コンテントヘッダー

生まれた意味がわからない

昨日は我が家の恒例行事の日だった。
何かって?勿論、うちの母親と糞ジジイによる
今にも掴みかからんばかりの大喧嘩ですよ。
原因は、姉貴が親の金で派手に無駄遣いしていることらしい。

あのね、もう何なのあのアマは?
どんだけ家庭崩壊させたら気が済むの?
お前は好き放題やったらすぐアパートに帰ればいいだろうけど
実家暮らしの俺は毎度毎度大変なんだよ?
マジで何のために生きてんのお前?
人に迷惑かけるためだけに生きてるの?
お前今まで生きてきての31年間、
一つでも家族のためになることしたことあったか?
泣かせたり怒らせたりは数え切れないくらいしてくれたけど、
喜ばせることなんて何一つしてないよね?
つーか何で家出てった癖に未だに親のスネかじってんの?
家族の世話なんかゴメンだし家にはいたくないけど、
親の援助は欲しい。無くなるまでスネをしゃぶり尽くしたい。
そんな都合良い話が、どこの世界で通用するんだよ。
うちの連中は、揃いも揃ってあのアマを甘やかしすぎだから。

そして母親とジジイも意味がわからない。
そういうことは姉貴に直接言えよ。
本人のいない所で、第三者が口論してどうすんだ。
ただ家の雰囲気悪くなるだけで、誰も得しないだろ。
本当、隣の家まで聞こえてんじゃないかってくらいの
怒鳴りあい、罵りあいだった。
母親が珍しく発狂も号泣もしなかったのは奇跡に近い。

はあ…俺って何でこの世に生まれてきたんだろ。
こんな何一つ楽しいことの無い人生なら、
生まれてきたくなんかなかったよ。
誰も産んでくれなんて頼んでないしね。
幸せって何?生まれてこの方20数年、
そんな感情、一度も味わったことないんだけど。
どう考えても、物語の中にしか存在しない概念だよね?
いつか経験できるんじゃないかと
信じて生きてきたけど無駄だった。
実際は性格破綻者に囲まれて毎日のように苦痛を味わい、
絶望感と憎悪の感情が膨れ上がっていくだけ。
本当にゴミのような人生だよ。
通り魔でも強盗でも大量殺人鬼でも誰でもいいから
今すぐ俺を殺しに来てくれ。
この終わらない地獄から俺を解放してくれ。

もう、グランバニアに閉じこもって
一生現実世界になんか帰ってきたくないよ。
ビアンカ、デューヤ、ルーヤ、スラリン、ドラきち、ダニー、
ボロンゴ、ジュエル、メッキー、ベホズン、ロビン、シーザー。
君達だけが俺の本当の家族だよ。
現実世界には家族なんていないよ。
あんな奴らは家族でも何でも無いよ。
ただ偶然名字が同じなだけの人間だよ。
何の絆も無いよ。愛情の欠片も無いよ。
ビアンカ、デューヤ、ルーヤ、愛してるよ。
ずっと4人で一緒に暮らしていこうね。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

今週のポケモンアニメ-95

今週は「決着ライバル対決!ヒカリvsノゾミ!」の回。

いよいよグランドフェスティバル決勝戦が開始。
ヒカリはポッチャマとトゲキッス、
ノゾミはニャルマーとエルレイドで勝負を賭ける。
うーん、この組み合わせか…ポッチャマはまあ当確として
できれば決勝戦ではミミロル・パチリス・マンムーの中から
選んで欲しかったなあ。長く連れ添ったポケモンの方が
視聴者的にも愛着が強いからね。
でもポチャとキッスは仲いいみたいだからまあこれもアリか?
てかノゾミのキルリアって♀じゃなかったのか…若干ショック。
しかしニャルマーを最後まで進化させなかったのはわかってる。
ブニャットはノゾミのイメージに全然合わないからね。

アヤコママも応援に駆けつける。
つーか着くの早すぎじゃないかw
準決勝まで、フタバタウンのTVで観てたのに。
サルビア王女やスズナも応援してくれてるのは嬉しいな。
特にサルビアは、決勝でキッスが出てきたことで
さぞ喜んでるだろう。

