コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

今週のポケモンアニメ-88

今週は「四天王キクノ!カバルドンvsドダイトス!」の回。

2時間でポケモンを進化させるという、
怪しさ満点の育て屋でヨーシチ少年のブビィを奪い取るR団。
他人に進化させてもらうのって何か嫌じゃない?
俺なら自分のポケモンの進化の瞬間には立ち会いたいけど。
「ブビィをボスに送ればバーベキューやケーキの蝋燭、
停電の時に役立つ!」と喜ぶR団。
こいつら毎回よくこんないろんなシチュ思いつくなw

サトシのピカチュウを見て、
「うわ~可愛い~」と目を輝かせるヨーシチ。
ヒカリのこと可愛いって言ったのかと一瞬思ってしまったw
身分を隠し「キックーノ」と呼ばれている四天王・キクノ登場。
って、何でそんなドッチ~ニョみたいな偽名なんだw
もっとまともな名前あっただろ。

キクノと共に、R団を追いかけるサトシとヨーシチ達。
一つだけ回ってない風車を見て、
そこにR団が隠れているといち早く気付くキクノ。
いや、何か「キクノすげー!」みたいな流れになってるけど
こんなん誰でもわかると思うんだがw
気球で逃げるR団を、キクノがグライオンで追撃。
あれこのグライオン、サトシのと同じ声じゃない?

そしてR団とのバトル開始。
R団も、たかがブビィ一匹にここまで拘らなくても…
その辺ですぐゲットできるだろう。
パワーアップパーツなるものを装着させられ、
技を強化してもらうハブネークとマスキッパ。
サタンクロス戦のディフェンドスーツですね、わかります。
ぶっちゃけちょっとカッコ良いと思ってしまったが、
キクノのお気には召さなかったようで一蹴されてしまう。

キクノが四天王である事がバレてしまい、
カバルドンとサトシのドダイトスが戦うことに。
重量級同士の戦いは流石に見応えあるなあ。
ドダイトスの方が重そうなイメージあるけど、
出てきた瞬間に地面が陥没してたしカバルドンの方が重いのか。
しかしオーバの時はピカチュウ以外瞬殺だったのに、
今回はそれなりに粘ったなサトシ。
これはドダイトスの高い耐久が生きたのか、
それともオーバが四天王の中でも特に強いのか、
キクノが多少手を抜いてくれたのか。

つくづく強くてカッコいいババアキャラってのはいいよなあ。
やっぱ長い年月を生きてきてるから、
一言一言が重くて説得力あるんだよね。
四天王であることを自慢しない所や、
走り屋な所もいい味出してた。
シンオウ四天王の中で、キクノが一番好きかも。
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

今週のジャンプ感想-90

・ONE PIECE
えー…こっからルフィとエースの過去編開始かよ…
ワンピの過去編は長すぎでグダグダになりがちなんで
正直もうお腹一杯なんですけど。
それよりさっさと仲間探しに行ってくれよ。
つーか結局ローがルフィ助けた理由がさっぱりわからん…

・BLEACH
崩玉はドラゴンボールだったのか。
つーかチャド織姫が力得たのまで崩玉のおかげとか…
一護の側にいた影響って説明あっただろ。
以前の設定を覆す後付けはいい加減にしてくれ。

・トリコ
セツ婆、そんな強いんだったら
最初から自分でスープ採りに来れば良かったんじゃないの?
そしてアルファロがトミーを忘れないでいてくれて安心したw
次回からは「癒しの国ライフ」編か…
って、ゾンゲまでついてくんのかよw コメディリリーフか。

・バクマン。
「岩瀬、見た目はいいからミニスカ姿見たい」って秋人…
岩瀬にあれだけ酷い事言われてよくそんな気持ちになれるな。
お前の脳は下半身に直結してるのか。
顔が良けりゃ何でもいいのか。本当最低な主人公達だな。
つーか「服部さんには勿体無い」って滅茶苦茶服部に失礼だろ。
世話になった元担当を何だと思ってんだ。
どう考えても岩瀬より服部の方が人間として上等だしね。
あと安易に大学サボり過ぎ。
マジで入学した意味無いだろ。大学を舐め過ぎだ。

