コンテントヘッダー

フレッシュプリキュア最終回感想。

今日の放送で、
ついに最終回を迎えた「フレッシュプリキュア!」

うーん…何か、思ったより盛り上がらなかったかなあ。
ちょっと期待度が大きすぎたのかもしれん。
ウェスター・サウラー最終決戦の回が最高潮だった。
今回は、特にバトル方面が微妙だった。
最終回らしい、迫力ある戦闘シーンが見られなかった。
ラスボスが具体的な形のある怪人や人間でなく、
コンピューターのプログラムという概念的な存在だったため
バトル描写も難しくなっちゃったのかねえ。

そういうラスボス設定にしたこと自体は
意外性があって面白かったんだけど、
いまいち生かしきれてなかった印象も。
だって元々ラビリンス人がメビウスを作ったんでしょ?
つまりラビリンス人にも責任の一端はあるはずなのに、
「悪いのはメビウス!ラビリンス人は被害者!」って感じで
安易な論法で片付けてしまったのがなあ。
ラビリンス人にも罪はあるけど、これからは改めていくとか
そういう方向でまとめてほしかった。
まあ、幼女向けアニメでそこまで掘り下げろってのは
少々酷な話なのかもしれんが。尺の問題もあるし。

一方、Bパート丸々使ってエピローグ描いたのは評価できる。
やっぱ最終決戦の後の余韻ってのは大事でしょ。
それぞれ幸せな日常に戻っていったってのが感じられて良かった
最後までコントが見られたのも
「ああ、本当に平和が戻ったんだ…」って思えたし。
ブッキーが「ラブちゃん、完璧!」
美希が「上手くいくって私信じてる」と言っちゃうシーンや、
ウェスター・サウラーが「甘酸っぺ~」と言うシーンは最高w

ラブと大輔の関係を曖昧なままにしておいたのも○。
ここでくっつけちゃうと無理矢理感あるしね。
やっぱラブにとっては大輔はまだまだ友達なんだろうね。
今回告白されたことで初めて意識するようになって、
お互い年齢を重ねる内に、関係も変わっていくのかも。

そしてせつな、まさかラビリンスに帰っちゃうとはなあ…
桃園家に溶け込んでたから、そのまま居つくもんだと。
まあでもこれがせつななりの責任の取り方なんだろうね。
曲がりなりにもメビウスの下で働いてた者として、
ラビリンスをほったらかしにはしておけないと思ったんだろう
クローバータウンでラブ達から貰ったものを、
今度はラビリンス人に返したいっていうのは
せつならしいっちゃらしい考え。
何だかんだいってウェスター・サウラーともいい仲間だし、
あいつらならラビリンスを上手く導いていってくれそう。

まあ不満もないわけじゃないけど、
全体的にはいろいろと最後まで楽しませてくれたアニメだった。
これまでのプリキュアの常識を打ち破る、
様々な試みが功を奏したのかも。
当初のメイン3人組は勿論のこと、敵側のキャラをも
ここまでしっかり描写したプリキュアは初めてでは。
そのおかげで、せつなの仲間入りエピソードや
ウェスター・サウラー改心の話も
カタルシスが出て、見応えあるものになってたし。
せつなやウェスターがこれだけ愛されるキャラになったのは、
まさに脚本の勝利といっていいだろう。
またミユキさんやカオルちゃん、そして最後には家族にまで
プリキュアの正体を明かしてしまった。
これにより従来の「必ずバレないように
変身・戦闘しなければならない」という縛りがなくなり、
話の幅が広がることに繋がった。
家族に別れを告げての旅立ちと、
ラストの我が家に帰ってきた時のエピソードを
感動的なものにするのにも一役買ってたしね。

しかし2期やってくれると信じてたんだがなあ…
歴代プリキュアの中でも人気はある方だったみたいだし、
それなりに売れたプリキュアは2期が作られるって
法則があると思ってたんだが。
つっても、終わったことをぼやいても仕方無い。
一年間ありがとう、そしてお疲れ様フレプリ。
プリキュアオールスターズDX2で、また会おう!
このページのトップへ
コンテントヘッダー

好きなゲーム・ベスト10!

