コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

2008年ベスト5・ゲーム編

今日は大晦日ですね。2008年最後の記事は、
今年のロマンサー的ベスト5ゲームで〆ようかと。
一応、ゲーム日記ってことにしてあるからね、このブログ。
まあそれも最初だけだった気もするが、それは置いといて。
審査対象は、2008年1月~12月の間に俺がプレイしたゲーム
(2007年から継続してプレイしてたものは除く)。

1.MOTHER2(SFC)
2.ドラゴンクエスト4(DS)
3.カルドセプトDS(DS)
4.大乱闘スマッシュブラザーズⅩ(Wii)
5.大合奏!バンドブラザーズDX(DS)

まずは1位から。春~夏くらいにかけてやったマザー2。
神ゲーと言われるだけはあって、ハマったハマった。
飽きることなく一気にプレイできたね。
下町っぽい街並をブラブラ歩き回れる雰囲気が最高。
バーガーショップで買い食いしたり、
デパートを冷やかしに行ったり、
本当に街の住人になった気分が味わえるゲームだった。
戦闘バランスはちょいキツめだったけど、それもいい味。
「普通の少年が世界を救う」という言葉がピッタリ。
あとポーラは俺の彼女。異論は認める。

2位はDQ4。未だ色あせない王道RPGの金字塔。
「面白いゲームはいつまで経っても面白い」ということを
身をもって証明してくれた。DQは日本の宝。
仲間との会話システムがとにかく楽しい。
4は歴代DQ一キャラが立ってるゲームなので、
会話システムとの相性は最高だったね。
追加要素は結構歯応えがあり、こっちも楽しめた。
あとミネアは俺の妻。異論は(ry

3位はカルドセプト。いたストに大ハマりした自分としては
カルドにも入れ込まざるを得なかった。
いたストと違い、土地を奪われる危険性がかなり高く、
心地よい緊張感の中での牽制の応酬が熱い熱い。
気の合うIRCメンバーとの対戦は本当に最高。
野良対戦もいいけど、多人数ボードゲームはやっぱり
顔の見える(いや、見えないけど)相手とやると
楽しさが何倍にも膨れあがるよね。
カードゲームの要素も、遊戯王とかが好きな自分には
ど真ん中ストライクだった。コンプまでの道程も楽しめたし。
あとドラゴンは俺の相棒。異論(ry

4位はスマブラ。事前の期待が高すぎたのと、
買ったのがピークを過ぎてたので、
思ったよりはハマらなかったけど、それでも充分名作。
ガチャプレイでも面白いので、初心者から上級者まで楽しめる、
任天堂スタイルを地でいくゲームだった。
スマッシュボールなどの一発逆転要素も個人的には良かった。
ガチ対戦もいいけど、やっぱパーティーゲーだと思ってるからね
スマブラには関係ないけど、Wiiリモコンの感度、
あれはヤバいね。新しい可能性を感じまくる。今後に期待。
あとピーチは俺の妾。異(ry

最後はバンブラ。100曲DLシステムはマジで神、
というか任天堂今年一番の大英断だったと思うほど。
ゲーム自体は単純な音ゲーなんだけど、
自分の好きな曲でプレイできるっては
やっぱモチベーションが全然違う。
選べないほど大量の曲が今も投稿され続け、
職人としもべの情熱には本当頭が下がる。
てかアニソン・ゲーソンが多いあたり、
やっぱ職人にもオタが多いのな!おまえら大好きだ!
あとバーバラは俺の…嫁でも何でもありませんw

見事に全部任天堂ハードなあたり、
俺の妊娠っぷりがよくわかりますねw
DSには、これからもまだまだ
ゲーム生活のメインを張ってもらうことになりそうだなあ。
Wiiはまだ1本しかソフトを買ってないので、
これから徐々にしゃぶり尽くしていきたいところ。

総括としては、ゲームの方でも
あんまり新規開拓はできなかったなあという感じ。
黒衣やポケモンといった、去年からプレイし続けてるゲームに、
大きく時間をとられてるのが主な理由なんだけど。
ここに挙げた以外で新しく手をつけたゲームというと、
カービィUSDXとワイルドアームズ2くらい。
SFCやPSといったレトロハードに
やりたい積みゲーが大量に残っているので、
来年はそっちも崩していきたいなあ。
新作の方も、遊戯王2009なんかはかなり楽しみ。
2008の時は結局乗り遅れてしまったので、
2009は大ハマりしてやるぜ!と今から意気込んでるw

