コンテントヘッダー

今週の絶チル&ポケアニ-37

絶対可憐チルドレン、35話を視聴。
ザ・ハウンドの新主任・小鹿一曹に
初音たんが心を開くまでを描く回。
限定版フィギュアを大量に盗んでい売り捌く九具津。
ちゃんとパンドラとして活動してるのね、九具津。
澪とも仲良くやってるようで何より。
パンドラ内で浮いないか心配だったんだよね。
澪に「もっとツンデレっぽく言ってくれ!」って、
中の人をすごく意識した発言ですね九具津w
それに応えてあげる澪もノリが良くていい子だw
九具津の出した兎の玩具にあっさり釣られる初音たん。
あれ、その弱点克服したんじゃなかったの?
「(チルドレンが)名乗ってる間に何で逃げないの?」と言う澪
いや、そこ突っ込みますか。戦隊モノのお約束だから。
小鹿一曹は典型的なドジっ子でなかなか可愛いな。
懐かしアニメオタっぽい所もポイント高い。
明がデレデレになるのも無理ない気がする。
小鹿を上司として初音たんに認めさせるため、
病気で倒れた明を運ぶをいう設定で南極に繰り出す一行。
初音たんは変身で毛皮出せるから、こういう寒い所強そうだな。
食糧の缶詰を食べるための、缶切りを忘れてきてしまう小鹿。
初音たん変身すれば、簡単に缶詰くらい破壊できそうなもんだが
結局初音たんと小鹿は和解し、取り残された気がして複雑な明。
美女二人に囲まれてるだけで幸せだと思え!贅沢な奴だな。

うーん、せっかくの初音たんメイン回だったけど、
小鹿に心を開いた理由がいまいちわからんかったな。
特に「明が助からないなら自分は死んでもいい」っていう
初音たんの台詞が意味不明。その明を助けるために、
食糧を探して体力回復しようって流れじゃなかったの?
自分が死んだら明助けられないだろと。
小鹿も小鹿で、あの平手打ちだけで
初音たんに認められたってのも何だかなあ。

続いてポケモン、「ポケリンガ!天空大決戦!」の回。
あれ、前々回は雪道を歩いてたのに、
今度は随分とあったかそうな場所に出たな。
何て気候が安定してないんだ、キッサキ周辺。
サトシとタケシはポケリンガを知ってるみたいだけど、
前にもポケリンガのエピソードあったのかな。
AGとかあんまり見てなかったからよくわからん。
てかハリポタの一作目でもポケリンガやってた気がw
変装したコジロー、何でこんな声高くなってんだw
これも変装の一環なのか。三木眞、演技幅広いな。
というよりメガヤンマ持ってるムサシが出るべきじゃないのか。
ポケリンガにサトシはムクバード、シンジはドンカラスで出場。
二人ともグライオンで出るって選択肢は無いのかよ…
しかも全然迷わずに決めてるし。
サトシのは前から知ってたけど、シンジのグライオンも
こういう目立たないポジションなのか。
サトシの初戦の相手はエアームド、シンジの相手はカイリュー。
どっちもすごくポケリンガ向きじゃなさそうなんだが。
もうちょっと早く動けそうなポケモン連れてこいよ。
一方、コジローはサンペーのポポッコにボロ負けしていた。
こんな脇役顔なキャラに負けんなよ…何という噛ませ扱い。
そして展開をすっ飛ばし、サトシvsシンジの決勝戦開始。
シンジのドンカラスの特性は強運なのか。
まあアニメだと眠り攻撃使ってくるトレーナー少ないから、
不眠じゃない方がいいのかもね。
技構成はゴッドバード・燕返し・辻斬り・悪の波動か。
こういうタイプ一致技しか持ってないポケモンは、
アニメだと珍しいな。流石はシンジ、ガチ廃人。
ついにムクホークに進化する、サトシのムクバード。
いつも思うけど、進化した直後なのに
よくポケモン名間違えずに呼べるなサトシw
俺だったらつい呼び慣れた名前で呼んでしまいそうだ。
さらにインファイトを習得するムクホーク。
かっけええええ!やっぱムクホークといえばコレだよね。
ブレバも覚えてるし、かなり実践的なポケモンになったな。
で、「悪タイプのドンカラスに効果は抜群だ!」って、
嘘つくなよタケシw 飛行ついてるから等倍だから。
何とかシンジとの勝負に勝利し、
「お前がバカにしたムックルがこんな強くなったぜ」と
シンジに言うサトシ。おお、それって確か
2話くらいのエピソードだよね。
そんな前のこと持ち出してくるとは、
脚本家の連携がちゃんととれてる感じがして高評価だな。
「この勢いでキッサキジムでも勝つぞ!」と
ムクホークに言うサトシ。え、キッサキジム戦で
ムクホ使うつもり?氷技で抜群くらうんだが。
まあその分、インファイトで弱点つけるけどさ。