相互リンクさせていただいてるヨコさんのブログで
ちょっと前に面白い記事を書いてらしたので、
自分もパクらせてもらうことに。

その名も「好きなゲーム・ベスト10!」
ヨコさん達は10本挙げるだけでランク付けはしてなかったけど
ランキング厨の自分はせっかくなので順位もつけてみる。
それではさっそく、10位から順に発表!

10.ごきんじょ冒険隊(SFC)
9.BLEACH DS2nd 黒衣ひらめく鎮魂歌(DS)
8.シスタープリンセス(PS)
7.星のカービィ スーパーデラックス(SFC)
6.ポケットモンスター パール(DS)
5.テイルズオブエターニア(PS)
4.聖剣伝説2(SFC)
3.ドラゴンクエスト5 ~天空の花嫁~(SFC)
2.FINAL FANTASY4(SFC)
1.LIVE A LIVE(SFC)

まずは10位、ごきんじょ冒険隊。
RPGでありながら街が一つしかないという異色作。
町内の厄介事を解決していくといったストーリーで、
雰囲気的には日本版MOTHERといった感じ。
最終的には世界を救ってしまう園児。凄すぎる。
戦闘では経験値が入らず、育成シミュレーションパートで
キャラを強くしていくシステムも画期的。
ドクターとかやわらとか、キャラもかなり立ってる。

9位の黒衣。2D格ゲーでありながら4人対戦が可能で、
スマブラ的なパーティゲー要素を色濃く持つ。
初心者でも結構楽しめるのが黒衣のいい所。
そして何といっても楽しいのがWi-fi対戦。
ライバル登録と部屋戦機能により、
気の合ったプレイヤーとの対戦が気軽に楽しめる。
550時間という驚異的なプレイ時間となったのは
このシステムの存在が大きい。
IRCの方々と出会わせてくれた、思い出深いゲームでもある。

8位のシスプリ。このラインナップの中で異彩を放ちすぎw
俺がオタになったきっかけのゲームがこれ。
妹が12人いて、その全員が兄を慕っているという
天国のような超設定で当時話題となった。
これでもかってくらいの甘々&ラブラブシナリオは
その趣味が無い奴にも妹属性を植え付ける。
今見ると結構作画崩壊して部分もあるが、
それでも充分可愛い花穂・雛子・可憐・四葉・白雪。
続編の2も好きだが、やはりここは衝撃のデカかった初代で。

7位のスパデラ。カービィシリーズではこれが最高傑作かと。
初心者でも上級者でも楽しめるのは、このシリーズならでは。
豊富なモード&コピー能力により、やり応えも充分。
コマンド入力により、一つの能力で様々な技が繰り出せるので
意外に奥が深く、なおかつプレイヤーを飽きさせない。
2人協力プレイは、聖剣2に匹敵する程盛り上がる。
個人的に好きな能力はスープレックス。
これで格闘王を制覇するのが楽しすぎる。
メタナイトが鬼門すぎるがw

6位のポケモン。プラチナやSSと迷ったが、
750時間という全ゲーム断トツのプレイ時間を誇り
一番愛着のあるパールバージョンをチョイス。
赤緑から続く、冒険・収集の楽しさはそのままに
正統進化を遂げたDS屈指の大ヒット作。
見た目は子ども向けだが、対戦や育成に凝り始めると
大人でも充分楽しめてしまう廃人育成ゲー。
対人戦の、駆け引きと読み合いが熱すぎる。
この時代に敢えて2Dに拘る姿勢も素晴らしい。