という感じの2008年でした。
最後にこのブログについてもちょっと触れておくか。
やっぱ今年はブログを始めたのが、
自分の中でかなりデカい出来事だったね。
毎日ネタを探すのに悪戦苦闘、
それを文章に起こすのに再度悪戦苦闘。
時間と労力をかなり費やしたけど、
記事を書いたりコメントを貰ったりするのは結構楽しくて
あんまり苦にはなってなかったり。
ともあれ浪漫逃避行をご愛読くださってる皆さん
(何人いるのか全然見当もつかないけど)、
半年間、本当にありがとうございました。
痛いブログですけど、来年もどうぞよろしく!
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

2008年ベスト5・アニメ編

今年も残すところあと2日。
ライバルさん達のブログでも、年末っぽい記事が目白おしですね
うちも何かそういう企画をやってみようということで、
2008年のロマンサー的ベスト5アニメを決めちゃおうかと。
審査対象は、2008年1月~12月の間に俺が視聴したアニメ
(2007年から継続視聴してたものは除く)。

1.絶対可憐チルドレン
2.ef - a tale of melodies.
3.ひだまりスケッチ×365
4.俗・さよなら絶望先生
5.CLANNAD ~AFTER STORY~

まずは1位から順に紹介。
絶チルは本当掘り出しものだった。これとかしゅごキャラとか、
朝アニメ界もまだまだ捨てたもんじゃないと思わせる程の
珠玉の出来。外れ回もほとんど無し。
キャラはどれも立ってるし、シリアスとギャグのバランスもいい
あと皆本がとにかく熱すぎる。
2位のefとはかなり悩んだけど、全体的な完成度の高さと
俺が朝アニメスキーってのを加味してこっちをトップに。
あと紫穂は俺の娘。異論は認める。

2位のef。1期が神過ぎたために、
2期はちょっと霞んじゃった印象もあるけど、それでも充分良作
優子の虐待や久瀬の病など、ひたすらに暗く重い描写と
ラスト付近の救いの描写の対比は秀逸。
1期キャラのその後、最終回のメドレーなど、
ファンサービスも充分。視聴者のツボを心得てる感じ。
あと千尋は俺の嫁。異論は(ry

3位のひだまり。ストーリーで魅せるefとは
ある意味対極に位置するアニメ。
とにかくのんびりまったりな日常に問答無用で癒されるアニメ。
キャラ萌えアニメと片付けるなかれ。
何気ない日常の一コマを、
ここまで楽しげに気持ちよく見せるってのは
なかなかできることじゃない。
あとゆのっちは俺の恋人。異論(ry

4位の絶望。畳み掛けるネタの応酬で圧倒する不条理アニメ。
トンデモ演出に目を奪われがちだが、
結構ギリギリな事を毎回言ってる。
ある意味、全話無事に放送できたことが奇跡かも。
「生きる資格が無いのに、教師の資格は持ってる人間なんて
たくさんいますからね」はマジで名言。
あと霧ちゃんは俺の妹。異(ry

5位のCLANNAD。正直もっと順位上げてもいいんだが、
当たり回と微妙な回にちょっと差がある気がするのと
まだ放送中ってことで今後への期待をこめてこの位置に。
落とす所は落とし、泣かせる所ではガッチリ泣かせてくる、
音楽と神作画による演出は、もはや職人芸。
9話で本筋に入ってからの展開は、本当目が離せない。
あと椋は俺の愛人。(ry

あれ、シャフトが3つもランクインしちゃったな。
全然狙ったわけじゃないんだけど。
俺ってシャフト信者だったのか…知らなかったw
まあぱにぽにとか月詠とかRECとか、
確かに他にも好きなアニメ多いけどねーシャフト。

総括としては、今年はあんまアニメ見なかったなあとw
引越しとかで、いろいろバタバタしてたからなあ…
ここに挙げた以外で見てたアニメっていうと、
ゼロ魔・ポケモン・ワンピくらいしかない。
来年はもうちょい新規開拓してこうかな。まあ気が向いたら。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

CLANNAD2期12話

CLANNAD ~AFTER STORY~ 12話「突然の出来事」を視聴。

岡崎、今の職場結構居心地がいいみたいだな。
俺はこういう肉体労働系の職場苦手だけど。
まあ、いい人は多いみたいだけどね、光坂電気は。

スクール水着しか持ってないという渚。
スク水のどこが悪い!むしろ最高じゃないですか!
それが不満とか、岡崎はわかってねえなあ。

岡崎に栄転の話が。
これって岡崎が就職してからどれくらい経った話なんだろ。
感覚的には2~3ヶ月くらいなんだけど、
それだとこういう話来るの早いよなあ。

明かされる芳野の過去。
ふざけたキャラに見えてたけど、こいつも苦労してんだなあ…
まさかヤクに手を出してたとは。
こういうと何だけど、ちょっと気持ちわかるなあ。
何かすがるものが欲しかったんだろうね。
はっきり「麻薬」って言ったらいけないのかなあ、
こういうアニメで。一応深夜アニメなんだけど。
それはそうと施設の子ども達可愛すぎ。

