コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ひだまり3期最終話

ひだまりスケッチ×☆☆☆の最終話を視聴。

サブタイは「みつぼし×リコピン」。今回はABパート通しで
収穫したトマトを使ってみんなで料理する話。

最終回にして、ついに朝の体操にヒロさんが参加!
これは珍し過ぎる…百年に一度の珍事だろ。
以前植えたトマトが実ったため、収穫することに。
採り方に詳しい宮子、流石実家が農家なだけあるな。

大家さんが偶然来ていたため、
トマトパーティに誘うヒロさん。
こういうのって仲間内だけでやる方が楽しいだろうに、
わざわざ声かけてあげるヒロさんはいい人だなあ。
まあ、この大家さんはまだウザくない方の大人だと思うが。
「トマト丼つくろー!」と提案する宮子。
お前、何でもご飯にかければ食えると思ってるだろw

何故かイタリア料理に詳しい乃莉。
いつかイタリアに旅行したいとか思ってんだろうか。
サラダに使うバジルとモッツァレラチーズを買いに行くゆの達。
あー、あのチーズって全然味しないよね。食感はいいんだが。
買い物途中、吉野屋先生とばったり会う。
吉野屋先生、乃莉となずなの名前覚えてたんだな。
乃莉は美術科だからまだわかるとして、
普通科でも美術の授業あるんだろうか。
てか自分の担任じゃないクラスの生徒の名前覚えてるとか、
どんだけいい先生なのこの人。
ピザの生地を練る宮子と沙英、うどん作ってんのかと思ったw
「課題とか無い時、部屋で何してんの?」という沙英の問いに
「何にもしなくても楽しいから」と答える宮子。
ああ…お前は本当人生楽しそうだな…マジで羨ましいわ。

3部屋で分担して料理を始めるみんな。
乃莉となずなの担当、トマトシャーベットって…
旨いのかそれ?何か酸っぱそうで微妙な気が。
ヒロ家の冷蔵庫の中に何故か大量のスーパーカップが。
そんなに好きかw 確かに安くて旨いから学生に人気だが。

ついにトマト尽くしの料理が完成し、大家さんもやってくる。
乃莉となずな、何故そんなに緊張するw
部屋を借してもらってる身だから、
礼儀正しくしなきゃいけないと思ってる?
食べ終わった後吉野屋先生も来襲し、
トマトソースをもらって帰っていく。
冒頭であれだけイタリア料理食べるフラグ立てといて、
ソースしか貰えないとか盛大なフラグクラッシャーだなw

最終回に相応しく、ちょっとした一大イベントの回だったね。
しかし料理するだけで休日潰すとは…
女の子だからってのもあるんだろうけど、
やっぱみんなでワイワイ作るのが楽しいんだろうね。
一人だったら絶対こういう発想にならないからなあ。

さて、これで3期もついに終了。
相変わらず安定した面白さを提供してくれるアニメだった。
1期2期と変わらないといってしまえばそれまでだけど、
このアニメに関しては変わらないことが大事。
いつもと同じ日常、いつもと同じ仲間。
でもそんな当たり前のことに幸せを感じる。
それはちっぽけだけど、とても大切な時間。
ラストのゆのっちの「何だかすっごい幸せ~
みんなでお喋りして、仲良しの友達がいて、毎日一杯笑って…」
という台詞にひだまりのテーマが凝縮されてた。

新キャラの乃莉となずなも、
ひだまりの世界観にバッチリ溶け込んでた。
最初はちょっと距離があった二人が
徐々に親友っぽくなっていき、
またひだまり荘にも馴染んでいく過程は見応えがあった。
てか声がついたことでなずなの可愛さが5割増しなんですが…
小見川千明ボイスぴったり過ぎるだろ。
この人はまだ新人の部類らしいが、
これからどんどんいろんなアニメに出て欲しいね。
あの弱弱しい声は可愛すぎる。

で、4期はいつやるんですかw
4期までやったアニメってGAとどれみくらいしか知らんが、
ひだまりはこの二つに並ぶくらい人気があると思う。
今まで1期あたり1巻と1/3くらいのペースで来てるから、
この前5巻が出たことだし充分いけるでしょう。
シャフトはオリジナル回でも
原作の雰囲気を壊さずやってくれるので、
原作ストックが足りなくても問題無いと思うしね。
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ひだまり3期11話