ポチャのハイドロポンプを猫騙しで封じるニャルマー。
え、アニメの猫騙しって登場直後じゃなくても使えるの?
デメリットの無い先制+怯み技とかチート過ぎるだろ…
ヒカリも連携技を駆使して追い上げるも、
序盤の差が大きくノゾミ優勢で試合は展開していく。
単発で神秘の守り出しただけとか、
相手の背に飛び乗っただけでゲージ奪えるのは本当わからんw
一回明確な判定基準を提示してくれ。
しかしその神秘の守りが10万ボルトの追加効果を防ぎ、
意外な所で役に立つ。いやそれよりも
1割の追加効果が発動したことの方がビックリだわ。

ハイドロポンプで、キッスの背に乗ったニャルマーを
撃ち落とすポチャ。命中率の低いハイドロポンプを、
味方に当たる危険性のある状況で使うとか勇者だな。
まあそれだけ狙いに自信があるんだろうけど。
ポチャの決め技・渦潮を尻尾で受け止めるニャルマー。
もうこいつは尻尾が本体といってもいいくらいだなw
手足よりよっぽど役に立ってるぞ。

最後はゴッドバード+つつくの飛行技コンボで攻めるが
あと一歩及ばずヒカリの敗北。
あちゃー、ヒカリ負けちゃったか…
ヒカリのテーマが流れ出したから勝利フラグかと思ったんだが。
敗因はやっぱポケモンの選出を誤ったことじゃないだろうか。
フレイムアイスや氷のシャンデリアのような
派手な連携技を持ってなかったし、
キッスと会ってまだ日が浅いことで
ヒカリとのコンビネーションがいまいち練れてなかった気が。

だがヒカリは全力を出し切ったことで満足した表情。
サトシ達やママにも誉めてもらい、
これからもさらなる飛躍を目指し頑張っていくことを決意。
てか優勝者以外はトップコーディネーターって呼ばれないの?
ヒカリも準優勝したんだから、
充分トップクラスの実力を持ってると思うんだが。
ノゾミとも全く気まずくなること無く、
再会を誓い合っての爽やかな別れ。
この二人はこれからもライバル兼親友として、
いい関係のまま高めあっていくんだろうなあ。

ヒカリ優勝すると思ってから意外な幕切れだったけど、
グラフェス初出場+たった10歳で優勝しちゃうのは
ちょっとご都合過ぎるからこれはこれで良かったか。
優勝しちゃうとそこで完結しちゃって、
成長が止まっちゃう可能性もあるし。
ヒカリまだ若いから、これからまだまだ伸びしろあるだろうしね
ただ決勝戦にしてはちょっと地味な戦いだったかなあ。
終始ノゾミが押してた感じで、
ドラマチックな展開とか無かったからなあ。
ウララ戦とかの方がずっと見応えあったぞ。
グラフェス編全体としても、尺が足りてなかったのは不満点。
たった4話で終わりってのは短すぎだろと…
もっと試合前後の各キャラの心情とか、
ガッツリ踏み込んで描写して欲しかった。
まあ結局何が言いたいかというと
ムサリーナの扱い適当すぎ
ってことなんですけどね。いい加減しつこいって?
いやいや、これはポケモンアニメが続く限り言い続けますよ。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

今週のジャンプ感想-97

ワンピ休載。

・トリコ
連載100回記念巻頭カラー。
トリコの家が消えたのって、テリーが食ったからじゃないのかw
やたら成長してたし、絶対そうだと思うw
つーかオブザウルスはもういいよw
何でレギュラー扱いなんだ。しまぶーのお気に入りなのか。
リンが久々に出てきてくれて嬉しかった。
ちゃんとこの子も招待するとかトリコ優しいな。
そしてココのアヘ顔を出さなかったのは女性ファンへの配慮?

・BLEACH
空座町住人で、たつきと啓吾だけ目覚めてるのは
霊感が強いからなのか?たつきはわかるが啓吾もそうなの?
「断絶した空間を幾重にも重なった時間の激流が
取り囲んだ空間」って…一護わかってないみたいだったけど
読者も全くわかってない。そして作者も絶対わかってない。
何なの?難しそうなそれっぽい単語並べて
カッコ良く見せたいだけなの?
てか「外で一年過ぎる間に断界では二千年が過ぎる」って
完全に精神と時の部屋だな…

・SKET DANCE
安形はシスコンだったのか…
普段あんなに飄々とした感じなのに、
妹のこと話す時だけ人格変わりすぎだろw
サーヤ、「猫みたいなアーモンド型の目」って
ボッスンって別に猫目じゃない気がするんだが。
しかしこの作者って勘違いネタ多いよな。
アンジャッシュのコントとか好きだったりするんだろうか。
まあアンジャッシュのに比べて全然笑えないけどさ。