5位のTOE。テイルズシリーズの中では人気はイマイチだが、
自分はエターニアの戦闘システムこそが
2DアクションRPGの完成形だと信じて疑わない。
プレイヤーの腕が如実に反映される戦闘により、
他のRPGだと作業になりがちなザコ戦が全く苦にならない。
派手なアクションとボイス、カッコいいエフェクトの相乗効果で
爽快感は極限LVまで跳ね上がる。
あまり注目されないが、ラストシーンの熱さもかなりのもの。
「ネレイド…シゼルの気持ちがわからねえか?
わからねえんじゃ…俺達には勝てねえな」

4位の聖剣2。致命的なバグの多さと
魔法連射によるバランス崩壊のため評価は低いが、
自分はこれが一番好きなARPG。
四季の森やクリスタルフォレストなど、
絵本のような美しい世界の中を
縦横無尽に駆け回りながら敵をなぎ倒していく感覚が最高。
透明感のある神曲の数々も、世界観の形成に一役買ってる。
そしてさっきも書いたが、協力プレイが何より楽しい。
3人掛かりで巨大なボスに挑むのは最高に白熱する。

3位のDQ5。国民的RPG第5弾。
据え置き機では一番プレイ時間の長いゲームかも。
とにかく仲間モンスターシステムにハマったハマった。
何百回という戦闘を重ね、LVが無駄に上がり続けた末に
レアモンスターがついに起き上がってくれた時の達成感は異常。
そして苦労して仲間になったモンスターだからこそ、
愛着が湧いて可愛がって育てたくなるんだよね。
ストーリーの方も、3世代にわたる
壮大なドラマに問答無用で引き込まれた。
幼少期・結婚・出産と、ゲームの中で
人生そのものを体感できるのはDQ5だけ!

2位のFF4。実は俺が初めてクリアしたRPGがこれ。
RPGといえばDQくらいしか知らなかった当時の自分にとって、
ひたすら個性的な仲間キャラクターと、
二転三転する息もつかせぬストーリーは衝撃的だった。
カインの裏切り、ゴルベーザの正体など
予想の斜め上を行く展開が目白押し。
あまりにもハマり過ぎて、リディアにマジ惚れしてしまったり
セシルの娘を主役にしたオリジナルストーリーを考えたりと
思い出すと恥ずかしいエピソードもw

そして堂々のトップ、ライブアライブ!
以前単独記事も書いたことのあるこのゲーム。
全くシステムの違う8編が飽きさせない作りだとか
チェッカーバトルがSRPGっぽくて戦略性高いとか
下村嬢の暗い曲聞くと鬱になるだとか
褒める所はいくらでもあるわけだが、
何といっても目玉となるのは中世編。
あのラストでマジで人生観変わった。
人間の醜さ・愚かさをここまで痛烈に表現したシナリオが
未だかつてあっただろうか。
人生に絶望したい人には是非プレイしてほしい。
「あの世でオレにわび続けろ、オルステッドー!!」

こうして見ると、10本中6本がSFC、
10本中7本がRPGになったわけだが…
自己紹介に書いてある、好きなハードとゲームが如実に出たね。
やっぱSFCは今やっても全然色褪せないゲームが多い。
これはもう後世に残すべき、日本の財産だと思うんだ。