ひだまりスケッチ×☆☆☆の11話を視聴。

まずはAパート「マッチ棒の謎」。
みんなで乃莉のPCを使わせてもらう話。

「大事にとっておいたのに~」と、
校長との相合傘を断る吉野屋先生。
いくら校長といえどそれは傷つくw
この人にとってはファーストキスと同じくらい大事なもんなのか

乃莉のPC、スタイリッシュでカッコいいデザインだな。
そしてマウスはワイヤレスか。ハイテクだな。
「過去封印」ってどんなフォルダだw
そしてそんな物をデスクトップに置いとくなよ。
もっと人の目につかない所に隠しとけ。

乃莉のPCは、伯父が作ってくれた自作PCらしい。
伯父の影響でPCオタになったのかな、乃莉。
学生の癖にピザとるとか、贅沢な奴らだな。
学生ならここはお菓子買いに行くとかじゃないのか。
地元の友達からネット電話がかかってくる乃莉。
スカイプとかか?俺も愛用してるぞ。
関西弁喋る乃莉は何か新鮮だ。
普段は意識して標準語にしてるんだろうか。

「PC落としてもらえます?」と乃莉に言われるゆのっち。
「窓から落とす」と解釈するのは予想通りだったが、
「絞め技で落とす」のは思いつかんかったw
本当この子の発想力は独創的やで。

Bパートは「48.5cm」。
校内の卒業制作をゆのっち達が見て回る話。

やまぶき高校の卒業制作は展示場所も時期も決められてなく、
各人が自由に作っていいという。
あー…そういう形式だと俺絶対作らないわ…面倒臭くて。
やまぶき高校の生徒は創作意欲に溢れてるなあ。
吉野屋先生も卒業制作に感化され、
実際の花びらを使った洋服を作ってくる。
どうせなら花びらで大事な所だけ隠した服にすればいいのに。
まあそれだと学校に来る途中で捕まるか。

ヒロと沙英があと一年で卒業すると実感し、
ちょっとセンチな気分になるゆのっち。
実際その時になったら号泣しそうだなあこの子は。
てかそうなったらひだまりスケッチ自体も最終回なんだろうか。
卒業制作展示中の、有沢先輩と再会するゆのっち。
「おお神よ~!」って言ったのは、
無事大学に合格できてゆのの事を
「勝利の女神」だと思ってるからなんだろうか。

次回はいよいよ最終回か。1クールだとあっという間だなあ。
まあ最終回っつってもいかにも最終回っぽい話ではなく、
いつも通りのひだまりで終わるんだろうけど。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ひだまり3期10話

ひだまりスケッチ×☆☆☆の10話を視聴。

サブタイは「ひだまりパレット」。今回はABパート通しで
ゆのっちが家の鍵を無くしてしまい、
みんなの家にお泊りして回る話。

ついに美術準備室に鍵をつけてしまう吉野屋先生。
これ軽くいじめだよねw 益子先生に対する。
全く怒らない益子先生は人が良過ぎる。

トイレ掃除中、便器に家の鍵を落とし
しかも誤って流してしまうゆのっち。
まあ携帯とかじゃなくて不幸中の幸いか。
しかし金属製の物流したりしてよく詰まらなかったな。
トイレにズボッって突っ込む黒いアレ、
「ラバーカップ」っていうのか。
アレの正式名称知ってる人初めて見た。
宮子の「おらこんな村いやだ」ネタに吹いたw
よくそんな古いネタ曲知ってたな宮子。

仕方なく、宮子の部屋に泊めてもらうゆのっち。
「広く寝る方法思いついたー!」って宮子、
頭のすぐ側に他人の足があったら臭いで眠れなくないかw
ヒロ・沙英・なずな・乃莉も快く泊めてくれるという。
本当あったかいなあひだまり荘は…
こんな優しい人しかいないアパートなんて普通無いぞ。

ヒロさんの部屋に泊めてもらうゆのっち。
ヒロさんのパジャマがダブダブなのは、やっぱ太(ry
そして朝、いくら起こしても起きてくれないヒロ。
む、やはりヒロ家は一番の地雷だったかw

次は乃莉の部屋に行くゆのっち。
乃莉の部屋、喫茶店みたいなテーブルがあるんだな…
何気にセンスいいよねこの子。
PCに埃被らないよう布かけてるとか、大事に使ってるな乃莉…
俺とか埃だらけだよ。少しは見習わないと。