・バクマン。
煽りの「どこからどう見ても主人公!」って…
いくら本編の描写が説得力ないからって、
煽りで無理矢理持ち上げるとか痛々しいぞ。
中井さん久々に出てきたが酷い状態だな…
一応働いてるみたいだが、佇まいが完全にニートだぞw
でもこうして出してもらえるってことは、
復活イベントも考えてあるのか?
新アシスタント達のマンガ議論は面白かった。
俺は基本的には森屋に同意だなあ。
勿論独りよがりなものを好き勝手に描いていいとは
思わないけどね。読者のニーズにも耳を傾けつつ、
自分のポリシーをしっかり持って描いていくのが理想。
最高達みたいに、描きたいものが何も無いのは論外。
あとマンガを芸術だ文化だと言っちゃうのはちょっとなあ。
そんな高尚なもんじゃないと思うんだが。
あくまでエンターテイメントだという事を忘れないで欲しい。
しかし白鳥、初対面でしかも年上の相手を
「あんた」呼ばわりするのはどうかとw
最高達の新連載のタイトル・主人公名もついに決定。
ダ、ダサ過ぎる…
「道本真」「徳長実」って全然インパクト無いぞ。
時間かけて考えた結果がそれかよ。
「PCP」ってのも何のマンガがさっぱりわからんし、
明らかに「完全犯罪クラブ」の方がマシだったろ。
本当この二人ってセンスゼロなんだな。

・めだかボックス
「あんな取り返しのつかない闇を押し付けようとしたのか!」
っていやいや…お前が勝手に奪おうとしただけだろ…
言い掛かりもいい加減にしろと。
めだかとの実力差を感じるや否やあっさり謝るし、
もう王土初登場時のカリスマ性は微塵も無いな。
こんな一切盛り上がらないラスボス戦とか前代未聞なんだが。
キャラの軸はブレまくりだし、ストーリーテリング能力もゼロ。
何でこんな奴を原作者にしたの?バカなの?
そしてついに現れる球磨川。何この爽やか好青年w
回想時のイメージと違いすぎるんだが。
つーかここに来て新展開とかもういいよ…
本当終わってくれこのマンガ…

・いぬまるだしっ
ジャンプマンガにコロコロ愛読者を出すなw
幼稚園児がターゲットになる老人とか嫌すぎるだろw
まあすずめちゃん可愛いから気持ちはわかるが。
おマセな子かと思いきや、意外と同年代の男子に興味あるのな。
中学生くらいまでの女の子って、
年上に憧れる子が多いイメージがあるが。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

今月のジャンプSQ-6

アニメ版迷い猫の最終回記念キャストインタビューで、
みんなアニメをベタ誉めしてるのがすごく薄ら寒い…
全力で宣伝し、キャストも盛り上がってる感を無理に出してるが
実際観た人からはフルボッコ。
ここまでファンとスタッフの温度差が激しいと悲しくなってくる
つーかキャストのコメントも
「ハートフルなラストだった」とか皆同じような事言ってるし
ああ…社交辞令なんだろうなあ…ってのが露骨に伝わってくるw

・貧乏神が!(Round32)
神燃展開。
自分の生きる意味を失って廃人状態になった主人公を救うため
仲間達が結集して強大で外道な敵に立ち向かう。
王道だが、わかり易くて最高に盛り上がる展開だ。
流石作者が少年マンガ・特撮好きなだけあって
燃えポイントをバッチリ押さえてくるな。
「一部の読者から百合マンガ扱いされてる」ってマジかよw
まあ確かに少年マンガの癖にメインキャラが女子ばっかだし、
市子と嵐丸はそういう見方もできそうだが…
嵐丸×市子とか紅葉×市子の同人誌があったりすんのかね。
紅葉の頭の「貧」の字についに突っ込んだ石蕗に吹いたw
多分他のクラスメイトも、敢えて触れないでいたんだと思うw
あと美香ちゃんと龍汰の変貌っぷりが酷い。
美香ちゃん小林幸子かよw
ピザデブ龍汰に至っては、もはや全く面影残ってないし。
そして忍は前々からその気はあると思ってたが、
ここまで救いようの無いロリコンだったとはなw
撫子にも「クビにする」とか言われてるしもうダメだこいつw
てか撫子の両親、また性懲りもなく
娘に無理矢理見合いさせようとしてんのか…
市子に散々説教されたのに全然応えてないのな。
しかし作者本当ワンピース好きだなw どん!って書くなよw