・SKET DANCE
今回の一番の見所は、
サーヤとキャプテンの「死ねばいいのに」ですね。わかります。
あんな美少女二人に罵られるとか我々の業界ではご褒美です。
ボッスン、ヒメコの不用意な発言のせいで
これから永遠にキャプテンに軽蔑されるんだろうなあ…
何て羨まし…いやいや、可哀想に。
で、これでやっと修学旅行前半戦終了ってマジか?!
もういいよこの入れ替わり話…別に面白くも何ともないから…
俺の大好きなスイッチも全然活躍しないしさ…

・めだかボックス
絶望した!もがなが制服の下に水着着てるのに絶望した!
久々のサービスシーンのチャンスを潰してどうする。
てか「さくせん」とか「あぶのーまる」とか
もがなが平仮名で喋るのって明らかにオタ狙いだよね。
まあそんな事されても俺は半袖ちゃん一筋だけどな!
行橋、ゲーセンで王土と出会ったとか
仙水と天沼の出会いみたいだな。
しかし仮面キャラが素顔は美形ってのは最早お約束だよね。

・HUNTER×HUNTER
誰だお前わ。
ゴン別人になり過ぎだろ…
ピトーすら一撃とか、インフレ加速してんなあ。
それはそうとゴンの髪型があり得ないことになってんなw
これは成長してもゴンの髪は上方向にしか伸びないって事だな。
どんだけ癖っ毛なんだよ。

・ボクのアイドル(河下水希読切)
なかなか面白かった。
主人公に惚れてる恥ずかしがり屋の幼馴染とか最高じゃねえか。
こういう普通に可愛いヒロイン描けるんじゃない、河下嬢。
あねどきは何であんな事になっちまったんだ。
サービスシーンもかなり性的でGJだったしね。
やっぱ裸見られたら恥じらいを見せてくれないと。
主人公も桃花の事をすごく大切に思ってて好感が持てた。
このまま連載にしてもいいぐらいの出来。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

好きなアニメ・ベスト10!

以前「好きなゲーム・ベスト10!」のランク付けをしたが、
今回はそのアニメバージョンを作ってみようという企画。
ゲームの時も思ったが、かなり膨大な数のアニメを見てるので
エントリー一覧作るだけでも大変なんだよね…
とはいえ、自分のアニメ史を振り返るのは楽しいのも事実。
ではさっそく、10位から発表いってみよう!

10.ふしぎ星の☆ふたご姫(1期)
9.ef - a tale of memories/melodies -
8.魔術士オーフェンRevenge
7.エルフェンリート
6.逆境無頼カイジ
5.おジャ魔女どれみ(1期)
4.ビックリマン
3.新ビックリマン
2.愛の若草物語
1.カードキャプターさくら

まずは10位、ふたご姫から。
ファンタジー世界を旅する夢クレ要素と、
魔法で問題解決!などれみ要素が
見事にハイブリッドされた幼女向けアニメ。
プリンセス達のドレスやパーティ、ダンスなど
女の子なら誰しも憧れる要素が満載!
…と思いきや、それほどヒットしなかったのは、
やはり後半の失速っぷりが原因か。
最終回で、四角関係を無かったことにしたのは流石にガッカリ。
それでもキャラ造形は隋一で、
レインたん、リオーネ姫、ミルロ、たわし、ちくわなど
個性溢れるキャラを次々と生み出した。
方向性が変わりすぎな2期は黒歴史。