今度はなずなの部屋へ。
ゆのっちあんまり勉強できなさそうだけど、
流石に一年生に宿題教えることはできたか。
先輩の面目丸潰れにならなくて良かったなw
「お姉ちゃんがいたらこんな感じかな」と微笑むなずな。
ゆのとなずなが姉妹…見ててやきもきしそうだw
つーか二人とも妹属性だよね、どっちかっつーと。

最後は沙英の部屋へ。
沙英は仕事の邪魔になるから泊めてくれないと思ってた。
俺とか部屋に人がいると仕事や勉強する気にならんからなあ。
沙英はどんな状況でも集中できるタイプか。尊敬するわ。

宮子に教科書を見せてもらってるゆのっちを見て
「どんな事情があっても忘れたのは事実です」と
一蹴する吉野屋先生。この人意外と厳しい所あるよね。
前もゆのっちが課題を遅れて出すの許してくれなかったし。

やっとスペアの鍵を見つけてくるも、
箱に入った大量の鍵を持ってくる大家さん。
本当迷惑な人というか、ダメ人間だよねこの人w
分類くらいしとけよ。
久しぶりに我が家に入ろうとするも、
5日前の味噌汁の臭いに挫けるゆのっち。
うわ…洗うのめっちゃ大変そうw そら現実逃避したくもなるわ

今回、今までで一番の神回だったかも。
宮子×ゆの、沙英×ヒロといった
マンネリ的なカップリングを敢えて崩し、
いつもと違ったキャラの絡みを見せてきた所が楽しめた。
個人的にはなずな×ゆのの組み合わせがかなりツボ。
あの突っ込み不在な、ほわわんとした空気が最高に癒される。
女の子同士が二人っきりでお泊りするという、
キマシタワー的要素も百合厨的に美味しかったw
あと原作全部読んでる身からすると、
オリジナル話はやっぱ先の展開が読めなくて面白いね。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ひだまり3期9話

ひだまりスケッチ×☆☆☆の9話を視聴。

まずはAパート「三年生と一年生」。
今回は何と、ゆのっち達が入学する一年前の話。
…って、いきなり見た事も無いキャラが二人も出てくるから
違うアニメが始まったのかと思ったぞ。

ヒロ沙英の二個上・みさととリリが本邦初登場。
みさと先輩は話には度々出てたけど、
こうやって本格的にアニメに登場するのは初だよね。
思いついた事のそのまま実行する行動派なみさとに対し、
リリの方は大人びていて落ち着いた性格。
何、ひだまり荘には必ず対となる性格の人物が
入居する法則でもあるのか?
つーか「リリ」ってあだ名とかじゃないのか?
本名だとしたら、ちょっとDQNネームっぽいぞ。
しかし女の子って本当海外旅行好きだよなあ。

ヒロさんは一年の頃から沙英の世話焼いてたのか。
一年足らずでもう熟年夫婦の雰囲気醸し出してるとか、
どんだけ相性バッチリなんだ。てかこれ何て運命の恋人?
食堂で居眠りする沙英と「疲れてるみたいなの」という
ヒロさんの言葉を聞いて、赤面して逃げ出す夏目。
どんな勘違いしてんだw
絶対「夜の営みで疲れてる」と判断したな。

以前、「ひだまり荘アラビアン計画」と称して
アパートのドアに○×を描きまくったというみさと。
やりたい放題過ぎるだろみさと先輩…
ひだまり荘追い出されても文句言えねえぞ。
大家さんが大らかな性格で良かったな。
つーか発想が宮子以上に自由過ぎてついていけん。

Bパート「泣く女」。
ゆのっちのクラスの、公園での課外授業の話。

課外授業の公園にお弁当を持ち込み、
一人デートごっこを敢行する吉野屋先生。
どんだけ寂しい人なんだw てか、どんだけ男に飢えてんだ。
池にいる大量の鯉を見つけるゆのっちと宮子。
宮子が「美味しそう~」と言い出さなかったのは意外w

石をぶつけられると絵が上手くなるという池の中の岩、
通称「泣く女」に投石を開始するゆのっち。
ピカソの絵からネーミングする所は、流石美術科だな。
池に落ちてしまったため、ブルマ姿に着替える吉野屋先生。
これはまた性的過ぎる…男子達は今晩のおかず決定ですな。