おまけとして、僅差で11位以下になったゲームを幾つか紹介。
って、これもせつげっかさんのバクりなわけだがw

・DQ4(FC)
勇者・ライアン・トルネコ・ミネアがマイベストパーティ。

・FF6(SFC)
世界崩壊は衝撃的だった。

・ロマンシング・サ・ガ3(SFC)
ファイナルレター閃いた時は脳汁出まくった。

・バハムートラグーン(SFC)
ビュウはフレデリカと幸せになったと思う。

・スーパーマリオRPG(SFC)
アクションとRPGの幸せな融合。

・MOTHER2(SFC)
人との会話が楽しいRPG、No.1。

・天地創造(SFC)
ラスボスの正体が意外なRPG、No.1。

・風来のシレン(SFC)
イッテツ戦車は反則だと思う。

・クロノトリガー(PS)
時間経過を上手く使ったストーリーが秀逸。

・聖剣伝説 Legend of Mana(PS)
サガ的な自由度の高さが売り。

・ときめきメモリアル2(PS)
まだ未完成だったEVSだが、その衝撃はデカかった。

・いただきストリートSP(PS2)
親友Tと死ぬ程やりまくった。

・レッドアリーマー(GB)
徐々にアリーマーが強くなっていくのが楽しい。

・遊戯王スピリットサモナー(DS)
遊戯王初Wi-fi対応の功績はデカい。

・ジャンプアルティメットスターズ(DS)
Wi-fi環境が平和なら、もっと息の長いゲームになったろう…
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ひだまり3期2話

ひだまりスケッチ×☆☆☆の2話を視聴。

まずはAパート「イエスノー」。
なずなと乃莉の歓迎会の話。

校長、吉野屋先生の好きな言葉聞いてどうすんだ?
入学式の話のネタにでもするのかな。
ゆのっち、くまのぬいぐるみと一緒に寝てるー!!
一人で寝るの寂しかったのかな。可愛すぎる。

ゆのっち宅にて、歓迎会開始。随分身長の高いケーキだな。
ヒロさん作かと思いきや、みんなで作ったらしい。
宮子も手伝ったにしては、まともな出来だ。
「変な人達は卒業して、今は普通なんだけどね」と言う沙英。
でも宮子や沙英を見る限り、
「変わり者が集うアパート」の異名はまだ健在な気がする。

新入生2人の歓迎会なのに、
遠慮せずバクバク食う宮子は相変わらずだなw
宮子特製トークサイコロ、なかなかいいアイデアだな。
新歓コンパとかでも普通に使えそう。
乃莉のPCトークに、全くついていけないゆのっちと宮子。
「FLACH」とか「フリーソフト」くらいは理解してくれw
つーか今時の高校生ってPC持ってそうなイメージがあるが。

なずなと乃莉が去った後、
4人で再びトークサイコロを続けようとする宮子。
「今だから言えること」は是非聞いてみたい。
そのままゆの宅で朝まで寝てしまう4人。
次の日休みだからとはいえ、ダラけすぎだろw
ダメな大学生みたいなノリだなお前ら。

入学式の後、なずなは普通科であることが判明。
娘一人置いて行っちゃうとか、なずなの両親放任主義すぎだろ。
学科が違うことで、話が合わなかったりして
なずなと他5人の間に微妙な溝ができそうな気もするが。
まあゆのっち達に限ってそれは無いか。

Bパートは「オリーブ」。
ゆのっちと宮子が美容院に行く話。

部屋の中でバーベキューするなよ宮子。
部屋に匂いが染み付いて悲惨なことになりそうだ。
ポイントカードを選り分けるヒロさんの手つきが凄い慣れてるw
この人は今すぐ結婚しても充分やっていけそうだ。

ヒロさんの紹介で、美容院「オリーブ」にやって来るゆの達。
よく喋るというか、随分気さくな美容師だな。
「長さはあんまり変えないで整える感じで」と注文するゆの。
こういう発想はやっぱ女の子だなあ。
俺なんか何度も床屋行くの面倒だから、
行った時は可能な限り短く切って欲しいと思うもんw

トリートメントされて、髪がサラサラになってしまう宮子。
おお…これは結構イメージ変わるな。女の子らしい。
一方、ゆのっちの方はどこが変わったのか全くわからん。
美容院っていい匂いがするのか。シャンプーの匂いとかかな。

EDは、1話と全く違う映像に。
静止画なのは変わらずだが、満開の桜が背景なのは
曲と合っててなかなかいいかも。
あとやっぱ主要キャラが映ってる方が嬉しいよね。

今回、Bパートはなずな達が来る前の話だったな。
前回もAパートがそうだったし、
今後もどっちかのパートは4人だけで進めてくつもりか?
せっかく新キャラ出したんだから、
もっとバンバン前面に出してってもいいと思うがなあ。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