夜道で手を繋ぐ、岡崎と渚。繋ぎ方が遠慮しすぎ!
もっとこう、指を絡めて恋人繋ぎしないと。

岡崎父が逮捕され、栄転の話がパーに。
ひっでえなあ…子どもを何だと思ってんだろ。
岡崎にほったらかしにされ過ぎで可哀想だなあ、とか
ちょっと親父に同情しかけてたけど、
これは流石に弁解の余地が無いわ。
面会の時も謝罪すらしないし、頭おかしいんじゃない?

やっぱ話が動く回は面白いなあ、とつくづく。
話を持ち上げてからガクッと落とし、
しかし落としたままでは終わらずに
渚との絆に絡めて、支え合う二人の姿を見せる。
この息もつかせぬ急展開に引き込まれまくり。
流石にこのタイミングでのプロボーズは、
ちょっと唐突過ぎな気もするがw
しかし渚は岡崎の背中を押したり怒りを収めさせたり、
本当大人だなあ。流石年上ヒロイン。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

コマンド入力って難しいよね!

昨日は、久々に黒衣でがっつり対戦してきました。
め○りるさんの部屋で、4人戦を30戦ほど。
結果を聞きたいかい?フフフ…聞いたらきっとビックリするぜ?
30戦してたった1勝。
ただでさえ2割切ってる勝率の更なるダウンに、
大きく貢献する素晴らしい試合でした。

…まあ、こんな事は昔からよくあったので別にいい。
これくらいでイチイチ凹んではいられない。
問題なのは、試合内容の方。
とにかくコンボ精度、コマンド精度が酷い。
せっかく屈強で浮かせられたのに、
その後エリアルに移れないというアホっぷり。
自分ではジャンプキャンセルしてるつもりなんだけどなあ…
何故か画面の白哉君は棒立ちしたまんま。
コマンドの方も超必は勿論、ただの波動拳でさえ失敗しまくり。
蒼火墜を出そうとして何度ただの立ち強を振ったことか。

面白いことに、これにも結構法則があって
キャラが左向きの時は結構コマンドが成功する
(それでも100%では無いんだけども)。
右向きになった途端、波動拳の成功率は1割以下に。
…あ、こんな事ここで書いちゃったら、
もう部屋戦で右端とらせてもらえなくなるかなw

一体こんな状態で試合中何してんのかというと
 ・超必&必殺ぶっぱ
 ・たまにJ中強で叩き落して満足
 ・乱戦の後ろから攻撃
こんなんばっかです。要は場を荒らしてるだけw
もう勝敗とかいうレベルじゃないね。
正直、このプレイスタイルを不快に思う人がいても
全然不思議じゃないくらい。

とにかく、もう黒衣初心者どころか
格ゲー初心者といっても差し支えないほど腕が落ちてる。
いくらブランクがあるとはいえ、これは酷い…
初めて格ゲーやった頃思い出して懐かしいね!
とかのん気なことを言ってる場合ではないw
まあ全然トレーニングモードやってないからなあ。
繋ぐ前に、ちょっとはトレモやった方いいのか。
流石にこの状態だと、勝てないのはもとより
対戦してくださるライバルの皆さんにも申し訳ない気がするし。

ただ、俺トレモ嫌いなんだよなあw
根が面倒くさがりってのもあるんだけど、
トレモでさえも超必とかなかなか出ないんだよねえ。
いや、信じられないだろうけど、マジな話。
流石に単発だと8~9割出せるんだけど、
コンボに絡めようとすると成功率大幅ダウン。
それで「何で出ねえんだよチクショーッ!!」て感じになって
段々イライラしてくるわけですよw
我ながら短気だなあと思うけど、
そんなわけでトレモ恐怖症になっちゃてるわけで。
練習せずにいきなりWi-fi行くことがほとんど。

あと、他のゲームやアニメ鑑賞に浮気してるせいで、
黒衣に費やす時間が日に日に減ってるのも
LVダウンに拍車をかけているっぽい
(特にアニメは2回ずつ視聴するのが癖になってる、
これは感想書くためでもあるんだけど)。
で、他ゲームやってるせいで腕落ちまくり
 →試合内容gdgdでやる気なくす
 →さらに他のゲームに浮気する時間増加 という悪循環。
うーん、そろそろ本格的に復帰して、
昔のように毎日対戦して腕を磨くことにしようかなあ。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