石を投げすぎて手が痙攣してしまったゆのっちに、
腕が軽くなるというツボを押してあげるなずな。
…これ、クラスでは言わない方がいいな。
ツボを押してもらうという口実で、
なずなたんに手を握ってもらいたがる男子が殺到するだろうから

まさかひだまり荘OBが登場するとはなあ。
しかし初登場キャラながら、違和感なく溶け込んでいたのは
流石キャラ立てに定評のあるシャフトというべきか。
ただ、ヒロ沙英が上級生を「○○先輩」と呼んでいたのは
地味に気になった。ゆのっち達はさん付けで呼んでるからなあ
それはともかく、ゆのっち達が出てくるとやっぱ安心するねw
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ひだまり3期8話

ひだまりスケッチ×☆☆☆の8話を視聴。

まずはAパート「ゆのクラブ」。
中華フェア中の学食に、カニチャーハンを食べに行く話。
…って、このサブタイもしかしなくても
「ひたぎクラブ」のパロディだよね。製作会社同じだし。

珍しく学食に来た校長を、
何か察した様子で笑顔で迎える吉野屋先生。
多分、校長が奥さんと喧嘩して
弁当作ってもらえなかったとか勘違いしてるな。
普段空気読まない癖に、いらん所で気を遣う人だ。

朝の体操に、ついに沙英も加わる。
ヒロさんは朝が激弱だから無理なんだろうねw
つーかヒロさんベランダから直接外に出てきたけど、
窓側にサンダル置いてあるんだな。便利だ。

カニチャーハンの旨さを、机叩いて力説する乃莉。
そのテンションに、横でビビってるなずなが可愛いw
てか400円って高校生には結構キツくないか…?
俺とか学生時代、200円のシンプルラーメンばっか食ってたぞ

中華フェアに触発され、チャイナドレスで登場する吉野屋先生。
またこの人は刺激の強い格好を…
チラリと覗く太ももは脳内保存確定ですね。
「課題終わらないから先に学食行って」と言うゆのっちに
「ゆのっちを置いてなんて行けない!」と断る宮子。
宮子、まさかゆのっちに奢ってもらうつもりじゃなかろうなw

学食でカニチャーハンが食べられなかったため、
代わりにカニカマチャーハンを作ってあげるヒロさん。
「学食のチャーハンと比べても紅白付け難いですね」って乃莉w
理系っぽいだけあって、国語はあんま得意じゃなさそうだな。

Bパート「やっぱりナスが好き」。
美術科の学内コンクールの話。

ゆのっち、何で寝不足だったんだろ。
智花ちゃんと遅くまでメールでもしてたのかな。
今回のモチーフはビン・缶・ナス・糸・ハット。
合わせて「敏感なスイートハート」ってw
この一発ネタのためだけにモチーフ選んだのか吉野屋先生。
つーか誰もネタに気付いてくれなかったら悲しすぎるだろ。
気分転換を兼ね、昼食に日替わりセットを頼もうとするも
どれもナス料理で尻込みするゆのっち。
吉野屋先生が、余ったナスを回したんじゃあるまいな。

宮子のデッサンは見事上位入賞。
この子は突飛な発想をすることが多いけど、
その実力はやっぱ教師も一目置く程のものがあるんだなあ。
一方入賞できずに落ち込み、ヒロさんに相談に行くゆのっち。
身近な存在との差を感じるって辛いものがあるよな…わかる。
でもこういう時話聞いてくれる人がいるって救われるよね。

ひだまりは基本ゆるゆるな日常を描くアニメだけど、
たまにこういうシリアス話も挟んでくるから
ストーリーにメリハリがついていいよね。
各々の抱えている悩みを描くことによって、
キャラにリアリティが生まれてくるし。
このページのトップへ
このページのトップへ
ブログ内検索
プロフィール

ロマンサー

Author:ロマンサー
趣味:ゲーム、カラオケ、変身
タイプ:ノーマル・どく
嫁一覧:
 ホッピングスイッチ
(仮面ライダーフォーゼ)
 如月(艦これ)
 早乙女レイ
 (遊戯王GX)
 黄瀬やよい
(スマイルプリキュア!)
リエッタ(カルドセプト)
宮崎羽衣(声優)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
人気ブログランキング
最近のトラックバック
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。