9位のef。重い問題を抱えた登場人物達が、
愛する人に支えられて苦難を乗り越えていくラブストーリー。
「どうせ凡百のエロゲアニメだろ?3話切りくらいかな」
と思っていた俺だったが、1期2話の鳥肌モノなOPの入り方で
このアニメは何かが違う!と思い知らされることに。
最終回で、千尋と蓮治が抱き合うシーンで泣かない奴はいない。
この二人には心から幸せになってほしいと思う。
宮子の着信99件、虐待される優子さんなど、
他の登場人物達にも濃いストーリーが用意されている。
爽やかに泣きたい人にはマジでお勧め。

8位のオーフェン2期。
1期とは180度変わってコメディタッチになったものの、
音声魔術発動シーンのカッコ良さは大幅アップ。
全部の魔術を覚えて練習したもんだった、当時w
またオリジナルキャラのリコリスにここまで感情移入できたのは
前半の丁寧なキャラ描写の賜物。
最終回でリコリスと別れるオーフェンの台詞が忘れられない。
「強かねえよ…立ち直りが早いだけさ」
そしてやはり何といっても、ラストバトルの盛り上がりが異常。
エルカレナはあんな可愛いのに強過ぎだし、
オーフェンとマクレガーの共闘は燃え過ぎだし、
エルカレナにブチ切れるオーフェンに惚れまくりだし。
原作をほとんど知らない自分でもどっぷりハマれたアニメだった

7位のエルフェン。
パッと見、過激なグロ描写ばかり目につくが、
実は人と人ならざる者の対話を真剣に描いた感動作。
原作はあの冨樫もハマったというからバカにしちゃいけない。
登場人物の過去が徐々に明かされていく構成は見事の一言で、
鬱アニメ御三家(エルフェン、なるたる、今僕)の中では
最も完成度が高いと個人的に思う。
特にルーシーの幼少時の話は涙無しには見られない。
あれ見てると人間の醜さ・愚かさがよくわかる。
「人じゃないのは…人間じゃないのは…お前達の方だ!!」

6位のカイジ。
生死を賭けたギリギリのギャンブルの中で
カイジが人間と人生の本質を見出していく異色作。
あのデスノートにも引けを取らない心理戦と、
息もつかせぬどんでん返しの数々で視聴者を引き込む。
これ程次回が気になるアニメもそうそう無いだろう。
数え切れない程の名言の多さもこのアニメの特徴。
「人間こそが…希望そのものだったんだ!」には
マジで目から鱗が落ちた。つーか人生観変わった。
女性キャラが話の中心になることが多い昨今のアニメ界で、
敢えて男だけの世界を描いたのも潔い。

5位のどれみ。
「子ども向けだからこそ本気で作る」を地で行ったアニメ。
魔法少女アニメでありながら魔法がそこまで重要な存在ではなく
むしろ人間関係に重点を置いている。
クラス全員に名前と性格付けがされているとか、
無謀ともいえる試みを敢えてしたスタッフの気合いは半端ない。
小学生には小学生なりの悩みも葛藤もある。
それをリアルに描いた点が子ども達の共感を呼び、
4年も続く理由になったのでは。
最初は敵対していたおんぷちゃんと徐々に打ち解けていき、
最終回でおんぷのために全てを投げ出すどれみ達の友情に
号泣しない視聴者はいないだろう。
親が子どもに見せたいアニメNo.1ではないだろうか。

4位の初代ビックリマン。
社会現象を巻き起こしたビックリマンシールのアニメ化。
しかし単なる販促アニメでは終わらず、
若神子を集める過程・神帝へのパワーアップなど
少年心をくすぐる要素満載の冒険活劇としてヒットした。
ヘラクライストの「表へ出ろ」のカッコ良さは今でも語り草。
アリババのゴースト化・最終回の若神子全員死亡エンドなど
トラウマ展開も目白押しで、そういう意味でも心に残った。
ヤマト王子と十字架天使、ワンダーマリアとヘッドロココ、
魯神フッドとレスQ天女など何気にカップルが多く、
ラブコメ要素も隠れた見所。てか十字架天使可哀想すぎだろ…
確かに荒削りな部分も多いが、
いい意味で80年代の勢いを感じられるアニメだった。