今週のポケモンアニメ-75

今週は「フカマル!ゲットだぜ!」の回。

R団の新メカ・カメックス君。
カメックスの面影全然ないw 甲羅と大砲しか合ってない。
そのカメックスを食べてしまう、前回登場したフカマル。
こいつはつくづくガッチャンですな…
いや、むしろクッキーモンスターか?
ニャースによると、「ニャんと」の比較級は
「ニャンダー」、最上級は「ニャンですと」らしい。
「ニャニがニャンだーニャンダーかめん」を思い出すな。

一目見て「タツ婆さんの所にいたフカマルじゃないか!」と
認識できてるヒカリとタケシ。よくその個体だとわかるな。
別のフカマルかも、とは思わないんだろうか。
自転車に乗って、久々に登場するジュン。
ハクタイシティでタダで貰った自転車だという。
ゲームと同じ設定だな。サトシ達は自転車欲しくないんだろうか
まあ、移動は速くなるけどかさばるからなあ。
フカマルをゲットしようとするもダメージを与え過ぎてしまい、
自分のエンペルトにすら呆れられるジュン。
暴走しがちなジュンとクールな感じのエンペルトって、
何気にいいコンビかもな。

修理したカメックス君で、フカマルを奪おうとするR団。
直すの早すぎだろw てかさっき
有り金はたいて作ったメカだって言ってなかったっけ。
第一コクピット以外全部食べられたんだから、
それ修理じゃなく一から作るのと同じだと思うが。
10m以上ありそうな崖を、走り幅跳びで飛び越えるサトシ。
いつもながら超人的な運動神経だなあ。
もうポケモンマスターじゃなくて
オリンピック目指した方がいいんじゃない?
そしてフカマルのキバでも噛み砕けない超合金ハンドを
あっさり破壊するピカチュウさんのアイアンテールパネェw

ゲットしたフカマルで、さっそくジュンとバトルするサトシ。
「パワーで負けてる分は気合いでカバーだ!」って
相変わらず無茶苦茶な作戦ですなw
それで実際ポケモンのパワーが上がってるから不思議。
結局、あっさり負けてしまうサトシ。
いくらサトシでも、全く育ててないポケモンでは無理だったか…
それにしも指示を聞かないフカマルに対して、
あまり厳しく怒らないのはサトシらしいなあ。
こういう時シンジならビシッと言うか、
最悪「使えない」と切り捨てるだろうに。
この辺がサトシの甘さであり、また優しさなんだろうね。

しかし、サトシの6体目埋まるの早かったなあ。
つーかよりによってフカマルが来るとは思わなかった。
だってついこの間別個体がカズナリにゲットされたばっかだし。
それにシロナがガブリアス持ってるから、
サトシのは進化してもガバイト止まりなんだろうなあ。
て感じでいろいろ可哀想なポケモンではあるけど、
キャラ的にはトラブルメーカーで、それなりに個性はあるね。
あとサトシとやたらスキンシップとりたがる所が、
グライオンを思い出させて…あ、また悲しくなってきた…
このページのトップへ
コンテントヘッダー

今週のジャンプ感想-77

・ONE PIECE
センゴクも能力者であることが判明。
何の能力か全くわからんな。「ブツブツの実」とかか?
Mr.3、「亡き同胞への弔いの為」って…
仲間のために戦うようなキャラじゃないだろお前は。
卑怯で臆病で、自分本位な人間だったはず。
すごくキャラに合ってない言動だ。
確かにMr.2が犠牲になった時泣いてたけどさ。
そして今回一番変だったのが、Mr.3の鍵の作り方。
どう見ても鍵穴にロウ流し込んでなかったよなあ…
あれじゃ鍵作れるわけないと思うんだが…

・BLEACH
日番谷は毎度毎度見せ場貰うなあ…
今回も1ページ丸々使って卍解してたし。
実力無い癖に、分不相応だと思うんだが。
まあ人気キャラだから仕方無いんだけどさ。
藍染がさっさと鏡花水月を使わないのに違和感。
余裕だって所を見せるための描写なんだろうか。
そしてギンは今何やってんの?
また師匠お得意の「ただ突っ立ってるだけ」かよ。

