまま、
爆殺されておしまいって…

「彼女が何悪いことしたんだよ!」とは口が裂けても言えない。
メズールたんだって、仮にも悪の幹部の一人であり
多くの人の体も心も傷つけてきた。
だがグリードは人が創り出した存在であり
映司も言っていたように、メダルが無ければ存在すら保てない、
どこか可哀相な生き物でもある。
メズールたんもアンク同様、
ただ純粋に、完全な存在になりたかっただけ。
それに彼女自身、意外と仲間思いな所もあり
ガメルに対する態度には愛情さえ感じられ、
敵ながら憎みきれないキャラだった。

というか、自分がここまで彼女を好きだったとは思わなかった。
「メズール様に踏まれたい」とか、半分ネタで言ってたが
いざいなくなると、喪失感がものすごい。
一見ドSな女王様キャラかと思いきや、
仲間のイザコザを諌める冷静さ・リーダーシップも併せ持つ。
何より怪人態の時の妖艶な雰囲気と、
人間態の幼い姿とのギャップが素晴らしかった。
最近のライダーの女性レギュラーでは、
電王のコハナ以来のお気に入りキャラだった。
もう彼女に会えないかと思うと、
この番組を見るモチベーションが7割減。

でも最期の台詞「あなたが全部欲しいのよ!」は、
すごくエロかったね。そしてすごく可愛かった。
メズールたんはガメルのことを
「グリードの癖に欲が無い」なんて言ってたけど、
実際は「メズールに誉められたい」
「メズールのために何かしたい」っていう、
立派な欲望を持っていたよね。
あの世でガメルとお幸せに、メズールたん。

それにしても、本当面白いねこの番組。
1話の時点では否定的な記事書いちゃったけど、
重い過去が明かされるにつれ、映司のキャラがどんどん立ち、
好感度の高い主人公になりつつある。
10話で真木にパンチを寸止めした所とか、
最高にスカッとしたしカッコ良かった!
過去のトラウマから「目の前で危機に晒されてる人は
絶対に助けなきゃいけない」という、
ある種の脅迫観念のようなものを背負わされ、
明るいキャラの中にも悲壮感が見え隠れするのもいい。
アンクは序盤からかなり好きだったけど、
比奈ちゃんや店長にイジられまくってヘタレ化しつつも、
決める所はしっかり決めるというか
モモタロスと違ってあくまで『悪の怪人』という事を
随所に見せてくるあたり、かなりの良キャラ
(モモが嫌いなわけではない、念のため)。
互いに敵意剥き出しの比奈ちゃんとの関係が、
今後どう変化していくかも見所。
オーズ・鴻上ファウンデーション・グリードによる
三つ巴のメダル争奪戦も、各陣営にカザリや真木といった
腹に一物ありそうな連中が潜んでるため、
先が読めずにwktkさせられる。
メズールたん死亡によりかなりテンションは下がったが、
まだまだ最終話まで見続ける気は残ってる。

しっかし、真木は本当ムカつくなー。
メズールたんが死んだのって、結局こいつの所為だからね。
映司も後藤も、こいつにはかなり反感持ってるみたいだから
その内二人で協力して、こいつに一泡吹かせてほしい。

そういや、メズール役の未来穂香ちゃん(通称ほののん)。
大人っぽく見えたけど、まだ13歳なんだよね。
齢の割には、堂々とした存在感のある演技するし、
これからもチェックしていきたい女優さんになりそう。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

最期の挨拶。

明日はクリスマスイヴ。
昔の記事で書いた通り、俺はクリスマス大好きなんですが
流石に、今年のクリスマスは楽しめそうにありません。
理由は、家庭環境があり得ないほど凄惨な状態になってる事。
詳細は「毒舌日記」のカテゴリーを見てもらうとわかりますが
ここに書いたような状況がさらに加速し、
母親は一日も休まずに発狂し続けるわ、
糞姉は金よこさないなら縁切るとか言ってくるわ、
糞姉の彼氏は俺や爺さんに上から目線で説教かましてくるわ、
婆さんは心労でぶっ倒れるわで、もうメチャクチャ。

俺もいい加減、精神的にも肉体的にも限界で
来年も今まで通り、こうやって元気に
PCの前に座ってられる保証が全くありません。
なので、今の内にこれまでお世話になった方々に、
お礼を述べておこうと思います。

まず、何といっても黒衣IRCの方々。
右も左もわからずIRCにやってきた自分を
初日から快く迎えてくださり、
黒衣のテクニックからIRCブラウザの使い方まで
手取り足取り教えてくださった事は本当に感謝しています。
雲の上の存在だと思っていた
トッププレイヤーの方々と交流できた、夢のような時間でした。
他にもポケモン、いたスト、カルドセプト、天鳳…
空気読めない発言も少なくない自分と、
多くのゲームで一緒に遊んでくださったこと。
一生忘れられない、大切な思い出です。
本当にありがとうございました。

次に、IRCメンバー以外の黒衣プレイヤーの方々。
ロクにコンボもできない格ゲー初心者の自分と
迷いなくライバル登録してくださっただけでなく、
何十戦タイマンを繰り返しても、
体力ゲージを半分も減らせず負けてしまう自分と
飽きもせず戦ってくださったこと。
涙が出るほど嬉しかったです。
○○○○○○○○さんに白帝剣が偶然決まり、
一度だけ勝ってしまった日のことは鮮明に覚えています。
このゲームを6500戦も続けられたのは、
間違いなくあなた方のおかげです。ありがとうございました