3位の新ビ。4位の旧ビとはかなり迷ったが、
最終回の纏めの綺麗さと、女の子の可愛さでこっちを上位に。
ラストのマルコの「みんな、本当はちょっとずつ必要なんだ」
という台詞は、次界・エズフィト・源層大魔テーション・
そして天魔界まで巻き込んだ戦いに終止符をうつ懐の深い言葉。
リアルで虐げられてきた、俺みたいな人間の心には強く響いた。
また超星神の存在などが明かされ
前作で触れられなかった世界の成り立ちにまで踏み込んだ事で
ストーリーはさらに壮大さを増し、
原作の持つ神話っぽさの再現にも一役買っていた。
女の子に関しては、プッチーの本当の姿にはマジ惚れした。
あとコッキーにはパソンとくっついて欲しかった。
実はギャグシーンも秀逸で、
中でも「俺は偉い、お辞儀をしろ」は何度見ても爆笑モノw

2位の若草。「ボロを着てても心は錦」の精神で、
貧しいながらも固い絆で結ばれた4姉妹達の
家族愛を真正面から描いた、世界名作劇場屈指の神作。
ベスちゃんの猩紅熱や南北戦争など、
大きな問題を協力して乗り越えていく様はまさに理想の家族。
原作も大好きな自分だが、
原作読んでてもアニメ版のキャラ達が自然に浮かんでくる。
特にベスちゃんのイメージはアニメ版がピッタリ過ぎる。
どの映画版もこの点だけはアニメ版に敵わないだろう。
ちなみにベスちゃんは俺の初恋の相手でしたw

そして堂々のトップ、CCさくら!!
作画・演出・音楽・脚本全てが高クオリティで
非の打ち所の無いアニメといっても過言ではない。
毎回主人公の服装が変わるとか正気の沙汰じゃないしね。
NHKの本気をとくと見せてもらった。
「悪人が全くいない」という世界観のおかげで
アニメ全体の優しい雰囲気を作り上げることに成功。
同性愛者やロリコンなど冷静に見ればトンデモ設定な登場人物が
全く違和感なく見られるのもこのアニメのすごい所。
「愛に決まった形なんてない」というCLAMPのメッセージか。
そして何といっても特筆すべきは、
主人公・さくらちゃんの圧倒的な可愛さ。
当時リアルで「ほえ~」「はにゃ~ん」と口走るオタが
激増したとかしないとか。
一体何人の男が、さくらちゃんによって
ロリ属性を植え付けられたことだろうかw
あと知世ちゃんが報われるルートを誰か考えてあげてください。
あの子は絶対幸せになる権利があると思うんだ。

子ども向けアニメが6本、
20世紀のアニメも同じく6本という結果から
俺が懐古厨・キッズアニメ厨であることが浮き彫りにw
やっぱ出来のいいキッズアニメは見てて幸せになれるし、
昔のアニメは粗も多いけど夢中になれる何かがある。
無難に纏まってるって点では最近のアニメに軍配があがるけど
長く心に残るって意味では80~90年代のアニメが最強かも。
まあ、思い出補正もかなり入ってるけどね。

さて、今回も惜しくも11位以下となったアニメを紹介。
ベスト10に入ったアニメは言わずもがなだけど、
ここから紹介するアニメも自信持って勧められる良作揃いなので
少しでも興味を持った人には是非観てほしい。

・トラップ一家物語
小さいマリアの可愛さは昨今の美少女キャラにも引けをとらない

・ふしぎの海のナディア
このアニメで褐色属性に目覚めました。

・新世紀エヴァンゲリオン
好きなこと見つけて…そればっかやって…何が悪いんだよぉー!