・迷い猫オーバーラン!
希の過去が、ついに少しずつ明かされてくる回。
同年代の友達がいなかった上に、
自分を「研究対象」としか見ない大人に囲まれて育ったから
これだけ感情を出さない(出せない)子になっちゃったのね。
そんな希が、ここぞという時にだけ見せる涙は
まさに嘘偽り無い感情の吐露。
それだけ文乃達を大切に想っているという証。
てか矢吹神、どんどん表情描くスキル上がってるなあ…
希の泣き顔は勿論、それを見て慌てる千世たんの顔とか
心情の変化が的確に伝わってくるすごくいい表情だった。
ブルマとスパッツを同時に穿いた希がシュールすぎるw
究極の二大エロアイテムのコラボレーションなのに、
全くエロさを感じないのが逆にすごい。
一方、お尻を突き出して「私のお尻、一つしかない…」
と言う希には半端ないエロスを感じたw
「やめて!私のお尻のために争わないで!」
って事ですね、わかります。
パジャマからパンツがはみ出してるのも素晴らしく性的。
こういうマニアックな需要にも応えてくれる矢吹神マジ最高。
そして春菜・お静ちゃん・美柑・ルン・キョーコが登場し
過去最高のToLOVEるキャラ祭り。いいぞもっとやれ。
できればそろそろ、黒猫キャラもゲスト出演をですね…

・ギャグマンガ日和
そこまで臭い部屋で、何故今まで普通に生活できてたんだw
つーか息子に容赦なく「臭い」って言う母親とか結構酷いぞw
「紅白が始まる頃には寝ちゃう」って早すぎだろ!
今時、小学生でももうちょっと起きてるぞ。
好きな女の子の好みのタイプを聞く時に
「友達に頼まれたんだけど」ってベタだけど下手な言い訳すぎ…
そんな聞き方したら、どんな鈍感な子でも好意に気付くだろ。
しかし「布団くさお」ってセンス無いあだ名だな…

・Dr.るっる
おるてぃたんテラカワユスw 正直狙い過ぎな気もするが、
こういう媚び媚びなキャラは大好きだぜ!万年発情娘最高!
勿論準レギュラー化しますよね!
しかしあらすじが簡潔で全くウザくないのはいいな。
SKETも少しは見習ってほしい。
てか麻心製薬ってどういう組織だっけ…
全然出てこない設定だから既に忘却の彼方だ。

・カッコカワイイ宣言!
最近注目してるマンガ。正直画力は最低クラスだが、
毎回誰も思いつかないような
オリジナリティ溢れるギャグを出してくるのが凄い。
特に今回の、理不尽に加奈子が怒られる話は爆笑したw
打ちひしがれて○| ̄|_ ←こんな風になってるキャラに
マジレスしてる奴初めて見たw
マンガのお約束となっている記号的な表現に
敢えて突っ込みを入れるとか斬新すぎるw
目の付け所が非常に面白い。今後に期待大の新人。

・シルバー・ニア・ファミリー
「いぬまるだしっ」の大石浩二の新作読切。
ちょっとオチが弱いというかまとまりが無かったが、
それ以外はいつもの大石節が満載でかなり笑えた。
爺さんが股間を攻撃されて
「ここはとうの昔に役目を果たしておる」とか
そういう小学生がわからない下ネタはやめれw
「SQは乳首OKだから」とかまた内部事情挟んでくるしw
つーか大石、Vジャンでも連載持ってるし赤丸でも常連だし
最近本当引っ張りだこだな。
ジャンプの裏の顔と言っても差し支えない。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

今週のポケモンアニメ-94

今週は「セミファイナル!決勝へ進むのは!?」の回。

セミファイナルに進出し、大歓声を受けるムサリーナ。
当初はネタキャラとしてしか見られていなかった存在が
ここまでのし上がってくるとか胸が熱くなるな…
ムサリーナバッジはマニアに完売らしい。
マニア言うな!一応上位進出者で唯一の成人女性なんだぞ!
そういう需要もあるかもしれないだろ!!
てかもう準決勝とか、展開早いな。
まあ名無しのモブコーディネーターとの対戦を
長々と見せられても困るけどさ。