いつかは来ると思ってたけど結構早かったなムクバード進化回。
これでかなり戦力強化されたねサトシ。
欲を言えば、もうちょいドラマ的に盛り上がる展開で
進化して欲しかったかなあ。
何かポケリンガのついでに進化したいな印象があってちょっと。
グライオンやイノムーの、良進化回を見てると尚更そう思う。
まあ、声優がそのままだったのは嬉しかったけど。

次回は久々にヒカリ分がたっぷり補給できそうな回だな。
そしてまさか、マンムーとの和解イベントも来るか?
このページのトップへ
コンテントヘッダー

今週のジャンプ感想-38

ジャンプの情報番組開始か…
観たいけど、どうせこっちでは放送されないんだろうな。

・ONE PIECE
前回ボンちゃん達を助けた人がイワさんかと思ってたら
全然違った件。「イナズマ」って名前の一般囚人だった。
「何コノ変態軍団?!」って、
あんたがそれを言いますかボンちゃんw
そしてイワさんはまた濃いキャラだなあ。
ウインクの風圧で砲弾をはね返すとか凄すぎ。
しかしあの女にされた奴はちょっと可哀想だったな。
親父がオカマになって帰ってきたらそりゃ家庭崩壊もするわ。
つーかトラウマもんだろと。
巻末コメ、ビンクスの酒はまた登場する予定があるのか…
どんな場面で出てくるのか全く予想できん。

・トリコ
「ポイズンソード」って、毒液を武器化するとはな。
これなら確かに、無機物とも互角に戦えるわ。
しかしココの技は一々カッコいいから困る。
サニー、せっかく相手を「髪ロック」で捕えたのに
「離してくれ」って言われただけで素直に離すなよw
そこはやっぱり、不意打ちはサニーの美意識が許さないのか。

・BLEACH
ネプチューンマンのサンダーサーベルきたー!
「腕を切ったくらいで動きを止めて様子を見るようでは
俺を倒すことなど出来ん」ってウルキオラ、
読者のするであろう突っ込みを先に言うなとw
あれ、随分あっさりウルキオラ倒しちゃったね。
来週一護の自我が復活して、寸止めすると予想。
それだと、まんま白哉戦の焼き直しなんですが。
巻末コメ、「数年振りに一度完成したネームを直しました」
って…どんだけ自分のネームに自信あるんだよ。
ちゃんと毎回推敲してください師匠…

・バクマン。
ついに作中作が登場するようになったか。
やっぱ最高達がどんなマンガ描いてるのか
具体的に見せてくれた方が、展開に説得力持たせられるからな。
「KIYOSHI騎士」はどう見てもギャグマンガにしか見えんw
「疑探偵TRAP」はなかなか面白そうだが、
「あなたの笑顔は10万ドル以上の価値がある」って臭すぎだろw
BJみたいに、もっとカッコいい言い訳を考えろと。
「hideout door」、暴力描写とかドラッグは嫌なのに
「エサにされる」はアリなんですか蒼樹さん?
そしてKOOGYが出てきた理由がわからな過ぎる。
これじゃ噛ませにすらなれてない、ただの道化じゃないか。

・ToLOVEる
あのリーゼント上級生、どんだけ時代錯誤なんだw
そりゃ唯じゃなくても突っ込みたくなるわ。
リーゼントを一瞬で切り裂くと同時に、
誤って唯のパンツまで切ってしまうヤミちゃん。
ターゲット以外の物を切るなんてヤミちゃんらしくないミスだな
てか唯はすぐ気付けと。どんだけ股間の感覚鈍いんだ。
お静ちゃんはもはやエロハプニング発生マシーンと化してるなw
しかし相変わらず異様にデカい吹き出しやら何やらで
股間を隠してくるなあ。まあ唯のお尻が丸見えだったから、
今回に関しては文句ないけど。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