・今、そこにいる僕
従軍慰安婦って最悪な制度だよね。

・なるたる
痛い痛い痛い!死んじゃう死んじゃう!ごめんなさいごめ(ry

・遊戯王(東映版)
遊戯君の声は緒方恵美以外認めません。

・ギャラクシーエンジェル(1~4期)
エンジェル隊は一体何回死んだんだろう…

・シスタープリンセス(1期)
13人目の妹など、意外に丁寧に伏線が張られていた。

・わがままフェアリーミルモでポン!(1~4期)
ラストに恋愛でなく、ミルモとの絆を持ってきたのは○。

・アニマル横町
見た目は園児、中身はOL!それがあみちゃん!!

・ローゼンメイデン(1~2期+特別編)
ぶっちゃけ一番悪いのはお父様だよね。

・ゾイドジェネシス
あそこまで熱いラストバトルを他に知らない。

・おねがいマイメロディ(1~3期)
スタジオコメットの本領発揮、ハイパーカオスアニメ。

・祝(ハピ☆ラキ)ピックリマン
旧ビへの愛情がそこかしこに詰まっていた。三条は神。

・Kanon(京アニ版)
最終回見た直後に原作購入余裕でした。

・School Days
これは例の事件がなくても地上波放送無理だったろw

・錬金3級まじかる?ぽか~ん
GAの後継作とも言われたゆるゆるギャグアニメ。2期マダー?

・ナイトウィザード The ANIMATION
エリスの正体が明かされてからの怒涛の展開で一気に化けた。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

今週のジャンプ感想-89

・ONE PIECE
茶ひげって何だよw 語呂悪すぎだし全然強そうじゃないし。
マゼランが虫の息ってどういう事だ?
黒ひげ一味の誰かにやられたってこと?全然想像できない。
一度は圧倒した相手に負けるような男だとは思えんがなあ。
解放されたLV6の連中の中に、自然系でもいたんだろうか。
そしてドフラミンゴに殺されそうになるモリア。
「麦わらごときに負けた雑魚はいらねえ」ってことか…

・BLEACH
ギン、何故わざわざ刀縮めて接近戦を挑む?
超リーチという唯一のとりえを自分から捨ててどうする。
本当頭悪い戦い方するキャラしかいないな、このマンガ。
ところで一心もやっぱ藍染の始解見たこと無いのかね?
以前尸魂界にいたなら、見た可能性もあるけど。

・トリコ
なるほど、小松に味覚えさせてスープ作らせるって展開か。
セツ婆が言ってた「小松を連れていく意味」ってのは
この事だったのか。これは上手い伏線回収。
そして新たな敵・アルファロが登場。
…ってお前、アシュラマンより腕多いのかよ!

・バクマン。
「シリアスな笑い」で真っ先に思い浮かぶのは「ネウロ」。
「DEATH NOTE」もそういう傾向はあったかな。
まあどっちも大ヒットしたわけだし、
ジャンプでそういう方向性を目指すってのは悪く無いと思う。
ただ、全部服部に言われるがままってのがちょっとなあ…
服部がそれだけ優秀な編集ってことなんだろうけど、
最高達も少しは自分で考える努力をしろと。
「平気で休むような作家では製作側が信用しない」って、
ハンターがOVA化されてる時点で全く説得力無い台詞ですね。
つーか平丸、デスノートパクリ過ぎだw
トラックでTV局に突っ込むってまんまじゃねえか。
カメラアングルとかもまるっきり一緒だし。

・めだかボックス
もがなはコエカタマリンの使い手だったのか。
しかしそんなデカい声出されたら、
吹っ飛ぶより前に鼓膜が破れるんじゃないか。
ウボォーギンが実際そういう使い方してたし。
ていうか今回いつも以上に説明台詞ばっかりで読むの疲れた…
しかも別に冨樫マンガみたいに
読んでて引き込まれるような説明じゃなかったし。

・SKET DANCE
作者暴走しすぎ。
いくら中身がボッスンだとはいえ、
女の子の放尿シーンをガチで描くなよ…
しかもそれを男に見られてるとか、
変態プレイにしてもレベルが高すぎる。よく編集許したなこれ。
エロいというよりも、普通に引くんだが…
スケットってこういうマンガじゃなかったはずなんだが。
下ネタに頼るようじゃ本格的にネタ切れですな。
もうそろそろ終わった方がいいんじゃないこのマンガ?