そして、浪漫逃避行と相互リンクしてくださった方々。
他のサイトからのコピペ記事で更新数を稼いだり、
何週遅れだよっていう感じのアニメ感想を書いたり、
ネガティブ全開の日記を連発したりするこのブログと
リンクしてくださる方がいるとは思ってもみませんでした。
皆さんのブログを巡回するのが、
一日の終わりのささやかな楽しみであり、
また皆さんの充実した記事を見て、自分も負けてられない!と
更新のモチベーションが上がったりもしていました。
2年以上もブログを続ける原動力となってくださり、
本当にありがとうございました。

最後に、このブログに足を運んでくださった方々。
IRCの方くらいしか見てないだろうな~と思っていたので
アクセスカウンターをつけた時はビックリしましたw
見てくださってる方が意外といる事がわかって以来、
更新意欲が飛躍的にあがりました。
コメントをくださった方もそうでない方も、
こんな内容の薄い自己満ブログを見てくださって
本当にありがとうございました。

「ネットが普及した事で、人間関係が希薄になった」なんて
よくもっともらしい事を言う人がいますが、
俺は全くそうは思いません。
ネットデビューしてからの5年間、
数え切れない人との出会いがありました。
勿論、楽しいことばかりではありませんでしたが、
辛い時や落ち込んだ時、支えになってくれた人も沢山いました。
掲示板で見た、通りすがりの人の何気ない書き込みに
涙を流したことさえありました。
名前も顔もわからず、一生会うことも無いであろう人達。
しかし顔が見えないからこそ本音が言い合え、
リアルで会う人々とはまた違った、
濃密な人間関係を築くことができるのだと考えます。

少なくとも自分は、この先何があろうとも
そういった方々との触れ合いを忘れることはないでしょう。

まあこんな事書いて、来年からも何事もなかったかのように
今まで以上の頻度で大量更新しまくってたら
「構ってちゃんうぜえええええ」「誘い受けキモい」
「後釣り宣言マダー?」などと、
遠慮なくコメント欄を炎上させちゃってくださいねw
このページのトップへ
コンテントヘッダー

akinator-その4

あの自分の嫁キャラを当ててくれるというサービス、
akinator」が日本語対応したという情報を
遅ればせながらキャッチしたので、約2年振りにプレイしてみた

一発的中
桜あかり(ジュエルペットてぃんくる☆)
ミリア・マリーゴールド・マッケンジー(〃)
山吹祈里(フレッシュプリキュア!)
来海えりか(ハートキャッチプリキュア!)
伊波まひる(WORKING!!)、種島ぽぷら(〃)
なずな(ひだまりスケッチ×☆☆☆)
梅ノ森千世(迷い猫オーバーラン!)
杏(はなまる幼稚園)、小梅(〃)
丸井ひとは(みつどもえ)、吉岡ゆき(〃)、伊藤詩織(〃)
黒猫(俺の妹がこんなに可愛いわけがない)
ぷらぐ(ファイト一発!充電ちゃん)
柊まいん(クッキンアイドル アイ!マイ!まいん)
江迎怒江(めだかボックス)、人吉瞳(〃)
たまこ先生(いぬまるだしっ)、早乙女浪漫(SKET DANCE)
天野咲妃/代理(かなめも)、リン・シャオユウ(鉄拳)
ミカン(ポケットモンスター)、スモモ(〃)
シャルロット(聖剣伝説3)、小石川小羽(ピリオド)
ファニー(ALICEぱれーど~二人のアリスと不思議の乙女たち)

数回のリトライ/more questionの末に的中
霧谷希(迷い猫オーバーラン!)、中町かな(かなめも)
長月早苗(侵略!イカ娘)、フレデリカ(バハムートラグーン)
リコッテ(Ricotte~アルペンブルの歌姫~)
加賀宮鈴(ピリオド)

的中せず
すずめちゃん(いぬまるだしっ)
貝塚ひろ子(なるたる)、マリコ(エルフェンリート)
椎名柚純(初恋)、九条理紗(CARNIVAL)
シルフィ・クラウド(Princess Holiday~転がるりんご亭千夜一夜)
レティシア・ラ・ミュウ・シンフォニア(〃)
渡部ななこ(ごきんじょ冒険隊)

41キャラ中、33キャラが的中。
的中率80%超と、日本語バージョンになっても
相変わらずのエスパーっぷりを誇るランプのおっさん。
どうやら英語バージョンとは、
キャラ情報が別個に管理されているという話だが
それにしてはむしろ、以前より精度あがってないか?
エロゲキャラとか、前はほとんど入ってなかった気が。
まあ日本語対応したのが7月頃らしいから、
それから大勢の有志が、データを追加してったんだろう。
的中しなかった場合、入っているデータの中から
正解キャラの名前を選んで教えてやったり、
データの中に無かった場合は
画像つきでキャラ名を追加したりする事も可能になったので
かなり更新の敷居は下がった感じもするしね。

それにしても、
ついにRUNEキャラが追加されたのは嬉し過ぎる!
リコッテたんは、俺のオタ人生の中でも、
十指に入るほどの神キャラですからね。
黒猫たんや怒江ちゃんといった、
最近のキャラも続々追加されていってるみたいだが
たまこ先生がいて、すずめちゃんがいないのはどういう事だw
このページのトップへ
このページのトップへ
ブログ内検索
プロフィール

ロマンサー

Author:ロマンサー
趣味:ゲーム、カラオケ、変身
タイプ:ノーマル・どく
嫁一覧:
 ホッピングスイッチ
(仮面ライダーフォーゼ)
 如月(艦これ)
 早乙女レイ
 (遊戯王GX)
 黄瀬やよい
(スマイルプリキュア!)
リエッタ(カルドセプト)
宮崎羽衣(声優)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
人気ブログランキング
最近のトラックバック
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。