まるでえいがのしゅやくのよう

今日は超久々に、ヒトカラに行ってきた。
昨日ちょっと体調が優れななかったので心配だったが、
今日は何とか回復したので。
1月に友人二人と行って以来、約2ヶ月振りのカラオケ。
ヒトカラ自体は、何と約半年振り!
いやー、以前は月イチペースで行ってたんだけどなあ…
こうも間が開くと、禁断症状が出てしょうがない。

場所は駅前のビッグエコー。
春休み中なのでヒトカラさせてもらえるか不安だったけど、
滅茶苦茶丁寧な店員で全くの杞憂だった。
やっぱ大手チェーン店はいいね。
前行ったちっこい店は最悪だったからなあ。
フリータイムなのに、2時間で追い出されたりして。

しばらく行ってなかったので、
歌いたい新ネタがかなり溜まってた。
代表的なのが、平成仮面ライダーのOP。
10曲ほとんどを歌ってきたが、一番気に入ったのはアギト。
サビで「仮面ライダーアァギィトォ!」って叫ぶ所が
カッコ良過ぎる。何この激燃ソング。
あとクウガ~剣までのOPは映像付きなのも高ポイント。
でも555までってならわかるけど(人気的な意味で)
剣までってのは基準がよくわからんな。

しかしやっぱ一人で歌うと歌詞に集中でき過ぎて、
歌詞の内容に感動して泣きそうになって
上手く歌えなくなってしまうことが多々あって困るw
ピカピカまっさいチュウ(ピカチュウのなつやすみED)では、
「ピカピカ魔法を解かないで いつまでも」の辺りで
「ああ、俺もこんな無邪気な子ども時代があったなあ…」
って感じになって涙ぐんでしまう。
二人三脚(TOS ラタトスクの騎士)は、
これ好きな人との別れの歌だってことを初めて知ったんだけど、
俺と○○子の別れを凄く思い出させる歌詞で号泣直前に。
「当時はこれがベストだって思った僕は間違いだった
君を凄く傷つけてしまった」の辺りとか、
俺が○○○を突然辞めて○○子を悲しませた事とピッタリ合う。
もう本当、俺ら二人をモデルにして書いたんだろ?
ってくらいのとんでもないシンクロ率w
それにしてもどんだけ涙腺緩いんだ、俺は。

6時間弱、充分楽しめたけど残念だったのは
「世界はグーチョキパー」「青空っていいな」といった
ドラえもんの新ネタが入ってなかったこと。
ドラ劇場版の曲は入ってるのと入ってないのがあるみたい。
「少年期」とか人気曲だけ入れてるのかと思いきや
「ホットミルク」とかも入ってるし、基準がいまいち不明。
JOYには入ってる可能性もあるので、
今度はそっちでヒトカラしてくるかな。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

たけしの挑戦状、VC配信!

いつの間にか、Wiiのバーチャルコンソールで
あの伝説のゲーム「たけしの挑戦状」が配信されてたらしい。

何つーか、こんなゲームまで配信するなんてWii懐広いなあ…
配信しても、極一部にしか受けないと思うんだが。
いや、その一部には大歓迎されるんだろうけどw
それとも、かなりのリクエストがあったんだろうか。
何だかんだ言って、印象に残ってる人は多いだろうからなあ。
いい意味でも、悪い意味でも。

自分はこのゲーム、友達の家でちょっと見せてもらった事が。
いきなり通行人をブチのめしたし妻と離婚したり、
それまで俺がやってきたゲームの常識を覆す内容で
すごい衝撃を受けた覚えがある。
一番面白かったのは、やはりカラオケのシーン。
2コンのマイクを使うゲームなんて初めて見たからね。
あれは接触が悪くて雑音が酷い時にちょっと弄って、
音質を調整するためだけにあるもんだと思ってた。
しかもそれが単なるミニゲームじゃなくて、
ちゃんとストーリーに絡んでるのが画期的すぎる。
そういえばWiiには勿論マイクなんてついてないわけだけど、
あのシーンはどう再現されてるんだろう。

しかし、こんなとんでもないゲームを発売できるなんて、
本当自由な時代だったんだなあ、当時…
今はあんだけユーザーを徹底的に突き放した、
好き勝手やり放題なゲームはおよそ考えられないからなあ。
今では「クリアしてもらうことが前提」なものが
大勢を占めるようになっちゃったけど、
たまにはこんなカオスなゲームが
あってもいいんじゃないかと思う。
既存の概念にとらわれないってのは、
ゲームの裾野を広げる意味でも大事だと思うし。
出して売れるかどうかは知らんけどw