・トリコ
骨が4000個あるって…最早人間じゃねえ…
まあ体内に毒もってたり、髪を自在に操れたりする人間が
ウジャウジャいる世界だから今更驚かないが。
しかしどこ攻撃されても効かないが
一個だけ核となる骨があるって、お前は幽白の玄武か。

・SKET DANCE
まさかのジェネシス再登場。
これ作者もちゃんとルール考えてなかったはずだけど、
世界大会とかやって大丈夫なのか。話成立すんのか。
久々のキャプテン登場は嬉しいが、
次回ボッスン達のテンションについていけなくて
一人ドン引きする気がしてならない。
それとも持ち前の運動神経を生かして意外にも活躍するのか。
しかし「注:この辺から読まなくていいです」には笑ったw

・めだかボックス
まさか今頃センターカラー貰うとは。
終わりそうで終わらねえなあこのマンガ。
「争いは何も生まねーぞ」って…
殺人鬼に何言ってんだ善吉。頭大丈夫か?
てかやっぱり最後は不意打ちで来たか宗像。
まあ身体能力で圧倒的に負けてんだから、その手しかないよね

・HUNTER×HUNTER
あー…パーム洗脳されちゃったか…
冨樫は味方キャラにも容赦はないから、覚悟はしてたが。
この分だとシュートも洗脳されてそうな気がする。
てか洗脳パーム強くなり過ぎでしょ。
ミルキ特注の合金ヨーヨーを破壊するとは。
この辺は流石強化系ってところか?
そしてプフに戦いを挑むナックル。
お前ユピーと散々戦ってバテバテなんじゃ。大丈夫か。

・バクマン。
全然納得できねえ…
高浜が「担当変えてくれ」って
編集長に直訴した時はよく言った!って思ったが、
それに対する編集長の返答が酷すぎる。
「結果が出なかったのを
編集部や担当のせいにする作家は一番愚か」って…
いや港浦が頑張ってるならこの言葉にも頷けるんだが、
あんだけ自分の意見押し付けまくってる現状見るとなあ…
現場のこと何も知らずに勝手なこと言う上司にしか思えん。
そして最高達までそれにあっさり納得してんのがあり得ん。
お前ら編集長の威圧的な態度に圧倒されてるだけだろと。
さっきまで散々港浦叩いてた気概はどうした。
あと岩瀬が服部に認められてんのも気に食わん。
あそこまでマンガを馬鹿にしてた女が
こんな簡単に才能認められちゃってるのは不快感しか感じない。
「マンガ家ってこんな簡単になれちゃうもんなんだー」って
読者に思われちゃうよ?いいの?
つーか港浦共々退場してくれんかなあ、この女…

・ヘタッピ漫画研究所R
今回は冨樫義博・前編。
冨樫ってちゃんとアシいたんだな。
一人で描いてるみたいな噂も一時期あったが。
「ネームの真理に最も近い男」は誉めすぎかとw
個人的にはほったゆみとかもかなりこの域に達してると思う。
冨樫の描く表情がズバ抜けてるってのは同意。
天沼の死に憤る蔵馬のシーンとか
クラピカの「死で償え」のシーンとか最高だよね。
このページのトップへ
このページのトップへ
ブログ内検索
プロフィール

ロマンサー

Author:ロマンサー
趣味:ゲーム、カラオケ、変身
タイプ:ノーマル・どく
嫁一覧:
 ホッピングスイッチ
(仮面ライダーフォーゼ)
 如月(艦これ)
 早乙女レイ
 (遊戯王GX)
 黄瀬やよい
(スマイルプリキュア!)
リエッタ(カルドセプト)
宮崎羽衣(声優)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
人気ブログランキング
最近のトラックバック
FC2カウンター