・HUNTER×HUNTER
ついにゴンvsピトー開始か…
ブチ切れてパワーアップするって展開は
つくづくジャンプのお約束だなあ。
しかしゴン、ピトーが腕治してる時点で攻撃しろよ。
明らかに戦闘する気満々だろ相手。
まあ、冷静な判断ができる状態じゃなかったんだろうけど。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

今週のポケモンアニメ-87

今週は「飛べシェイミ!空の彼方へ!」の回。

女の子の乗ってきたボートが滝壺に落ちそうになっていたため、
川に飛び込んで力ずくで止めるタケシ。
こういう時こそポケモン使うべきじゃないのか。
グレやピンプクのパワーならボート一隻くらい余裕だろうに。

女の子の名前はマイ。おお、アニメ版マイいいなあ…
ゴスロリチックな服装とジト目がかわええ。
ヒカリも「人形?」とか言ってたし、
人形のように可愛いってことだよな。
しかし喋った瞬間に沢城みゆきだって一発でわかったぞw
相変わらず、有名声優を贅沢にゲストで使うアニメだな。
「あたし宇宙人だから」と冗談を言うマイ。
クールなように見えて、意外とジョークとか言う子なのかw
そのユーモアのセンスも、常人とどっかズレてる気がするが。

マイはシェイミを悪い奴から守りながら、
グラシデアの花畑まで送り届けるつもりだという。
シェイミは何故マイに懐いてるんだ?マイの本質を見抜いて
「この人なら信用できる」と思ったんだろうか。
流石に「~でしゅ」とか言わないんだなシェイミw
でもせめて声優だけでも山崎バニラにして欲しかった。
つーかシェイミちっちゃ過ぎだろ…
ピカチュウの半分くらいの背丈しかないぞ。
マイがウインディを使うのはゲーム通りだな。
乗り物としても使えるみたいだし便利そうだ、ウインディ。

グラシデアの花畑に着いたマイ達を、キャタピーメカで襲うR団。
何故キャタピーw チョイスが通好み過ぎるんだが。
R団に応戦するサトシとヒカリ。
あら、ポッチャマバブル光線忘れてなかったのか。
て事は水技3つ持ってるってことに。バランス悪すぎだろ。
ドダイドスのロッククライムって移動技としてだけじゃなく、
相手の足場を崩すのにも使えるのか。凡庸性たけえな。

キャタピーメカの中から、バタフリーメカが現れる。
「トランセルは省略しました」って、いやそりゃそうだろw
トランセルメカとか全然動けなさそうだしな。
しかしそれをスカイフォルムになったシェイミが撃退。
そして仲間とともに飛び去っていくシェイミ。
「今『ありがとう』って聞こえた」ってマイ言ってたけど、
そういえばシェイミはテレパシー使えるって設定だったよね。
でも何で最後の最後まで喋らなかったんだろ。
映画ではあんないペラペラ喋りまくってたのに。

いやー、マイもシェイミもめっちゃ可愛かったね。
美少女と愛らしいポケモンの組み合わせとか絵になり過ぎる。
マイは冒頭では自分勝手で慇懃無礼な感じだったけど、
シェイミを必死で守ろうとする、優しい所も見せてたしね。
どっちも1話限りの捨てキャラにするには勿体無いぜ。
このページのトップへ
このページのトップへ
ブログ内検索
プロフィール

ロマンサー

Author:ロマンサー
趣味:ゲーム、カラオケ、変身
タイプ:ノーマル・どく
嫁一覧:
 ホッピングスイッチ
(仮面ライダーフォーゼ)
 如月(艦これ)
 早乙女レイ
 (遊戯王GX)
 黄瀬やよい
(スマイルプリキュア!)
リエッタ(カルドセプト)
宮崎羽衣(声優)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
人気ブログランキング
最近のトラックバック
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。