「キュートなポケモンとの息もピッタリ」と紹介されるヒカリ。
マンムーも勿論キュートなんですよね、わかります。
アヤコママの事も言及されてたが、
やっぱ有名コーディネーターの娘ってのも
注目されてる一因なのかね?勿論実力もあるだろうけど。
準決勝前夜、ナオシのハープを聴きに来るヒカリとノゾミ。
勝負の前なのに、ギスギスしてないのはいいね。

セミファイナル第1試合・ノゾミvsナオシ開始。
ノゾミはリーフィアとムウマージ、
ナオシはミミロップとコロトックを繰り出す。
「草でも虫でも、音楽技を使うポケモンでもないぞ!」
っていやいや、コロトックは純粋虫タイプだし
歌うも滅びの歌も覚えるんですが…
タケシの解説ってたまに適当だよなあ。

コロトックの演奏に合わせて舞うミミロップ。
やっぱミミロップたんの脚はエロいなあ。
吹雪でムウマージ達の影分身を消し去るミミロップ。
ヒカリのミミロルも冷凍B使ってたし、
ミミロル系統に氷技覚えさせるの流行ってるの?
ノゾミはムウマージのおまじないで、コロトックの歌うに対抗。
神秘の守りとかならわかるが、
急所を防ぐ技で眠りを防御ってよくわからんな。
まあカウンターシールドの例もあるし、
アニメでは衝撃波やオーラを当てることで
催眠技を相殺できるってことなのかね。
最後はサイコウェーブ+燕返しで
リーフィアに光の翼を纏わせたノゾミがギリギリの勝利。
やっぱ準決勝まで来るとコンボ技は必須みたいね。
廊下でヒカリとすれ違い、
「あんたの番だよ!」「ファイナルで待ってて!」
という感じで視線を合わせるノゾミ。
目と目で通じ合えるライバルっていいよね。

セミファイナル第2試合は、ヒカリvsムサリーナ。
結果はヒカリの勝ち…ってえ?!これで終わり?!!
あっさりし過ぎだろいくら何でも…
「あたしに勝ったんだから絶対優勝しなさいよ!」と
ヒカリに激励の言葉をかけて去っていくムサリーナ。
ヒカリに近づいていった時点で、何言うかわかったわw
負けず嫌いなキャラが言うお決まりの台詞だからなあ。

はっきり言って
DP史上最低の回だった。
流石にムサリーナの扱い酷すぎるだろ…
負けるのは予定調和だから文句無いが、
もうちょっとマシなやり方あっただろう。
双方ロクな連携技も出すことなく、
放送時間にして僅か1分の戦いでヒカリに惨敗という適当さ。
ヒカリの一番のライバル・ノゾミの戦いに尺を使うのはいいが
だったら第1試合で1話、第2でもう1話使うだろ普通。
さらに大接戦だった第1試合に比べ結構ゲージ差がついた勝負で
ヒカリとの圧倒的な実力差が浮き彫りになっただけ。
今までムサリーナが卑怯な手ばっかり使ってきたとか、
運だけで勝ち抜いてきたとかならこの展開も仕方無い。
だけど実際は全然そうじゃなく、陰で必死に努力したり
新しいスタイルを模索したりする様子が描かれてきたはず。
それなのに最後の最後で一切見せ場を貰えないとか…
ムサリーナの今までの苦労は何だったの?
何のために努力の描写を散々入れたの?
これならずっとネタキャラのままで良かったんじゃない?
グラフェスに出場させる必要も無かったよね?
これじゃ噛ませにすらなれてない、
いてもいなくても同じってLVだからね。
ただの「対戦相手A」ってのと何も変わらないよ。
しかも敗戦後の心情描写もロクにされず、
適当なテンプレ台詞一言吐かせて終わり。
正直ケンゴの方がまだ目立ってたくらい。

いやーマジで腹立ち過ぎて視聴を打ち切りたいくらいだわ。
所詮ポケモンも主人公マンセーアニメだったか。
スタッフにとってR団は主人公達のおまけでしか無いんだね。
サブキャラを大事にしないアニメは名作にはなり得ないよ。
このページのトップへ
このページのトップへ
ブログ内検索
プロフィール

ロマンサー

Author:ロマンサー
趣味:ゲーム、カラオケ、変身
タイプ:ノーマル・どく
嫁一覧:
 ホッピングスイッチ
(仮面ライダーフォーゼ)
 如月(艦これ)
 早乙女レイ
 (遊戯王GX)
 黄瀬やよい
(スマイルプリキュア!)
リエッタ(カルドセプト)
宮崎羽衣(声優)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
人気ブログランキング
最近のトラックバック
FC2カウンター