自分もこの歴史に名を刻んだゲームを体験してみたいけど、
クリアできる自信が全く無いから躊躇してしまう。
攻略サイトとか見ればいいんだろうけど、
終盤のハングライダーのシーンは、
かなりアクションの腕が要求されるらしいからなあ。
こればっかりは攻略見てもどうにもならなそうだし。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

CLANNAD2期番外編

CLANNAD ~AFTER STORY~ の番外編、
「一年前の出来事」を視聴。

学園編久しぶりだなあ。
この、朋也達がバカやってる雰囲気すごく好きだわ。
いかにも高校生っぽくて、見てると混ざりたくなる。
光坂電気に就職した後の、
落ち着いた朋也からは考えられないけどね。

3年になって、クラスで友達ができないと悩む渚。
俺も学生時代そんなだったから、めっちゃわかるわー。
知らない人にいきなり話しかけるとか無理だよね。
秋生、「先生を間違えてウルトラの母と呼べ!」
ってアドバイスは無いだろうw
それで何で「ウルトラ関係の人?!」って聞かれるんだよ。
「特撮オタなの?!」って聞かれる所だろそこは。
てかこの発言、版権的に大丈夫だったのか。
そして秋生の女声がキモすぎるw 置鮎芸達者だなあ。
そういえば敬語口調で腰も低いから忘れがちだけど、
渚って朋也達より年上なんだよね。

朋也の寝顔を見て「格好良い方よね」と思う杏。
意外と面食いか杏?この頃からフラグ立ってたんだな。
「殴れば記憶って消えたわよね」って、
それ凄くマンガ的発想だぞ。いや、マンガなんだけど。

2年時に仲良かった、木村さん達と買い物に行く渚。
なっちゃんボイスの木村さんはなかなかいい子だ。
押しの強い所とか、引っ込み思案な渚と相性良さそう。
つーか渚を「面白い人」って、いじり甲斐があるってこと?
渚が慌てて試着室から出てくるシーン、
そこは下着姿で飛び出してこなきゃダメでしょうお約束的に!

椋のパジャマ姿かわえええ!!
ぬいぐるみとか置いてあるし、ここは椋の部屋かな?
センスが女の子っぽくて可愛いなあ。流石ウチの嫁。
「6と9が合体して8の字になる」ってどんな占いだw
「6を引っくり返すと9になる」的な、
バッファローマンレベルの発想だぞ。

杏に偽ラブレターを仕掛ける朋也と春原。
字が下手な上に平仮名使いすぎw
「しりょうしつ」くらい漢字で書けよ。
死霊が出てくる部屋かと思うだろ。
そして杏もちょっとは疑えよ。意外と恋愛経験無いのね。

渚が「おはようございます」と教室に入っていっても
誰も返事しないとか、酷いクラスだなあ。
だんご大家族は結構知名度あるんだな。
誰でも一度は目にしたことあるレベルか。

渚の頭にタライが落ちてくるシーン、
デスノート並の過剰演出で吹いたw
渚を助けてくれたショートツインテの子可愛いな。
てか、仲良くなりたいっていうなら名は名乗ろうぜ。

藤林姉妹の
入浴シーンきたああああ!!

椋って何気に胸おっきいよね…杏も言及してるし。
下手したら姉より大きいんじゃ?
しかしこいつら高校になっても一緒にお風呂入るとか…
ラブラブ百合百合なんですね、わかります。
柊姉妹しかり、美少女双子姉妹が仲良いのはツボだわ。

結局朋也と渚の絡みはタライトラップだけかい。
てっきり二人の出会いを描く回かと思ってた。
まああんまりその辺を描写し過ぎると、
1期と矛盾が出てきちゃうから難しいんだろうけど。
でもこれだと何の意味がある番外編なのかいまいち不明だった。
いや、面白かったからいいんだけど。
それに今回は実は良回、もとい椋回だったしね!
このページのトップへ
このページのトップへ
ブログ内検索
プロフィール

ロマンサー

Author:ロマンサー
趣味:ゲーム、カラオケ、変身
タイプ:ノーマル・どく
嫁一覧:
 ホッピングスイッチ
(仮面ライダーフォーゼ)
 如月(艦これ)
 早乙女レイ
 (遊戯王GX)
 黄瀬やよい
(スマイルプリキュア!)
リエッタ(カルドセプト)
宮崎羽衣(声優)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
人気ブログランキング
最近のトラックバック
FC2カウンター