今週の絶チル&ポケアニ-25

絶対可憐チルドレン、23話を視聴。
釘宮ボイスのテレポーター・澪に皆本が誘拐される回(前編)。
パンドラのメンバーの前で、薫をクイーンとして紹介する京介。
って、そんなギャグ顔の写真しかなかったんかいw
そしてヒソヒソ話してるメンバー達が
「え、あんな幼女がクイーンって…少佐ってロリコン?」
と話してるようにしか見えない件。
前回捕えた、九具津に尋問する皆本。
「個人的な恨みだけとは思えない」って言ってるけど、
個人的な恨みの線でももうちょい探ってやれよ…
21話の「柏木ストーカー事件」が発端になってるって発想に、
どうしてならないかなあ。
皆本をスク水エプロンで出迎えるチルドレン。何てマニアックな
まあ、裸エプロンが放送上無理だからこの格好なんだろうけど。
それにしても皆本「碌でもないアニメに影響されたのか!」って
このアニメが言えた義理じゃないんだがw
朝っぱらから「M字開脚」とか言っちゃうアニメだからなあw
九具津とマッスル大鎌を脱獄させた京介、テラGJ!
九具津も何だかんだいって高LVエスパーだし、
組織の駒として使えると踏んだか。
これでまだ彼にも活躍の芽が…
って、ますます酷い目に遭いそうな予感もするが。
マッスルも放置しとくには惜しいキャラだしなあ。
葵に弟がいたとは初耳。これでチルドレンで一人っ子なのは
紫穂だけってことに。イメージ通りだな。
チルドレンの留守中に皆本邸に乗り込む澪。
だから皆本も、ドアの向こう確かめてから開けろってのに…
まあこれも話の都合上なんだけどさ。
澪は手首だけテレポートさせるとか、
そんな能力者ハンターのGI編にいたなあ。

次回予告の雰囲気や字が下手っぴなところ見る限り、
澪もなかなか憎めないキャラっぽいな。
次回でどれだけキャラを掘り下げてくるかに期待だ。

続いてポケモン、「ポケモンと仲良くなる方法?!」の回。
ケンゴは3つ目、ナオシは4つ目のリボンを入手したという。
こいつらもグラフェスに出てきそうだなあ。
次のコンテストはアケビタウンか。
オリジナルの街でのコンテストって、もしかしてヒカリは初?
ハヤシガメの「攻撃を耐えて反撃する」スタイルも、
段々と形になってきたっぽいな。弱点技は流石にキツそうだが。
みんなが暴れるイノムーに手こずる中、
片手で制御できてるピンプク強すぎ吹いたw
タケシの手持ちはキャラ立ってるの多いなあ。
ランチが揚げパン1個だけなロケット団。
贅沢なのかショボいのかよくわからんな。
ロケット団の自作自演が面白すぎるw
そのパンクっぽい変装に意味はあるのか。
崖が二つに割れて捕獲用の檻が出てくるとか、
相変わらず技術力だけは無駄に高いなロケット団。

あーあ、マンムーに進化しちゃったよ…まあヒカリの手持ち、
全部可愛い系で統一しなきゃならないって事は無いんだが、
せっかくの3進化ポケなんだから、各進化形での活躍も
堪能したかったってのが本音なんだよなあ。

それにしても進化前は言うこと聞いてた所とか
懐いてないまま最終形に進化しちゃった所とか
2進化目から最終形への進化の速さとか、
本当サトシのリザードンと共通点多いな。
となると、懐くまでかなり時間がかかるのも
共通してきそうな予感。長丁場になりそう。
ヒカリってポケモンにはとことん優しく、
可愛がるタイプだしなあ。悪く言えば甘いんだが。
まあ、リザードンと同じってことは仲良くなった後は、
相当頼れる戦力になりそうだけどね。
このページのトップへ
このページのトップへ
ブログ内検索
プロフィール

ロマンサー

Author:ロマンサー
趣味:ゲーム、カラオケ、変身
タイプ:ノーマル・どく
嫁一覧:
 ホッピングスイッチ
(仮面ライダーフォーゼ)
 如月(艦これ)
 早乙女レイ
 (遊戯王GX)
 黄瀬やよい
(スマイルプリキュア!)
リエッタ(カルドセプト)
宮崎羽衣(声優)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
人気ブログランキング
最近のトラックバック
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。